スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷらっと2008[01]:中国(北京・西安):明の十三陵(2) 神道(2)

2008年01月25日 23:42

神道のメインストリートへ入っていきましょう。

「まぁ、なんて気持ちのいい空間なんでしょう」と、
住宅番組のナレーションが聞こえてくるようです。

こんな写真はなかなか撮れません。

これだけ広いと・・・人間がいない瞬間って少ないんだよねぇ。

2008012220.jpg


ふと、木を見上げると・・・巣があります。

2008012209.jpg


おっ、鳥が飛んできた。

この鳥の巣でしょうか?

2008012210.jpg


地上に降りてきたのでパシャ。

・・・なんていう鳥なのでしょうか。

2008012211.jpg


まぁ、いいや。

神道を先に進みましょう。

道の左右に石彫があるので、1対ずつ撮影していきます。

2008012212.jpg


では、今日はここまで記録しておきましょう

2008012215.jpg


とりあえず、先に進んでいきます。

2008012221.jpg


間隔はこの程度、あいています。

2008012222.jpg


まずは座っている獅子が2体。

アフロっぽいなぁ。

2008012223.jpg


次は立っている獅子が2体。

このような1セットで続いていきます。

2008012224.jpg


お次は獬豸(カイチ)です。

2008012225.jpg


日本では見ないですよねぇ。

2008012226.jpg


お顔を見ると、カイチには太い角があるんですね。

2008012245.jpg


というように、神道は散歩の最中はとても楽しかったのですが、

blogに書いても、あまり面白くないんですな。

でも、あと1回続きます。

はっはっは。
スポンサーサイト


コメント

  1. 南の島っ子 | URL | NkOZRVVI

    お初にコメントです

    お邪魔しますm(__)m
    すごく丁寧な解説で読みながら、その場にいるように
    錯覚してしまいそうですv-218
    カイチのドアップ最高ですねv-218
    これは面白い♪

  2. れん | URL | -

    広いね
    果てしない(ように見える)道に 獅子、
    いっぱいいるのね^^
    微妙に違いがあるのね。。。

  3. はまちゃん | URL | qbIq4rIg

    南の島っ子さん:
    いや~、かなり手抜きの説明ですが(汗)

    れんさん:
    そう、架空の生物だし、難しいわ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。