スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とんかつ MA MAISON

2007年12月31日 22:44

イノシシの2007年も今日で終わり。
オイラにとって、変革と試練の1年でありました。

2008年は良き年にしたいものであります。

そこで、干支イノシシを喰らって終わろうと思ったのですが・・・
ぼたん鍋、母と二人で食べるのは・・・ちと寂しいのだ。

ということで・・・イノシシそのものではなくてもいいじゃん。

イノブタを喰らうべし!


さて、どこで食べようか悩みながら、sakaeさんのblogを見てたら、
とんかつ屋の紹介があったので、webでお店をチェック!

とんかつMA MAISON

2007123102.jpg


ビンゴ! 

さっそく、母と出かけたところ、駐車場がないんだって。
仕方がないので、裏にある有料駐車場に停めました。

2007123101.jpg


さて、早速、オーダー。

イノブタ定食2つ、お願いしま~す。

ゴマをゴリゴリゴリ。

2007123103.jpg


やってきましたイノブタ定食。

この店は照明が暗いので、フラッシュ無しだと厳しいかも。

2007123104.jpg


ということで、フラッシュ有で撮影してみました。

これがイノブタくんの断面です。

2007123105.jpg


後は黙って、もぐもぐ。

ん・・・オイラにゃ・・・違いが・・・

わからん(汗)


少し甘みがあるような感じですけれど、
この店のとんかつと比較しないと判わかんない。
ただ、全部食べ終わっても後味あっさりでした。

最後にアイスを食べて、いや~、満足でござる。

2007123106.jpg


定食2600円は、オイラの財布には厳しいプライスなので、
次回は普通のカツ定食を食べてみますわ。

では、皆様、良いお年を。
スポンサーサイト

綺麗な字を書きたいね。

2007年12月29日 23:43

ちょっと前に、本屋でペン字の練習ノートを買ったので
毎晩、ちょっとだけ時間をつくって練習してます。

大人のマナーとして、我流でなく、正当で綺麗な字が書けるようになっておきたい。

しかし・・・練習していると・・・

オイラの悪い癖が出てきました。


原理を知りた~い!


良い例と悪い例、そして、その説明がないと、ナットクできないのだ。

で、今日、丸善にいろいろと資料を買いに行ったので、
ついでに調べてみたら、結構、面白い本があったのさ。

もっと「きれいな字!」が書ける本



これで560円なら、なかなかオススメですわ。

京都:SHINSHINDO(カレーパンセット)

2007年12月28日 22:47

京都で朝食を食べるとき、ふらっと行く店の1つです。

2007122801.jpg


ここの落ち着いた雰囲気、わりと好きなんです。

2007122802.jpg


朝食としては、少々食べすぎかもしれないけれど。

2007122803.jpg


でも、このくらい食べないと頭も働かないしね。

2007122804.jpg


しかし・・・今日も寒いですね。

風邪が悪化してます。

薬、効かないや。

京都:神馬堂(やきもち)

2007年12月27日 23:42

今日も京都の菓子シリーズです。

2007122701.jpg


親父さんが作っているのが道路から見えました。

おいしそう・・・と、店内に。

2007122702.jpg


昔ながらの販売で和みます。

2007122703.jpg


おひとついただきました。

2007122704.jpg


こういうものは、出来立てホヤホヤが一番おいしい・・・と思う。

ということで、さっそく「買い食い」です。もぐもぐ。

あぁ、幸せ。

和菓子の宝泉

2007年12月26日 23:41

実は、前回のイタリア日記で描いたように、
帰国途中から出口が見えない迷宮状態でした。

人には言えない苦しい悩みばかり。
男はつらいね、寅さん。

あぁ、まさに、さまようヨロイ。

プライベートの楽しみなんてありゃしないわ。

それでも、本日、サンタが来てくれました。

良い子の皆にクリスマスプレゼントだよ。

英文8ページ、締切は2月末ね!

げげげげ。

ついにその時期が来てしまいましたか。

この数ヶ月、資料をあさって調査しても解決策が思いついてないのに・・・

仕方がない・・・もう一度、ノートで整理してみるか・・・

あれと、これと、それで・・・

あっ・・・この方法でいける・・・かも?

悩み事の1つにしかすぎませんが、突破口が開けたかも!

サンタさん、強烈なプレッシャーをありがとう。




ということで、久々のblog日記です。
いや~、メリークリスマス。

と言ってもさ、オイラ、プライベートでいいことないから、
溜まってたデータから掘り出してきました。

理由は・・・ちょっと他に悩んでいることが絡んでるから。

ここは京都の和菓子の宝泉です。

2007122501.jpg


のんびり、和菓子とお茶をいただくのです。

2007122503.jpg


早い時間だったので・・・一人で貸切状態でした。

2007122504.jpg


う~ん、やっぱり、簾と簾戸、いいなぁ。

注文しちゃおうかなぁ。

2007122505.jpg


こちらは床の間。

2007122506.jpg


なんか・・・モダンです。

2007122507.jpg


明かりもいい感じ。

2007122510.jpg


で、どれを食べようかと悩みましたが・・・

2007122502.jpg


涼しげな清流をいただきました。

2007122508.jpg


クリスマスでも、夏は冷たい抹茶なのだ。

2007122509.jpg


こちらは、トイレ内にあったもの。

こんな感じで置いておくのもいいねぇ。

2007122511.jpg


あぁ、京都で湯豆腐たべたいなぁ。

ぷらっと2007:イタリア

2007年12月23日 23:20

ぷらっと2007:イタリアのカテゴリー表紙です。

↓から「その1:空港からローマ市内」にジャンプして、
「前のページへ」をクリックすれば連続して読めます。

その1:空港からローマ市内

その6:オイラの心境

2007年12月18日 23:27

イタリアで見た標識を組み合わせて、今のオイラの心境。

ということで・・・ここから、逃げ出したいのだ。

すたこらさっさ~。

2007121703.jpg


床へ向かって、ジャ~ンプ!

