スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷらっと2008[01]:中国(北京・西安):明の十三陵(2) 神道(1)

2008年01月22日 22:18

それでは、さっそく「明の十三陵」の神道へレッツゴー!

2008012201.jpg


ところで、この参道ですが、いったい、どの墓の参道なんでしょう。

あぁ、ありがたい掲示板があります。なるほどねぇ。

2008012213.jpg


ということで、ここのポイントは彫刻なんですね。

よっしゃ~。

順に追っていきましょう。

2008012214.jpg


まず、この柱からスタートしましょうか。

2008012202.jpg


遠くて見えんね。

ここもズームしておきましょう。

さて・・・何の彫刻でしょう。

2008012203.jpg


龍の一族の関係で、次回、さらに悩むことになります(笑)

名称も、日本語の常用漢字に含まれないものが多いので、
細かい説明は省いて、画像で理解してください。

2008012204.jpg


この中にあった彫像。

亀さんです。

2008012205.jpg


お顔をアップ。

2008012206.jpg


横から見ると・・・なんか痛々しい。

2008012207.jpg


後ろから見てみても・・・亀だよね。

2008012208.jpg


でも、これは、どうやら四神「玄武」のようです。

玄武=陸奥圓明流の奥義の1つだと覚えておきましょう。



ところで、玄武岩の由来って、なんだろう?

玄武色(黒い)の石からかなぁ。

神道、次回からが本番です。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。