スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴル編(第12話):翌朝

2007年09月02日 22:32

寒いだけでなく、天候が悪かったので、
夜空は雲でいっぱいで、星なんて見えませんでした。
せっかくここまで来たのに、とほほです。

今夜こそ、星空が見れますように。
でも、それ以上に・・・今夜は暖かく寝た~い。

朝食時、添乗員さんにお願いマイメロ。

ストーブさん復活させてね♪




これで今夜は夢の世界で快適な睡眠ができる・・はず?
さぁ、気分一新、世界遺産カラコルム遺跡へ向かいます。

mogole200703002.jpg


昨日の娘さんが馬上から家畜を誘導しています。

本当に働き者です。がんばれ~。

mogole200703003.jpg


車窓です・・・あっ、珍しく木がある(笑)

mogole200703004.jpg


さて、モンゴル大草原ドライブの必需品の電線&電信柱。
迷ったら電線に沿って移動すると、どこかにたどり着けます。

mogole200703005.jpg


さて、この電信柱の意図は、柱の構造に着目したからです。

下部がコンクリート、上部が木で連結されています。

なぜでしょう?


このときは、冬に雪積して腐るからと思ったのですが、
どうもモンゴルにはあまり雪が積もらないようです。

ということで、これも推測ですが、
全て木製だと家畜の角とぎで倒れるのではないでしょうか。

風景を見ながら、いろんなことを考えることができる。
こういったリフレッシュが、旅行の醍醐味の1つです。
スポンサーサイト


コメント

  1. sakurya | URL | -

    げげっ!

    これは日本の土建屋さん的にありえないっス(汗;)!
    突風吹いたら倒れちゃいますやん?!?!

  2. はまちゃん | URL | qbIq4rIg

    sakuryaさん:
    やっぱり積雪や洪水対策みたい。
    突風はどうするんだろうねぇ。
    ゲルも一緒に吹き飛びそうだけど(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hamachan.blog7.fc2.com/tb.php/645-b5fdc311
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。