スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷらっと2008[18]:下関・門司7(焼きカレー2)

2009年04月30日 23:35

さて、「旧門司三井倶楽部」の続きです。

2009043001.jpg

ここにはレストランがあります。

2009043002.jpg

う~ん、レトロなレストランです。

2009043003.jpg

この机には仕掛けがありました。

2009043004.jpg

いいねぇ、このフック。

2009043005.jpg

それでは、いただきましょう。

2009043006.jpg

オイラは焼き海鮮カレーライス。

半熟卵のトッピングで味はマイルドに。

2009043007.jpg

母は「バナナ入りハヤシライス」を注文。

なかなか美味。

2009043008.jpg

デザートもバナナです。

2009043009.jpg

やっぱり、美味しいカレーを食べられると幸せだね。
スポンサーサイト

ぷらっと2008[18]:下関・門司6(門司港の散歩3)

2009年04月29日 23:39

次にやってきたのは「旧門司三井倶楽部」です。

2009042901.jpg

では、部屋に上がりましょう。

2009042903.jpg

じゃ~ん。

あの方のクセのある文字です。

2009042904.jpg

窓からの景色です。

2009042906.jpg

・・・あぁ、もう限界。

次回は・・・たべものに戻ります。

ぷらっと2008[18]:下関・門司5(門司港の散歩2)

2009年04月28日 23:53

さて、今日は、ある風景に絞ってみました。

2009042801.jpg

2009042802.jpg

2009042803.jpg

2009042804.jpg

2009042805.jpg

2009042806.jpg

2009042807.jpg

2009042808.jpg

2009042809.jpg

2009042810.jpg

2009042811.jpg

最後には、ビルと同じような景色となりました。

跳ね橋を猛スピードで飛んで渡るというのは・・・無理だろうな。

ぷらっと2008[18]:下関・門司4(門司港の散歩1)

2009年04月27日 23:00

「旅行記、食べてばっかり」というご批判を昨夜受けました。

食べるのが目的で旅行に行っているだから仕方ないじゃ~ん。

でも、くやしいから、しばらく、食べ物抜きの旅行記にします。

そんなことできるのかって?

簡単です。

1回に進める量を減らせばいいのだから。

はっはっは。

ということで、数日間は、門司のお散歩編です。

まず、朝、港へ散歩に。

絵がたくさん描かれています。

2009042701.jpg

雑誌でよく見る方の絵ですね。

2009042702.jpg

こちらはヴォイジャー号。

不思議なデザインの船です。

オイラの訪問時は運行していましたが、H20年12月に退役したようです。

遊覧船「ヴォイジャー」営業運航終了のご連絡

2009042703.jpg

さて、少し港から離れて行きましょう。

途中で、こんなものを発見。

なるほど、それで「バナナマン」なんてキャラクターがいるわけか。

2009042704.jpg

え~、こちらは素通りです。ごめんなさい。

2009042705.jpg

こちはら旧料亭の三宜楼。

2009042706.jpg

三宜楼を保存する会」により壊されずに済むようです。

こういう家は好きですが、住みたいとは思いません。

だって、掃除も、上り下りも大変だからねぇ。

2009042707.jpg

しかし、大きいですな。

電信柱がないと、もっといい感じになるのでしょうね。

2009042708.jpg




さて、数日前に紹介したコクヨの「KEYSYS キーハンガー」です。


届いたので使ってみたところ、思ったとおり良いアイテムであった。

エクセルでラベルシートも作ったところ、綺麗に収まりました。

お気に入りの1品になったので、再度、紹介しておきます。

・・・買って、イマイチだったという商品もたまにありますから。あははは。

ただ、安全に収納したい場合は、同じ形式のキーボックスの方がいいかもね。

KEYSYS キーボックス



さて、今日のお買い物はCDラジカセです。

なぜ、今頃、CDラジカセなのか?

