スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15話:トンガリキコース(その5)

2006年01月24日 22:08

昼食も終わり、次の観光スポットへ移動しました。

アフ・トンガリキ

さて、このモアイは1970年に大阪万博のため来日しているそうです。
オイラは赤ん坊だったから、知らないけどさ。

2005122739.jpg


後ろに、背中を海に向けた15体のモアイが見えます。

2005122740.jpg


ここはイースター島で最大のアフです。

モアイ倒しに加え、チリ沖地震で壊滅的な状態だったのを
日本のクレーン会社や建設会社の協力で修復・復元されたものです。

1体だけ立てて、後は自分たちでやってね・・・
といったところ、イースター島の住人に、

ケチ。全部やってよぉ~!

とか言われ、予算追加で全部立て直す羽目になったようです。

2005122741.jpg


2005122742.jpg



さて、一体だけ頭に岩が乗っているモアイがあります。
この岩を「プカオ」と言います。

実は・・・

ちょんまげズラ

なんです。

2005122763.jpg


前回の問題の正解も兼ねて。

真ん中のモアイが・・・

ラピュタ ロボット兵

でした。

右のお土産モアイもプカオを装着しています。

モアイ本体と異なる岩で作成した理由は、
髪の色に合わせたらしいです。

2005122735.jpg


さて、こちらは新規に作成したモアイです。

米国の美術館から依頼で作られたという話ですが、
完成後、放置されており、その話は怪しいらしいです。

でも、モアイくん、ハンサムさんなんです。

2005122737.jpg


背中にも、沢山の彫刻がされていることがわかります。

2005122738.jpg

スポンサーサイト


コメント

  1. とらんじっとる~む | URL | yqQnYMNA

    ありゃ?

    こんなハンサムもあい君が出来てたんですね(゜o゜)
    今思えば、モアイのお土産ぐらい買ってくればよかったなと反省...

  2. はまちゃん | URL | qbIq4rIg

    とらんじっとる~むさん:
    一緒に観光した他のお客さんは、15体のモアイだけを撮影して、
    この新作を見なかったようです。もったいね~。
    でも、また、行く予定なんでしょ?

  3. sadakun_d | URL | -

    クレーン会社は

    会社の名前はなんですかね。

  4. はまちゃん | URL | qbIq4rIg

    sadakun_dさん:

    タダノというメーカーです。
    http://www.tadano.co.jp/company/newsrelease/2006/060413.html

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hamachan.blog7.fc2.com/tb.php/198-b1efaf83
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。