スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷらっと2008[01]:中国(北京・西安):明の十三陵(2) 定陵(1)

2008年01月31日 23:28

それでは「明の十三陵」本編に入りましょう。

全体像から見てもらいましょう。

2008012801.jpg


これまで見てきた石碑坊や神道がありますね。

十三陵の中でも大きく描かれているのが「定陵」です。

2008012802.jpg


さて、「明の十三陵」で、一般公開されているのは3つだけ。

1: 永楽帝の「長陵」
2: 13代隆慶帝の「昭陵」
3: 14代皇帝 万歴帝の「定陵」

さらに、発掘されているのは「定陵」だけ。

ということで、実際には「定陵」しか観光できませんでした。

では、「定陵」の概略図です。

下の門から上の地下宮殿まで順に行きます。

2008012807.jpg


こちらが門です。

2008012803.jpg


ぐるっと180度反転。

う~ん・・・寒い。

2008012805.jpg


それではゲートを通ります。

2008012804.jpg


ゲート先にあったのが槐(エンジュ)です。

日本では「延寿」とも示される木だということ、オイラ、去年知りました。
オイラ、植物の知識・・・ないんだよねぇ。

2008012806.jpg


久しぶりに松を見ました。

中国では、こういう場所以外には植えられないようです。

2008012808.jpg


ガイドさん、「ここを渡るのは避けましょう」と。

理由も言っていたけど、半分、寝ぼけていたので・・・(汗)

2008012800.jpg


そうそう、こういうところにある龍。

真正面から見ると・・・別の生き物ですな。

2008012809.jpg


あぁ、上の方にありますなぁ。

20080128001.jpg


がっしりした建築物です。

2008012810.jpg


さて、登るか。

あら、凄いところから生えてるわ。

2008012811.jpg


登った後、地下への入口が1つありました。
でも、ここからは入れません。

2008012813.jpg


入口に向かって、お散歩状態。

この石が昔からの定陵のものです。

2008012814.jpg


さぁ、入口に到着しました。

空港と同様のセキュリティチェックがあります。

2008012815.jpg


この後、地下に階段でだいぶ降りることになります。

次回は地下宮殿編、サクッと終わります。
スポンサーサイト

ぷらっと2008[01]:中国(北京・西安):明の十三陵(2) 神道(4)

2008年01月29日 23:53

前回のIQサプリ、皆さん、わからなかったみたいなので、
解答を公開しておきましょう。

問題はこの案内図の中にあります。

2008012212.jpg


隠れているポイントを拡大します。

さて、どこが答えなのか、もうわかりますかね?

2008012217.jpg


そう、ここだけ・・・

反転してる?

2008012218.jpg


いまだに理由がわからないオイラでした。




今日は新Vista Proマシンの初期セッティングだけでクタクタ。
定陵の紹介は次回にしますわ。

あっ。トナー切れの警告が出ちゃった。注文しないと。


ぷらっと2008[01]:中国(北京・西安):明の十三陵(2) 神道(3)

2008年01月27日 22:48

さて、今日は部屋が寒いので、サクサク書いて終わります。
風邪をひいちゃうとマズイからさ・・・眠いし。

次の石彫は、普通の動物。

2008012216.jpg


ラクダさんから。

2008012227.jpg


確かに、こういう形で座ります。

mogole200703042.jpg


立ち姿は、まぁ、普通ですな。

2008012228.jpg


象って・・・こんな座り方したっけ?

2008012229.jpg


しかし、目つきの悪い象だなぁ。

2008012230.jpg


どういう意図でラクダと象が来ているでしょう。
明朝の領土が広大だったことを示唆しようとしているのでしょうか?

ところで、象のところには、某氏の記念撮影が飾られていました。
誰の写真家は、書くまでもないよね・・・きっと。

2008012231.jpg


次の石彫に行きましょう。

2008012217.jpg


真鍋か○り嬢と付き合っている・・・

2008012232.jpg



麒麟ビール



なんか・・・だいぶ雰囲気が違いますね。



2008012233.jpg


尻尾は牛なんだよね。

2008012234.jpg


そして、馬なんですが・・・

2008012237.jpg


脚が短いので・・・

2008012238.jpg


やはり、あのモンゴル馬かも。

mogole200703038.jpg


最後は人形になります。

2008012219.jpg


将軍は、2種類あるんです。

こちらが将軍1

2008012239.jpg


こっちが将軍2

2008012240.jpg


文官は4体とも同じ。

2008012241.jpg


巧臣が一番、部下の中では上位のようです。

2008012242.jpg


この階級、どうやら中国では凄く差別化されたようです。

紫禁城などでも、門の入口が階級ごとに作ってあるんですよねぇ。

ということで、神道、終わります。

2008012243.jpg





さぁ、ここで・・・

IQサプリ!

