FC2ブログ

おこしもち(1)

2007年02月27日 22:35

もうすぐひな祭りですね。

以前、webサイトに作った情報を引越しさせます。
今年は忙しくて作れないんだよね。



尾張にゃごや在住の我が家では、
桃の節句である3月3日ひな祭りに向け、
雛菓子:おこし餅(ひな餅)を作成します。

これは別名「おしもち」「おこしもの」「おしもん」。
いわゆる郷土食です。
楽天で販売している店もありました。

一般的な材料は米粉(上新粉)とお湯、食紅です。

上新粉:
うるち米を洗って乾燥させて粉にした上質なもの。

一般的な白いおこし餅は上新粉と食用色素だけで作ります。
しかし、我が家にはオリジナル「そば」があります。

そばの見た目は黒くてイマイチですが、
味は「そば」の方が美味しいんです。
「そば」にはそば粉と上白糖も使います。

材料は米屋さんで既成のそば粉と上新粉を注文します。
本当は、荒引で注文したそば粉と上新粉を使う方が
美味しいんだけど、いま、そんなことやってくれるお店、
なかなかないんですよねぇ。



蒸すために釜の設置をします。

年季が入った釜でしょ。

okoshi01s.jpg


さらに、せいろを用意してください。

色の違いは年季の違い。

okoshi02s.jpg


こね鉢も必要です。

ボールで代用してもいいです。

okoshi03s.jpg


机にカバーをかけて準備をします。

裏面はガムテープで固定します。

okoshi08s.jpg


さて、たっぷりとお湯を沸かします。

ごとごと。

okoshi07s.jpg


原料はこんなパッケージです

okoshi10s.jpg


食用色素は紅・緑・黄の3色を用意。

1個70円ぐらいです

okoshi26s.jpg


okoshi25s.jpg


okoshi24s.jpg


上新粉を2袋入れました。

okoshi18s.jpg


沸騰したお湯を入れます。

どぼどぼどぼ。

okoshi19s.jpg


熱いうちに必死にこねます。

本当は手でこねないといけないのですが、
熱いのでしゃもじでこねました。

手でやってたおばあちゃんは凄いなぁ。

okoshi20s.jpg


ある程度、お湯を吸収したら、
あきらめて手でこねます。

こねてこねて、さらにこねる。

湯の入れすぎで、
あまり柔らかくしすぎないように。

okoshi21s.jpg


ねばねばになったら丸めます。

結構、体力を使います。

okoshi22s.jpg


こんな形に丸めて終了。

okoshi23s.jpg


次は色付けの準備に入りましょう。

先ほど作成した餅から少しだけ、
色用に3つ取り分けて平たくします。

そこに、食用色素をかけてください。

okoshi27s.jpg


紅・緑・黄と乗りました。

okoshi29s.jpg


緑の作成をお見せしましょう。

中に織り込むように混ぜて行きます。

okoshi30s.jpg


伸ばすにもコツがあります。

親指の付け根あたりで
グッグッと伸ばしていきます。

okoshi31s.jpg


さぁ、3色完成しました。

かなり派手な色です。

okoshi32s.jpg


では、寿扇の木型を使って作りましょう。

木型に対して、白い餅の量はこんな感じです。

色はこんなにいりません。

okoshi35s.jpg


くっつかないように上新粉を入れます。

okoshi36s.jpg


不必要な量を落としましょう。

okoshi38s.jpg


色を載せましょう。

丸くしてもいいですし、
型に合わせて細長くしてもいいです。

okoshi40s.jpg


白餅を載せます。

okoshi41s.jpg


押し広げていきます。

okoshi42s.jpg


端を綺麗にしましょう。

okoshi43s.jpg


それでは、叩いて落とします。

木型を壊さないように。

okoshi44s.jpg


ぽこっと落ちてきます。

okoshi45s.jpg


やった~。完成♪

okoshi46s.jpg


いまのうちに、乾燥させる場所を用意して、
どんどん作っていきます。

白いおこし餅と同様、「そば」も作りますが、
「そば」は、白砂糖とそば粉も加えます。

そば:上新粉:砂糖=4:1:1ぐらい混ぜて、
お湯を入れてこねます。

砂糖の分量は味見して変えましょう。

お釜くん大活躍中。

okoshi34s.jpg


蒸しあがってきました。

okoshi47s.jpg


手前が蒸す前、後ろの蕎麦色が蒸した後です。

okoshi51s.jpg


白餅の完成です。

ビューティフル♪

okoshi50s.jpg


明日は木型です。
スポンサーサイト





コメント

  1. のん | URL | -

    うちでもよく作りましたよ。色は後で筆でつけました。
    型は、松とニワトリとこけしがあったと記憶してます。
    ちょっと焦げ目ができるぐらいに焼いて、砂糖醤油で食べると美味しいですよね。
    蕎麦は食べたことないです。おひとつわけてくださいな。

  2. はまちゃん | URL | qbIq4rIg

    のんさん:
    今年は作っている余裕がないんです。
    年末の餅つきもできなかったし。

  3. のん | URL | -

    それは残念!またいつか。
    蕎麦は香ばしい味なのかなと勝手に想像しております。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hamachan.blog7.fc2.com/tb.php/495-308291b6
この記事へのトラックバック


最近の記事