正直、CDラジカセである必要はないのです。

必要なのは、CD再生、カセット再生、および、外部マイクによる拡声機能。

あっ、別にカラオケがしたいわけではありません。

ちょっとした講演のときに1つあると便利と思ったわけです。

ただ、CDラジカセなんて売れない時代です。

パーツにコストもかけられないので、品質が良いものがなくなっていきます。

また使い勝手とデザインが両立した機種もほとんどない。

という限られた状況下・・・1つありました。

sony CFD-W77-W



店頭で実物を確認したところ、弱そうな箇所もたくさんありますが、この値段だからねぇ。

この製品は、AIWAの
CSD-W330という機種がベースになっているようです。



AIWAの製品でいいんですけど、もう売ってないです。

sonyも在庫がなくなり次第、きっと製造中止になるのでしょうね。

ということで、入手可能なうちに1台、買っておきましょう。

シルバーと白と2色あるようですが、今回、白を選ぶことにしました。

さて・・・無事に届くでしょうか。

オーダーしてみたところ、「メーカー納期回答待ち中」とメールがきましたけど。

ぷらっと2008[18]:下関・門司3(焼きカレー1)

2009年04月26日 23:54

門司へ戻ってきました。

少し観光をしておきましょう。

門司は出光興産の発祥の地です。

「出光美術館」に行きました。

美術品より、出光の歴史や創業者の出版物の方を楽しんできました。

2009042601.jpg

で、門司で何を食べようか。

やはり、町おこしをしている「焼きカレー」を食べておかないね。

今日は、伽哩本舗を訪問です。

あら、ここ、焼きカレーで特許をとっているんだ。

2009042602.jpg

では、元祖「焼きカレー」がやってきました。

2009042603.jpg

グチャグチャにして、さぁ、いただきま~す。

2009042604.jpg

満足です。

さて、食後の散歩に門司駅に行ってみました。

2009042605.jpg

中はそんなにレトロ感はないですねぇ。

2009042606.jpg

ホテルに戻る際、バナナソフトを食べることにしました。

「バナナマンも食べている」って誰?

2009042607.jpg

あら、おいしい。

2009042608.jpg

彼は外にいました。

これが日中のバナナマン。

2009042609.jpg

夜になると、こんなに怪しくなります。

2009042610.jpg

しかし・・・どなたがモデルなんでしょうか。

2009042611.jpg

ぷらっと2008[18]:下関・門司2(唐戸市場)

2009年04月25日 23:41

下関まで渡ってきた理由。

それは・・・「唐戸市場」に来たかったから。

こちらの市場では、料理されたものが買い食いできるから。

まぁ、なんて幸せなんでしょうか。

2009042501.jpg

体が冷えたので、温かいものからいただきましょう。

こちらでは「河豚」を「ふく」と呼ぶのですね。

2009042502.jpg

おぉ、温まるわ~。ほかほか。

2009042503.jpg

さぁ、食うど~。

※最近、アニマックスで「じゃりんこチエ」を見てます。

2009042504.jpg

「ふくフライ」を食べようか。

もぐもぐ。

2009042505.jpg

次は、「ふく唐揚げ」。

2009042506.jpg

ちょっと、ご飯物が食べたくなってきたので寿司にチェンジ。

2009042507.jpg

もう少し、アナゴを食べたいなぁ。

あっちのお店で食べちゃおう。

2009042508.jpg

う~ん、まだ物足りない。

あっ、焼きサザエだ。

2009042509.jpg

焼いてちょ~。

2009042510.jpg

では、ちょっと小雨状態ですが、外で食べちゃおう。

2009042511.jpg

おぉ、美味しそう~。

2009042512.jpg

ということで、市場を堪能しました。

やっぱり、買い食いできる市場は楽しいねぇ。

ぷらっと2008[18]:下関・門司1(移動開始)

2009年04月24日 23:26

それでは、下関・門司の旅行記です。

門司から下関へ昼食を食べに行きます。

2009042401.jpg

お天気が良くないのが残念。

2009042402.jpg

関門海峡の関門大橋が見えます。

2009042403.jpg

ザビエルさん、下関にも来ていたんですね。

2009042404.jpg

ということで、旅行記1回目は食事前まで。

今日は日帰り出張だったので、だいぶ・・・お疲れモードなので。

では、おやすみ~。

ぷらっと2008[17]:屋久島

2009年04月23日 22:37

ぷらっと2008[17]:屋久島旅行記のカテゴリー表紙です。

↓から「ぷらっと2008[17]:屋久島1(温泉)」にジャンプして、
「前のページへ」をクリックすれば連続して読めます。

ぷらっと2008[17]:屋久島1(温泉)

ぷらっと2008[17]:屋久島9(屋久どん)