この神道編(1)~(3)の中にも映っていますが、
オイラが現地で「あれ~?」と思った箇所があります。

それはナンでしょうか?

回答は1人1回のみ。

先着1名で当てた人に、次回の旅でお土産を買ってきます。

ぷらっと2008[01]:中国(北京・西安):明の十三陵(2) 神道(2)

2008年01月25日 23:42

神道のメインストリートへ入っていきましょう。

「まぁ、なんて気持ちのいい空間なんでしょう」と、
住宅番組のナレーションが聞こえてくるようです。

こんな写真はなかなか撮れません。

これだけ広いと・・・人間がいない瞬間って少ないんだよねぇ。

2008012220.jpg


ふと、木を見上げると・・・巣があります。

2008012209.jpg


おっ、鳥が飛んできた。

この鳥の巣でしょうか?

2008012210.jpg


地上に降りてきたのでパシャ。

・・・なんていう鳥なのでしょうか。

2008012211.jpg


まぁ、いいや。

神道を先に進みましょう。

道の左右に石彫があるので、1対ずつ撮影していきます。

2008012212.jpg


では、今日はここまで記録しておきましょう

2008012215.jpg


とりあえず、先に進んでいきます。

2008012221.jpg


間隔はこの程度、あいています。

2008012222.jpg


まずは座っている獅子が2体。

アフロっぽいなぁ。

2008012223.jpg


次は立っている獅子が2体。

このような1セットで続いていきます。

2008012224.jpg


お次は獬豸(カイチ)です。

2008012225.jpg


日本では見ないですよねぇ。

2008012226.jpg


お顔を見ると、カイチには太い角があるんですね。

2008012245.jpg


というように、神道は散歩の最中はとても楽しかったのですが、

blogに書いても、あまり面白くないんですな。

でも、あと1回続きます。

はっはっは。

ぷらっと2008[01]:中国(北京・西安):明の十三陵(2) 神道(1)

2008年01月22日 22:18

それでは、さっそく「明の十三陵」の神道へレッツゴー!

2008012201.jpg


ところで、この参道ですが、いったい、どの墓の参道なんでしょう。

あぁ、ありがたい掲示板があります。なるほどねぇ。

2008012213.jpg


ということで、ここのポイントは彫刻なんですね。

よっしゃ~。

順に追っていきましょう。

2008012214.jpg


まず、この柱からスタートしましょうか。

2008012202.jpg


遠くて見えんね。

ここもズームしておきましょう。

さて・・・何の彫刻でしょう。

2008012203.jpg


龍の一族の関係で、次回、さらに悩むことになります(笑)

名称も、日本語の常用漢字に含まれないものが多いので、
細かい説明は省いて、画像で理解してください。

2008012204.jpg


この中にあった彫像。

亀さんです。

2008012205.jpg


お顔をアップ。

2008012206.jpg


横から見ると・・・なんか痛々しい。

2008012207.jpg


後ろから見てみても・・・亀だよね。

2008012208.jpg


でも、これは、どうやら四神「玄武」のようです。

玄武=陸奥圓明流の奥義の1つだと覚えておきましょう。



ところで、玄武岩の由来って、なんだろう?

玄武色(黒い)の石からかなぁ。

神道、次回からが本番です。

ぷらっと2008[01]:中国(北京・西安):明の十三陵(1) 石牌坊

2008年01月20日 23:51

お次は、中国に現存する最大の皇帝陵墓群「明の十三陵」です。

ここは前回、訪問してなかったのだ。

場所は北京から西北郊外へ50キロほど離れた場所。
高速道路でビュ~ンと移動してきました。

ガイドさんの説明だと、北、西、東と三方が山に囲まれ、
風水的に理想的な地形とのこと。

この十三陵の最南端にある建築物が石で作られた鳥居「石牌坊」です。

参道の入口なのですが、現在、中に入れません。

2008012002.jpg


仕方がない。ズームで撮影。

2008012003.jpg


う~ん、もう少し拡大しておきましょうか。

2008012004.jpg


実は、ここ、立ち寄り観光の中に入っていませんでした。
車の中から、「それが参堂入口の石碑坊です」と案内されて終わっちゃうところでした。

幸い、運転手、ガイド、オイラと母だけの個別ツアーなので、
「撮影のために数分だけ立ち寄ってニャ」と要求して訪問できましたけど。

次回は参道である「神路」です。

ぷらっと2008[01]:中国(北京・西安):天壇公園(3) 園丘壇

2008年01月19日 23:52

不思議なシルエットの門を通って、園丘壇へ向かいます。

他の場所もそうですが、建物の配置は、外の四角い空間で「地」を表し、
その内部に丸い空間で「天」を配置するらしいです。

こういった考え方・・・よく知らないから「らしい」ばっかり(汗)

