スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第27話:太陽の神殿

2006年12月11日 23:10

クスコは町全体が世界遺産ですが、
それでも訪問したい場所はあるわけです。

ということで、最初の観光スポットに到着。
入口では愛想良くチップを要求する女の子。

s20060828011.jpg


それでは入口から中に入りましょう。

ここはサント・ドミンゴ教会。
インカ帝国時代には太陽の神殿だった場所。

黄金だけは、ルパ~ン三世状態でいただき、
土台だけ残してぶっ壊し、教会を建てたらしい。
いやはや、困ったものである。

s20060828014.jpg


そんな太陽の神殿を3枚の画像でイメージしましょう。

s20060828028.jpg


s20060828027.jpg


s20060828026.jpg


それでは、内部へご案内。

s20060828015.jpg


もとの建物とは別物ですねぇ・・・。

s20060828029.jpg


壁には絵画がたくさん飾られていますが、
そんなのはどうでもいいんです。

見たかったのは、この建物の土台なんです。

s20060828016.jpg


ガイドさんと目的のモノです。

s20060828018.jpg


う、うひょ~。これぞ、インカ。

たしかにカミソリ1枚も入りませんわ。

加工もせず、自然のままの石の状態で、
どうやってこんなにピッチリ組めるのか。

s20060828020.jpg


離れて見ると、こんな感じ。

s20060828021.jpg


壁面は垂直ではなく、台形状態でどっしりしています。

大地震にこの壁が耐えてきたのもナットク。

s20060828022.jpg


キッチリと計測されながら建築されたことは、
窓が一直線に並ぶことからもわかります。

恐るべし、インカ文明。

s20060828025.jpg


こういうヘコミに金銀の銅像が飾られていたらしい。

s20060828031.jpg


裏側はこんな状態です。

s20060828030.jpg


これはイミテーションです。

s20060828032.jpg


説明を読んでいる時間がなかったので撮影で入手。

s20060828033.jpg


暗いと通路はこんな状態になります。

s20060828034.jpg


さて、次回は外に出てみましょう。
スポンサーサイト


コメント

  1. sakurya | URL | SFo5/nok

    むほ~☆
    すばらしい技術力に敬服です(><)ノ!

  2. どろん | URL | d97yNk92

    カミソリ1枚も入らないこのインカの遺跡がなかったら,私の人生は変わっていたと思います。
    もう35~40年ほども前になりますが,古代文明の本を買いあさって,暇さえあれば読みふけっていたときがありました。
    どうやったらこの石組ができるかを考えてたら夜が明けてしまったことも…

  3. はまちゃん | URL | qbIq4rIg

    sakuryaさん:
    トキメキますよねぇ(笑)

    どろんさん:
    実物みると、ますます衝撃的ですよ。

  4. sakurya | URL | SFo5/nok

    トキメキます(笑)!

    実物いつかみたいです!♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hamachan.blog7.fc2.com/tb.php/425-4e214857
この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。