2009年04月22日 23:12

最後の食事は「屋久どん」さんを訪問しました。

2009042201.jpg

地元の健康野菜を食べましょう。

ということで、青パパイヤ、ハンダマの天ぷら。

2009042202.jpg

こちらは「天然物 鹿刺身定職」

鹿はなかなか食べる機会がないからねぇ。

2009042203.jpg

後は、飛行機の時間まで、足湯でのんびり。

2009042204.jpg

たんかんジュースを飲んで、落ち着きました。

2009042205.jpg

ということで、屋久島編、おしまいです。

次は・・・下関編かな。




では、今日のお買い物。

普段は持ち歩かない鍵の整理で少し困っていました。

これまで、名札付きキーホルダーと一緒に、マグネットフックにぶら下げていました。

しかし・・・名札がブラブラして、イマイチ、スッキリしない。

鍵の区別がしやすくて、スッキリ収納でき、軽量で強度があるものが欲しい。

でも、なかなか気に入ったデザインや材質の製品がありません。

キーボックスに収納してしまうのも面倒だし。

そんなとき、下記製品を見つけました。

コクヨ製 KEYSYSのキーハンガー(壁面取付用)



スチール壁面にも木壁面にも、付属のマグネットか木ネジでハンガーを固定できます。

ハンガーはフック状態なので、名札付きキーホルダーの取り外しやすさもこれまでと同様。

でも、鍵が名札の背面に隠れて、名札だけが正面を向くという点で少し機能性アップです。

ただ、このキーホルダー型の名札が青、グレー、赤、黄色の4色展開。

同じハンガーに4色がごちゃ混ぜに並ぶなんて・・・嫌。

同色のキーホルダーだけ別に買って揃えるかな・・・。

ん?

3,000円以上買うと、送料630円が無料になるの?

それでは・・・4セット(1,013円×4=4,052円)買いましょう(笑)

各ハンガー、同じ色に揃えれば、それほど見た目も悪くないでしょう。

ぷらっと2008[17]:屋久島8(素敵な工房)

2009年04月21日 23:12

豆腐も食べたし・・・あとは、お土産でも見に行こう。

実は、1年ほど前、オイラ、屋久杉を使ったあるものを見て、気に入ってしまいました。

それは・・・

屋久杉の床柱!

ある銘木屋さんに1本、あったんです。

あぁ、素敵。

当然のことながら・・・T社ハイブリッド自動車よりも高い。

・・・欲しい。

しかし・・・南極旅行に行ける金額。

・・・我が家にそんなすばらしい銘木があっても意味ないよね。うん。

もっと立派なお家の床の間を飾ってくださいね。

ということで、我が家は、予定どおりの予算の床柱を採用しました。

その後、訪問したら売れてしまって無くなっていましたが。

ということで、そんなことを思い出しながら訪問しました。

屋久島尾之間にある工房FLOWERSさんです。

2009042101.jpg

メモイヌとクルマをいただいてきました。

我が家の玄関にセットで飾っています。

2009042102.jpg

ドライバーの「ほのぼの」したお顔。

2009042108.jpg

犬の「のほほん」した表情。

2009042109.jpg

素敵な作品いっぱいなのでオススメです。

さて、この後、滝を見に行きました。

2009042105.jpg

遠いですが、なかなか美しいですね。

2009042106.jpg

そんな帰り道に・・・衝撃の出会いがありました。

わかるかな・・・?

2009042103.jpg

あぁ、槍だ!

なんと、屋久島こそ、「猿の惑星」だったのであります。

2009042104.jpg

ということで、次回、屋久島編、最終回で~す。




さて、先日、注文した薄型コンロをやっとセッティングしました。

1口ガスコンロと、ほとんど高さが一緒でしょ。

2009042107.jpg

これで安全レベルが高まりました。

よかよか。

ぷらっと2008[17]:屋久島7(柴とうふ)

2009年04月20日 23:19

オイラ、お豆腐が好き。

屋久島に、美味しい豆腐屋さんがあると聞きました。

それも、早く行かないと売り切れちゃうそうです。

ということで、朝早くからウミガメの産卵場所を経由してドライブしていたわけです。

ここが永田にある「柴とうふ店」さん。

知らないと通り過ぎてしまいます。

オイラも、あれ? どこだ?と、行き過ぎてしまいました。

2009042001.jpg

一丁いただいて、ホテルまでもってきました。

なかなか・・・でかい、固い、重い。

2009042002.jpg

ということで、冷奴でいただきま~す。

2009042003.jpg

もぐもぐ。

う~む、しっかりした味で美味しかったです。

ぷらっと2008[17]:屋久島6(上陸&産卵)

2009年04月19日 23:58

ドライブをしていると、水平線だけが明るい不思議な風景。

2009041901.jpg

さて、ついた。

2009041902.jpg

ウミガメさんではないですが、なかなかキュートな出来栄えです。

では、時間になるまで、車の中で待ちましょう。

ぐぅ~。

2009041903.jpg

ほい、そろそろ時間です。

こちらでしっかりレクチャーを受けました。

2009041904.jpg

ウミガメさんを驚かせしまうと産卵せずに帰ってしまいます。

そこで、スタッフが懐中電灯で産卵の穴の中だけを照らしてくれます。

がんばれ~!