2008011901.jpg


園丘壇は円形3層。

祈年堂と違った箇所は、石彫が全部が「龍」でした。
皇帝しか入れないからかな。

2008011905.jpg


最上層の中央に「天心石」という石があります。

冬至にこの石上に皇帝が立って豊作を祈願しました。

皇帝のみが立つことを天に許された場所ということで、
この上で願い事をするとかなうということで記念写真を撮る観光客。

オイラは願い事なんてないので、「天心石」に立たなかったけど。

2008011902.jpg


寒くなってきたから、帰りましょう。

2008011904.jpg


ということで、園丘壇はサクサクッと終了(汗)

だって、ここも9の組み合わせとか、そんな説明しかできないもの。
そんなことばかり書いても、つまんないよねぇ。

ぷらっと2008[01]:中国(北京・西安):天壇公園(2) 皇穹宇

2008年01月18日 23:55

てくてく歩き、門を抜けて振り返ると、祈年殿が遠くに見えます。
いや~、空の下を歩くって気持ちがいいねぇ。

2008011801.jpg


門を超えたところに、樹齢500年を超えている「九龍柏」がありました。

2008011802.jpg


うん、龍がいるように見えないでもない。

ところで、木に赤いラベルがついているのわかります?

2008011803.jpg


こんなのです。

実は、中国では木にランク付けがされ管理されているんですね。

この木は赤、当然、ランクAです。

2008011804.jpg


ザク同様、ランクAが赤なら、ランクBは緑です。

2008011805.jpg


さて、この木の後ろに建物がありました。

壁が丸いねぇ。

2008011814.jpg


壁に沿って歩いていくと、なんだかにぎやか。

2008011806.jpg


ズームで見ると、人がいる?

ガイドさんに質問したら、明日まで秘密と言われました。

2008011807.jpg


この壁のある建物は皇帝の位牌を祀る場所で「皇穹宇」と言います。

2008011808.jpg


さきほどの丸い壁は、「回音壁」だったようです。

2008011809.jpg


中に入ると・・・人がいっぱい。

うぬ。こりゃ、ダメかも。

2008011810.jpg


この壁の近くで話をすると、180度反対の場所まで声が反響して、
その近くにいる人に聞こえる仕組みなのです。

試している人もいますが・・・こんなにウルサイ状態では・・・

無理無理無理無理ィ~!


2008011813.jpg


また、中央あたりには「三音石」があります。

2008011811.jpg


この石の手前にある長方形の石が3つのことです。

2008011812.jpg


k番目の石の上で手を叩くと、こだまがk回聞こえます。

でも、それも誰もいないような状態でのこと。

騒々しいだけでなく、内部に障害物だらけなので・・・

無駄無駄無駄無駄無駄ァ~!


ということで、さっさと諦めて、内部を見てきました。

天上が綺麗ですね。

2008011815.jpg


なんて書いてあるんだろう?

ズームイン!

2008011816.jpg


ということで、ここもオシマイ。

次回は天壇公園の「圜丘」です。




ここからは日記。

2008年の目標の1つに「日本の三大秘湯の訪問」とオイラは決めていたのです。

そして、その1つ、青森の「谷地温泉」を予約してあったのですが、
本日、下記の連絡が・・・

----------
**をご利用頂きましてありがとうございます。
手配部署より【谷地温泉】につきまして連絡が参りましたのでご案内致します。

**様よりお申込頂きました「谷地温泉」ですが、
破産申し立てにより、本日より旅館の営業を停止することとなりました。

ご迷惑をお掛け致しまして誠に申し訳ございませんが、
このまま谷地温泉のご予約をお預かりする事が叶いませんので
お取下げさせて頂いても宜しいでしょうか。

以下略
----------

マジっすか。

経営、厳しかったんですね。

しかし、新年早々・・・今年の目標の1つが破綻。

貧弱貧弱ゥ!

