FC2ブログ

お菓子作り(1)

2007年02月22日 20:07

独身だから自分でお菓子を作ります・・・

っていう話じゃありません。

昨日の日記の電気オーブンの使い勝手の調査です。

ということで、

東京・青山にあるお店「ブノワ」
シェフパティシエOlivier Lannes氏から指導を受けました。
http://www.benoit-tokyo.com/

フランスの方なので、詳細説明は通訳付きです。

2007022104.jpg


1品目はチョコレートケーキ

型の中に入れるベーキングシートを測定して切ります。

2007022105.jpg


小麦粉、ココアパウダー、ベーキングパウダーを
ふるいにかけます。

2007022106.jpg


卵、砂糖、ピーナッツ油を泡立て器でしっかりと攪拌し、
発酵クリームと牛乳を加えます。

次に、粉糖、ココアパウダー、ふるいにかけたものを
徐々に加えて攪拌です。

実は「攪拌」方法が、仕事上、情報が欲しかったところ。
ふむふむ。

さて、生地を型に流し込みます。

2007022107.jpg


準備完了♪

2007022108.jpg


200度にして10分、150度に下げてさらに60分程度焼きます。

ということで、購入予定の電気オーブンが使われます。

2007022109.jpg


ん~、もうちょっと焼きましょう。

そう、バッチプロセスの難しさはココ。
やってみなければわからない。

なので、控えめにして追加作業により品質を確保。
さて、どのくらい焼きを追加しましょうか?
現場での高度な判断となります。

さて、どう計画系と連動させれば良いか。

このシチュエーションをイメージできるか否か、
連続とバッチにおける品質制御問題の違いを
理解できるかどうかなんだよなぁ。

英文でどう書こう・・・

今日になっても英文が完成してません。
やばい、やばい、めっちゃ・・・やば~い!

サボっているわけではなく、仕事に追われて時間がない。
今日は修論審査、明日は3年生の研究室見学、
週末は前期試験関連の休日出勤。

2/24(土)までに仕上げて
ネイティブチェックを受けないと破綻確定(泣)

2007022110.jpg


ということで、レシピの分量と工程で作りこんだ品質。

外観のチェックループが終わった後、
終了イベントとなるか、再ループとなるか・・・

彼は包丁で行います。

1回目のチェックでは不十分。
さらにオーブンで焼きました。

2回目のチェックはどうでしょうか?

ケーキがついてこなければOKだそうです。

2007022112.jpg


ということで、1品目のチョコレートケーキ、完成です。

2007022113.jpg


ということで、次回もつづく。
スポンサーサイト





コメント

  1. まーじぇりー | URL | xNtCea2Y

    美味しそうなチョコレートケーキ!!!

    ・・・なんて言っている場合ではないですよ!!
    大丈夫ですか!?

    もしかして、コレは現実逃避ですか?(爆)

  2. のん | URL | -

    ランナーズハイに近い状態なのでしょうか。

    ケーキを作る段取りを思い出しながら、仕事もがんばってくださいね!!!

  3. may | URL | -

    おいしそう♪
    私も久しぶりにチョコレートケーキつくってみます!

  4. はまちゃん | URL | qbIq4rIg

    まーじぇりーさん:
    いや、現実を直視してますよ(笑)
    仕事に絡んでいるので復習してるんです。

    のんさん:
    ハイには残念ながらなってなれませんねぇ。
    あれは酸素不足にならないとダメかも。

    mayさん:
    ケーキって美味しいですよねぇ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hamachan.blog7.fc2.com/tb.php/490-93579c19
この記事へのトラックバック


最近の記事