2009041907.jpg

ぽと・・・ん。

2009041905.jpg

この後、ウミガメさんが卵を埋めて、海に帰っていくまで見送りました。

ばいばい。

30分以上、真っ暗な道を走ってホテルに戻りました。

翌朝、朝食の前に、とある理由でこのそばまで来たので、ちょっと砂浜を訪問。

一見、産卵した場所がわかっちゃいそうですが、それはウミガメ製のダミーです。

2009041908.jpg

海に帰っていった跡も残っています。

2009041909.jpg

こういった素晴らしい体験をできるから旅は楽しいのである。

ぷらっと2008[17]:屋久島5(極楽スポット)

2009年04月18日 22:47

ドライブしてやって来ました。

波がどか~ん。

2009041810.jpg

さて・・・ここは・・・

何でしょう?

2009041811.jpg

ここは「平内海中温泉」。

むろん・・・こんな状態では入れませんな。

2009041801.jpg

ということで、違う時間帯に・・・チェ~ンジ。

2009041802.jpg

ここは混浴です。

水着は禁止です。

恥ずかしい人は入れません。

2009041803.jpg

では、出陣!

2009041804.jpg

ここから、まず靴を脱ぎましょう。

2009041805.jpg

あと少しで~す。

2009041806.jpg

誰もいなくて、ラッキー。

2009041807.jpg

隙間から波が入ってきます。

2009041808.jpg

大自然の中、素っ裸で温泉に入ったのは初めてです。

いや~・・・

極楽でござる!

2009041809.jpg

オイラが十分に堪能して着替えて出て行く頃、入れ替わりに女性たちがきました。

たまたま空いていただけなのかもしれませんね。

明日は、ウミガメさんの産卵観察です。

ぷらっと2008[17]:屋久島4(紀元杉へ)

2009年04月17日 23:56

とりあえず、名物を1つ食べたし。

今度は、紀元杉を見に行くぞ!

おぉ~!

・・・って、君、だれ?

2009041701.jpg

ここからが大変。

凄い雨。

土砂崩れ・・・起きないか(汗)

どこにあるんだろう。

そんなハラハラドキドキ。

でも、まったくワクワクしない。

冷や汗だらけのドライブをして・・・ついに紀元杉に到着!

2009041702.jpg

でも・・・ちょうど観光バスとタイミングがあってしまいました。

行列状態で、紀元杉をぐるりと一周。

でも、この厳しい気象条件の中、生きてきた紀元杉。

凄いぞ。

2009041705.jpg


とりあえず、見るものは見た。

帰れなくなる前に帰るぞぃ。

あっ、雨がやんできた。

途中、考えるサルに出会った~。

2009041703.jpg

あぁ、やっぱり・・・雨、凄かったよ。

2009041704.jpg

今回、思ったこと。

非力ではあるが・・・レンタカー・・・軽自動車で良かった!

ぷらっと2008[17]:屋久島3(潮騒で屋久島名物)

2009年04月16日 23:55

さて、屋久島まで来たので、美味しい名物をいただきましょう。

といっても、あまり、面白い話じゃないです。単に、食べた日記。

やってきたのは「潮騒」さん。

2009041601.jpg

食べたかったのは、

・首折れサバの刺身
・飛び魚のから揚げ

しかし、この数日、首折れサバは取れていないそうです・・・残念。

2009041602.jpg

ということで、飛び魚唐揚定職をいただきました。

2009041603.jpg

わかりづらいね。

もう少し大きくしておきます。

2009041604.jpg

バリボリバリボリ・・・淡白だけど美味しいねぇ。

ふふ、満足。

実は宿でも飛び魚のから揚げが出たのですが、やはり、から揚げは揚げたてじゃないとね。

ぷらっと2008[17]:屋久島2(屋久杉自然館)