さて、土日は仕事だ。頑張るべ。

ぷらっと2008[01]:中国(北京・西安):天壇公園(1)祈年殿

2008年01月17日 23:14

1996年以来、北京は訪問していませんでした。

ニュースで知ってはいましたが、ここまで市民の交通手段が、
チャリンコからZoom-Zoomに変化しているとは。

まさに、浦島太郎。

そんな気分の中、最初の観光は天壇公園。
一応、世界遺産なので、数回に分けて記録しておきましょう。

入園後、長い通路がありまして、その通路が市民の憩いの場となっています。
カード、ダンス、演奏などなんでもあり。
あまりの混雑にちょっと写真撮影は控えました。
他の団体ツアーはこの通路を直接に通らず、横道を歩いて移動していました。

で、本日は、「祈年殿」です。

皇帝が自ら赴いて、五穀豊饒を祈った場所であり、
梁や釘を使っていない木造建築と紹介されます。

オイラ・・・ここで素朴な疑問。

なぜ?


日本でも宮大工によって、釘を使わずに建てられた建築物があります。

でも、この当初の理由は、鉄が貴重な資材だったためで、
仕方がなく、苦労して木の組み合わせを必死で編み出したわけですよね。

しかし、絶大な権力をもっていた中国の皇帝です。
そこで資材をケチる発想はないよね。
・・・単に技術を自慢したかっただけなのかなぁ。

うぬ・・・謎である。

2008011601.jpg


さて、中国の文化では、数、色、図案など、
お偉いさんしか使えないといった話が多いです。

今回のトピックスは「数」です。

中国では奇数を陽数とし、縁起が良いとされています。
ちなみに、偶数は陰数です。

1桁の中で最大、かつ、唯一の陽数×陽数の計算で導出可能な9。
陽数を代表するという発想で、皇帝専用ナンバーだといいます。

そのため、階段も9段×3階層と意味が持たされているとのこと。

2008011606.jpg


各階層ごとに石彫の壁や排水口があります。

2008011602.jpg


1番下の層が「雲」

2008011603.jpg


中央層が「鳳凰」であり、メスの「凰」が皇后を意味しているようです。

2008011604.jpg


最上位層には、皇帝の化身である「龍」が示されます。

こうして、皇帝や皇后が天上人であると示したようです。

2008011605.jpg


登りきったところで上を見上げると、ギアみたいな形状してますね。

2008011607.jpg


祈年殿の内部には柱がいっぱい。

派手な4本の柱が四季を示すらしい。
また、赤い柱は12本あり、12ヶ月を示すとのこと。

でも、このあたり・・・まったく興味なし。
でも、オイラ、色数が多い派手なモノって好みじゃないんだ。

2008011608.jpg


ということで、次の建物に向かいます。




ここからはオイラのお買い物のため。
実は年末に携帯をP905iへ買い換えました。

さっそく活用し始めたのですが・・・あれっ?

転送させたメールに添付されるExcelファイルなどを見られない。
ビューワー付いているはずなのに。
あぁ、ダウンロードしないと見られないのね。

えっ?外部メモリーにしかダウンロードできないんだ。
では、前の携帯から移動させよっと。・

あっ・・・miniSDからmicroSDになってる。
このままじゃ、使えないじゃん(汗)

ということで、仕方がないからさ、microSDを買うことにしました。
でも、オイラ、ボンビー。

楽天で安いのを探しました。

ハギワラシスコム microSDメモリーカード 2GB アダプタ付

送料・税込で2,880円だって。
今では、2Gのメモリーもこんなに安くなってるんだねぇ。

ぷらっと2008[01]:中国(北京・西安):北京ダッグ

2008年01月15日 23:40

この数年、北京ダッグを食べてないぞ。

思い立ったら吉日。

さっそく食べちゃいましょう。

2008011501.jpg


2008011502.jpg


2008011503.jpg


では、よろしくお願いします。

肉と皮をのせて

2008011504.jpg


タレをたっぷり塗って

2008011505.jpg


他の具も一緒にくるりん。

2008011506.jpg


完成で~す。

2008011507.jpg

ほい、完成!