2009年04月15日 23:16

屋久杉自然館にやってきました。

2009041501.jpg

ここの床が素敵です。

カタカタ音がします。

とても気持ちいいです。

2009041504.jpg

よ~く見てみましょう。

切れ目があります。

2009041503.jpg

正体は「栂のブロック」

2009041502.jpg

これを知って、我が家も、採用しようとしました。

ただ、これを実現するには、床面を平らにする必要があります。

これは・・・お金がかかります。

そして、埃が入り込んで掃除が大変です。

残念ながら、この仕組みの採用は見送りました。

でも、この椅子は、そのうち作ってみたいな。

2009041505.jpg

この後、別館に行き、のほほんとしていました。

2009041506.jpg

ちょっとお天気は雨模様なのが残念なんですけど。

さぁ、お昼を食べに行きましょう。

ぷらっと2008[17]:屋久島1(温泉)

2009年04月14日 23:49

それでは、屋久島編を始めます。

屋久島へはプロペラ機で飛んできました。

2009041401.jpg

宿泊先は空港から徒歩数分の距離にある「まんてん」さん。

2009041402.jpg

あっ、ベッドが3つもある!

どれに寝ようかな~。

2009041403.jpg

さて、この宿を選んだ理由。

それは、もちろん・・・

温泉で~す!

2009041404.jpg

温泉があるだけで、幸せになれる安上がりなオイラです。

2009041405.jpg




さて、今日のお買い物。

それは・・・ガラスのコップです。

ただし、自分用ではなく、パーティーで使うために用意します。

ゆえに、下記のような要求仕様となっております。

・価格がリーズナブル

・割れにくい

・洗いやすい

・アイスにもホットにも使える

・デザインがシンプル

・重ねて収納できる

・定番製品で追加購入をしやすい

ということで・・・すぐに思い浮かぶ製品は・・・

DURALEX社のPICARDIE

問題はサイズですね。

今回、お茶からワインまで幅広く利用する想定なので、250ccにします。

次のいくつ買うか。

10人で3種類のワインをテイスティングを前提として30個買いましょう。

よって、1ケース6個セットなので、5ケースの注文となります。

DURALEX PICARDIE 250cc (6個セット)



来週のワイン会までに、後は冷蔵庫を買わないといけません。

どの機種を買おうかな~。

ぷらっと2008[16]:奄美大島

2009年04月13日 23:04

ぷらっと2008[16]:奄美大島旅行記のカテゴリー表紙です。

↓から「ぷらっと2008[16]:奄美大島1(移動中)」にジャンプして、
「前のページへ」をクリックすれば連続して読めます。

ぷらっと2008[16]:奄美大島1(移動中)

ぷらっと2008[16]:奄美大島11(奄美大島紬村)

2009年04月12日 23:34

奄美大島紬村が最後の観光です。

2009041201.jpg

泥染めなんです。

2009041202.jpg

こんな泥。

2009041203.jpg

いや~、手間がかかっていますよ。

どんどん濃くなっていくのがわかります。

2009041204.jpg

2009041205.jpg

2009041206.jpg

ということで、お土産を買いました。

この子が新しく我が家にやってくることに。

2009041207.jpg

さて・・・帰ろうかな。

あっ、青い小鳥が。

2009041208.jpg

・・・何をくわえているんでしょうね。

2009041209.jpg

ということで、皆既日食は2009年7月22日。

平日だから行けないんだけどさ。

2009041210.jpg

これで、奄美大島編、おしま~い。

次回からは、屋久島編で~す。

ぷらっと2008[16]:奄美大島10(Frandor Cafe)

2009年04月11日 23:22

なんとか戻ってきました。

オイラ、長距離運転、苦手なんだよねぇ。

さて、お昼ごはん、どこで食べようか。

探しながらドライブしていると・・・オシャレなお店が。

Frandor Cafeさんだそうです。

なんの情報もないけど、入ってみよう。

2009041101.jpg

ん~、ピッツァコースで。

2009041102.jpg

これまでの奄美大島の雰囲気と異なったお店です。

2009041103.jpg

女性とデートするには良いのではないでしょうか。

オイラは、食事が美味しければ気にしないけど。

2009041104.jpg

ということで、一応、料理もアップしておきます。

2009041105.jpg

2009041106.jpg

2009041107.jpg

最後に、タンカンジュースを追加。

2009041108.jpg

リゾート地のオシャレなレストランだけど、美味しかったです。

次回、奄美大島編、最終回です。

ぷらっと2008[16]:奄美大島9(田原製菓の黒糖かりんとう)

2009年04月10日 23:29

ひたすら走ります。

注意と言われても、なかなか出会えません。

う~ん、奄美大島・・・結構、広いのだ。

2009041001.jpg

そうして、こうして、あ~して、えいして。

やっと、瀬戸内町古仁屋の田原製菓店に到着でござる。

2009041002.jpg

売切れ次第閉店のお店で、なかなか入手困難なかりんとうなのです。

100gで300円だったかな。

記憶に自信なし。

2009041003.jpg

このかりんとうは、素朴な味わい。

食べるの、好き好き~。

2009041004.jpg

このためだけに遠征してきたわけであります。

よって、睡魔に倒れる前に、速攻でUターン。

同じ道をひたすら、走れ、走れ。

ぷらっと2008[16]:奄美大島8(奄美の宿)

2009年04月09日 23:14

今日は単なる記録なので、手抜き度100%全開です。

ごはんを食べましょう。

2009040901.jpg

景色はいいのだ。

2009040902.jpg

「ばしゃ山定食」 2400円なり。

おぉ、器がでかいねぇ。

2009040903.jpg

では、オープン。

なるほど。

こういうことか。

2009040904.jpg

すぐそばにある「奄美民族村」へお散歩に。

まだ開園前なので何もできないけど。

2009040905.jpg

これが奄美のリゾートホテル:奄美ばしゃ山村なのだ。

2009040906.jpg

朝のお散歩するには気持ちのいい場所でした。

2009040907.jpg

この後、オイラは長距離ドライブに出かけるのです。

しかし、海が綺麗だなぁ。

2009040908.jpg

ぷらっと2008[16]:奄美大島7(茅葺き)

2009年04月08日 22:57

ドライブをしていたとき・・・見つけた!

2009040801.jpg

吉之助さぁ!

2009040802.jpg

2009040803.jpg

こちらの茅葺き屋根の建物は島流しにされた西郷隆盛の設計で建てられたものだそうだ。

2009040804.jpg

2009040805.jpg

2009040806.jpg

ここでわかったこと。

茅葺き屋根は集落で存在していないと大変だということ。

このあたりに茅葺き屋根の建物はもう存在しない。

そのため、茅葺き屋根の家を、交代交代で茅葺きをすることはできない。

この維持費も、県や市からはほとんど援助してもらえないという。

近い将来、西郷隆盛設計のこの茅葺き屋根の家はこのままの形ではなくなるかもしれない。

先祖からの建物をできるだけ残して守っていくということは大変なのである。

う~む。

現在、似たような状況にあるため、この難しさを実感中なオイラなのであった。

ぷらっと2008[16]:奄美大島6(奄美大島の生物)

2009年04月07日 23:44

今日は軽く動物日記。

やってきたのは「奄美野生生物保護センター」

2009040701.jpg

はて?

2009040702.jpg

てくてくてく。

2009040703.jpg

仲良しで~す。

2009040704.jpg

そんなお出迎えの後、中に入りました。

どの島でも天然記念物指定の動物たちには、なかなか会えませんから、ここでお勉強。

2009040705.jpg

あぁ、確かに「短い耳」と「つぶらな瞳」です。

キュートすぎます。

2009040706.jpg

毛にも特徴があるようです。

2009040709.jpg

わかるかな~?

2009040710.jpg

お次はこちら。

2009040711.jpg

確かに「長いくちばし」です。

2009040712.jpg

あっ、目だと思ったのは模様だった。

頭の後ろの方に目があるんだねぇ。

2009040713.jpg

今日はここまで。




ここからお買い物。

母が、古いガスコンロ、汚れがもう落ちないからといって処分してしまった。

ただ、ガスコンロを置いて高すぎると、動作がしんどいという。

そして母の結論。

1口コンロを使い出した。

う、うわ~。

1口コンロはセンサレスの機種しかない。

なので、家事で火事になっては大変!

1口コンロの天板部までの高さは約7cm。

これに匹敵する薄さで、センサ付・・・あるのか?

あった!

パロマ PA-28F



本体が4.8kgしかないので、軽すぎて動いてしまいそうだが。

レンガでも後ろに置いて動かないようにしてあげればいいだろう。

18,000円とそんなに高くないし、とりえあえず買ってしまえ~。

ぷらっと2008[16]:奄美大島5(けいはん とり倉)

2009年04月06日 23:11

この日は、奄美大島の郷土料理「けいはん」を食べに行くことにしました。

鶏飯と書きます。

2009040601.jpg

せっかくだから、とりさし付きにしよう!