さぁ、もぐもぐ・・・

う~ん、普通。

この長富宮飯店の牡丹苑、北京の中華料理店では評価が高いようですが、
北京ダッグ専門店じゃないし、こんなもんかな。

やっぱり、北京ダッグはお上品な食事ではなく、
大勢でガツガツ食べないとつまらないのであった。

ということで、2008年は中国旅行から始まりました。

浅草:木村屋人形焼本舗

2008年01月11日 23:34

浅草に行くと・・・

2008010403.jpg


浅草寺の五重の塔が美しいのです。

2008010404.jpg


帰り道・・・お供え用に人形焼を買っていきます。

おばあちゃんが好きだったから。

2008010402.jpg


本物の鳩は食べたことないけど・・・

人形焼きの鳩は美味しいです。

2008010401.jpg

まるは 6300円コース

2008年01月09日 23:51

初めて訪問してから15年ぐらい継続して、
年に数回、まるは食堂旅館に宿泊に行く機会があります。

しかし、いつも、3500円程度のコースばかり。
一度、高額コースだとどう変わるのか試したい。

ということで、ちょっとリッチに6300円コースに挑戦。

まずはシャコ・・・

2008010901.jpg


以前は朝食だった「もずぐ」が夕食になってます。

2008010902.jpg


ひらめを食べて・・・

2008010903.jpg


さらに、200円追加して揚げてもらって・・・パリパリ。

2008010904.jpg


蟹が来たので・・・

2008010905.jpg


開けてみたら、今回、ミソも卵もなし。

ハズレでした。

2008010906.jpg


ハマチはちょっとくどいね。

2008010907.jpg


あらら、高いコースもエビフライ1本だけなんだ。

2008010908.jpg


伊勢海老、あまり食べるところがない。

2008010909.jpg


なので、伊勢海老くん、さっさと味噌汁に化けました。

2008010910.jpg


エビの踊り食い。

苦手ではないけれど、エビ系が多いので、次回はいらないや。

2008010911.jpg


さらに、焼きエビは、焼きサザエに変更してもらいました。

2008010912.jpg


細かい骨が多い魚は苦手。

2008010913.jpg


なぜか最後のフルーツはスイカ。

2008010914.jpg


6300円コースは、こんな感じでした。

オイラには、5000円ぐらいのコースが丁度いいかな。

なお、魚がダメな人も、事前に伝えれば、ステーキコースになるらしいです。
従業員が言うには、結構、おいしいらしい。

また、この数年、朝食の卵がゆで玉子になってしまいましたが、
お願いすれば、生卵にもしてもらえます。

融通が利くのが、まるは食堂旅館のいいところですね。

似顔絵

2008年01月08日 23:34

blogの似顔絵、2008年仕様の「緑の人?」に変更しました。

でも、帽子の羽飾りは、キザで嫌だったので、

「赤い人」仕様のツノにしておきました。




さて、今日の残りは自分のお買い物のため。

オイラ、あれがないともうダメみたい。

でも、高いからなぁと思ってたら・・・

半額近い値段で売ってるじゃん。

TOTO トラベルウォシュレット YEW300



使い勝手は↓サイトにありました。

やじうまミニレビュー

ということで、1台、買っとけ。

後は、冷たい座面に座るのが嫌。

誰か携帯用の電熱便座、販売してくれないかなぁ。

お守り

2008年01月02日 21:44

昨年の夏に2つのお守りを買って持ち歩いています。

その1

2008010201.jpg


その2

2008010202.jpg


なかなか珍しい種類のお守りですよねぇ。

もちつきマシーン始動!

2008年01月01日 22:42

ついに、2008年になってしまいましたね。

オイラ、今年は・・・孤独な永遠の旅人として生きることにします。
でも、男だからメーテルにはなれないので、↓が理想像です。



さて、今年の抱負は述べたので、早速、お餅をつくりましょう。
喪中なので、恒例の餅つき大会ができませんでしたから、
2007/12/02の日記で購入したエムケー精工 餅つき機 KN-530、ついに出撃です。



朝から餅米を6時間ほど、かした後、「むすモード」でスタート!

2008010101.jpg


20分ほどすると蒸し完了のブザーが鳴りました。

では、「こねるモード」へ移行です。
自分で、フタを開け、スイッチを切り替えて作動させます。

おぉ・・・豪快な動き!

2008010102.jpg


10分ほどすると、だいぶ、丸くなってきました。

2008010103.jpg


さらに、5分ほどたったので終了し、取り出しました。

2008010104.jpg


しまった・・・

こねすぎ(汗)

まぁ、最初だから仕方ないね。

まずはお供え用にきなこ餅を作りました。

2008010105.jpg


では、お昼の大根おろし餅。

2008010106.jpg


もぐもぐ。うん、やはり、もち米の香りが消えちゃってます。

次回は10分ほどで、こねモードは終わらせよう。

さて、食べた後・・・お片づけをしないと。

構造的に、もちが入り込んでしまって洗う箇所が多いです。
このあたり、もう少し改善されるといいですね。

ということで、その後、録画しておいたサラリーマンNEOを観てました。
う~ん、中田有紀さん演じるSな中山ネオミ、相変わらず最高です。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。