2009040602.jpg

ごはんです。

2009040604.jpg

なるほど、具は別に出てくるんですね。

2009040603.jpg

自分で適量を載せます。

2009040605.jpg

この鶏がらスープを・・・

2009040606.jpg

ど~ん!

おぉ、さっぱりしていて美味しい。

2009040607.jpg

とりさしも、もぐもぐ。

2009040608.jpg

このパパイヤ漬も美味しかったです。

2009040609.jpg

で・・・ぐふっ。

食べすぎでござ~る。

ぷらっと2008[16]:奄美大島4(田中一村記念美術館)

2009年04月05日 23:45

奄美大島観光で最大のヒット、それは「田中一村記念美術館」でした。

2009040501.jpg

どんな方かというと、こんな紹介がされています。

非常に迫力のある絵で素敵でした。

あまりの良さに、1泊2日の奄美大島旅行なのに、

2日間、連続で訪れてしまったぐらい惚れました。

2009040502.jpg

絵は撮影できないので、記念美術館の中を撮影しておきます。

実は、この画像の中に、私が久々にときめいたものが写っています。

さて、わかるかな?

1枚目

2009040503.jpg

2枚目

2009040504.jpg

3枚目

2009040505.jpg

もうわかりましたね。

そう・・・

この簾です!

いいよ、この簾、凄く繊細で素敵!

2009040506.jpg

ということで、学芸員さんに、どこで作られた簾なのか尋ねてしまいました。

だって、一目惚れしちゃったから。

ということで・・・

我が家には、これと同じメーカーの簾がかかっています。

オイラの旅の主目的の1つは、こういう気に入った製品を探すことだったのです。

ぷらっと2008[16]:奄美大島3(観光開始)

2009年04月04日 23:29

早くから目が覚めました。

さっそくお散歩。

お天気イマイチなり。

2009040401.jpg

部屋に帰ってきたとき気づきました。

なんか・・・靴が重い。

重油みたいなものがねっちゃり。

朝から、やっちまった状態です。

仕方がない。

頑張って洗って落としてからドライブです。

ここは「あやまる岬」。

お天気は雨。

海もあまり綺麗に見えません。

で、何をあやまるの?

2009040402.jpg

えっ?

アヤって人名?

2009040403.jpg

お次は笠利埼灯台に行きました。

でも、お天気はかわりません。

2009040404.jpg

ちょっと残念でしたが、そこでは素敵なカメさんに出会いました。

夢をかなえてくれるそうです。

・・・

何を願ったかは秘密です。

2009040405.jpg

で、このカメさん。

かなりキュートです。

2009040407.jpg

ちょび髭兄弟のゲームに出てきそうな感じです。

2009040406.jpg

次回は、オイラの趣味です。

ぷらっと2008[16]:奄美大島2(生まれて初めての豚足)

2009年04月03日 23:14

むぅ、空腹である。ドライブしながら夕飯へ。

う~ん、島だねぇ。

2009040301.jpg

さて、到着しました。

特に美味しかったものをピックアップしましょう。

2009040302.jpg


「アバス唐揚げ」です。

お魚です。

何のお魚といいますと・・・

別名・・・

ハリセンボン!

お味は、フグ系ですね。

美味しいでござる。

2009040306.jpg

豆腐コロッケもいいですね。

オイラ、豆腐が好きだからさ。

2009040307.jpg

こちらは「油そーめん」です。

ここで正直に言いましょう。

「油そーめん」と「そうめんちゃんぷる」って・・・同じなの?

地方によって呼び名が違うだけなのか、まだオイラにゃわかりません。

でも、好きなんだよね。

今度、ワイン会で作ってみようかな。

2009040308.jpg

そして、オイラにとって、初の豚足です。

豚足煮込み!

2009040309.jpg

「しょうがの効いた奄美風、柔らかな煮込み」と書いてあります。

アップにしておきましょう。

2009040310.jpg

これがね・・・めちゃ旨い。

甘みと香ばしさもあって・・・もぐもぐ。

豚の足なんて食べられないと言っていた母もペロリと食べてしまいました。

やっぱり、何でも美味しいと評判のお店で試してみないとねぇ。



今日のお買い物

半年ほど前から、寝室のベッドの近辺に欲しいアイテムがありました。

A.目覚まし時計

A1. 動作のカチッカチッ音がしないこと
A2. アラーム音が優しいこと
A3. 暗くても操作しやすいこと
A4. 部屋の雰囲気を壊さないこと

A2に関して

おぃおぃ、目覚ましだろ?

って、不思議に思われるかもしれませんね。

実は、我が家は街の中ですが、大変静かな場所なのです。

夜には虫の鳴き声すら聞こえてきます。

そのため、早朝に「不快なアラーム音」が鳴り響くと・・・ね(汗)

電話の着信音ですら「優しい音」の機種を選定するのに苦労しましたから。

なので、この条件をクリアできる製品が見つからなくて目覚まし時計を買えなかったのです。




B.読書用の補助照明

B1. 電気代節約のためLED照明
B2. 暗闇でも操作もしやすいこと
B3. 部屋の雰囲気を壊さないこと

オイラの寝室、ホームシアターや家庭用プラネタリウムを楽しめるように作ってあります。

つまり・・・部屋は真っ暗になります。

なので、電気をつける際、スイッチがどこにあるのかわからないと困るわけ。

でも、B2の問題をクリアする製品がなかなか見つからない。




そんなオイラに朗報が。

家電Watchを見ると、ナイスな製品が!

上記に要求仕様としてあげたものとは少し違うんです。

でも、それは、解はユニークではないのです。

あくまで、あの要求仕様は1つの案だったわけです。

目覚まし時計と照明が・・・

融合!

だからなんだって?

いやいや、メリットがあるのさ。

(1)照明機能用に通常電源がある=目覚まし時計の操作パネルを点灯させられる

おぉ、B2が解決したよ。

(2)徐々に明るさが変わる「お目覚めモード」と「寝入りモード」がある

この「お目覚めモード」が「優しいアラーム音」の代替策となりえるのです。

アラーム音を無しにできる。そして、真っ暗な部屋に強烈なLED照明。

これなら大丈夫だよ・・・きっと・・・たぶん・・・。

ということで、この製品は良いに違いない。

うむ。定額給付金も出るし、買ってしまえ。ポチッ。

アドテック「LED照明時計 AD-LEDTS01B」



えっ?

どうしても起きないといけないときはどうするかって?

いや~、実は先日、下記の目覚まし時計を持ち歩き用に買ったのです。

これアラームでなく、振動で時間を教えてくれることができる目覚ましです。

セイコー 目覚まし時計 デジタル ピプ・トラベラ SQ617K



携帯電話の振動モードでアラームをかければいいと思うかもしれないけど、

精密機器を身につけて寝ちゃうと・・・

ボキッ!

って、なっちゃうかもしれないし。

布団の中に携帯を忘れて来ちゃうかもしれないし。

ちょっとリスクが大きいからさ。

ぷらっと2008[16]:奄美大島1(移動中)

2009年04月02日 23:50

無事、エイプリルフールも終わりました。

1つウソもついたし、めでたしめでたし。

ということで、今日からは「奄美大島編」です。

この日、いつものように名鉄に乗りました。

あれ?

(3)回送?

システムエラーのようです。

しばらくしたら直ったけど、焦ったぞぃ。

2009040201.jpg

今回は、この空弁を。

ちょっとボリュームがあります。

2009040202.jpg

でも、こちらの方がメインです。

「守岡さんちの焼きいなり」

あっ、さっぱりしてて、オイラ好みの味だ。

2009040203.jpg

こだわりが裏面にぎっしり書いてありました。

興味があれば、一度、食べてみてね。

2009040204.jpg

ということで、奄美大島に到着です。

2009040205.jpg

次回も、もぐもぐタイム。




今日のお買い物。

次に、持ち歩く荷物を減らすことを考えると、大きなものを小さなものへ。

で・・・アレです。

マウス!

えっ? そもそも、マウスなんて不要じゃないかって?

確かに、PC自体にポインティングデバイスはついています。

でも、あれは使いにくいのだ。

で、いろいろ探した結果・・・これを飼うのだ!

いや、違う、買うのだ。

なかなか興味深い変換であった。



実際、どんな製品なのかは、届いてから報告します。

ぷらっと2008[15]:三重

2009年04月01日 22:58

ぷらっと2008[15]:三重旅行記のカテゴリー表紙です。

↓から「ぷらっと2008[15]:三重:春編1(紀伊長島マンボウ)」にジャンプして、
「前のページへ」をクリックすれば連続して読めます。

ぷらっと2008[15]:三重:春編1(紀伊長島マンボウ)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。