2007121701.jpg


出口が見えた。ダッシュー!

2007121702.jpg


よっしゃ、脱出だぃ! タックルアタッーク!

2007121704.jpg


え・・・こっちはダメなの?

2007121705.jpg


ん~、他の手を考えないと。反対側から攻めてみるか。

2007121706.jpg


わたるなと言われても、男にはやらねばならぬときがある。

2007121707.jpg


で・・・ありゃ、ゲームオーバー。

2007121708.jpg


オイラ、最近、毎日、こんな感じの生活です。

その5:バスに乗る

2007年12月17日 23:40

鉄道以上に、バスを利用した移動が難しい。
なぜならば、その支払いのルールが多様だからである。

・目的地に行くバスはどれか?
・該当バスに乗車できるバス停はどこか?
・目的地までの価格は?
・支払いは前もってチケット購入か、バス内での先払いか、後払いか?
・チケット制ならば、どこでチケットを売っているのか?
・お得な制度はないのか?
・乗車時にしなければならないことは?
・降りたいときにしなければならないことは?

渡航する前に、旅行情報誌、ホームページ、blog、mixiなど数多くの情報にあたり、
できるだけの情報を入手しておくことが望ましい。

その結果、多少、振り回されることになっても、
知らないよりは結果的に良いのである。




今回の訪問地は南イタリアのVietri Sul Mareという場所である。
サレルノ駅から何らかのバスで移動可能らしい。

南イタリアのカンパーニア州には「アルテカード」という
観光用カードがあるという情報を知った。

このカードを買うと、3日間、バスに乗り放題。
つまり、バスを間違えても、リカバリーをしやすいと判断したのだ。

通過点であるナポリなどで入手しやすいと聞いていたが、
現地でも入手可能ということで、サレルノに到着後、購入することを考えた。

2007121601.jpg


駅前にはバスターミナルがあり、近くにインフォメーションセンターもあった。
インフォメーションセンターにて、アルテカードを売っている場所を聞いたところ、
街中に1軒だけあるという。

店の名とだいたいの場所を地図に書いてもらい探し出したが、
これが極めて大変であった。
聞くたびに、皆が違う方向を指す。

↓の店にたどり着くまでに1時間以上、さまようこととなった。

2007121604.jpg


ところが、肝心のアルテカードで、大人の旅行者が使えるタイプは置いていない。
仕入れることはできるが、翌日の夕方以降になるという。
それでは意味がない。

仕方がなく、通常のバスチケットを売っている店を探した。
バスチケットはタバッキと呼ばれる雑貨店で売っていると聞いていたが、
このあたりのタバッキには、なぜか売っていない。

実は、バスターミナルにあったこの店がチケットセンターであった。

2007121605.jpg


さて、チケットを買うときも、バスに乗るときも、
重要なのは、行き先を明確にすること。

そのためには、原始的と笑われることもあるが、
現実的に、紙に目的地を書いて示すことが最も確実である。

今回は、地名とホテルを書いたメモを見せたところ、
すんなり、チケットを売ってくれた。

1ユーロで90分程度の距離はOKということのようである。

後から聞いた話であるが、旅行者には高いチケットしか売らない町もあるという。
いやはや、恐ろしい話である。

2007121606.jpg


次に時刻表らしき箇所を探して、該当するバスを探す。
今回は4番のバスで良いらしい。

2007121603.jpg


次にバスの確認である。

幸いなことに、前にも後ろにも、数字が書いてある。

2007121613.jpg


2007121614.jpg


バスに乗って、まずはチケットに押印せねばならない。

2007121607.jpg


後は目的地でボタンを押すだけだが・・・

2007121615.jpg


そもそもアナウンスもない、場所もわからないので、
自らボタンを押して降車を知らせるという行為は不可能に近い。

よって、運転手のすぐ後ろに移動し、
チケット購入時と同様、紙を渡す。

実は、地名に加えて、目的地であるホテル名が書いてあるのが重要である。
なぜなら、一番近いバス亭で降ろしてもらえるからだ。

予想どおり・・・目的地の真ん前のバス亭で降ろしてもらえた。

2007121608.jpg


普通に行き先を伝えただけの方々は、町の中央広場に降ろされ、
ホテルにたどり着くのが大変だったという話である。

備えあれば憂いなし・・・とまでは言えないが、
打てる手は打っておいた方が良い典型例である。

こうして無事、会場に到着でき、レジストレーションを行うことができた。

2007121611.jpg


後はカンファレンスに出席して、仕事をするだけである。

2007121612.jpg


ちなみに、この会場・・・断崖絶壁の上に位置している。
なかなか恐ろしいところに建てるものである。

2007121616.jpg


このあたりは、飛行艇が飛び交う「紅の豚」ワールド。

次回は仕事ではなく、プライベートで訪問してまったりしたいものである。

2007121617.jpg

その4:鉄道に乗る際の注意

2007年12月15日 23:58

イタリアに限りませんが、タイトな日程での鉄道による長距離移動は注意が必要です。

(1)希望のスケジュールで動けること

これは何を意味するかというと、時間にルーズな国や、
ストで運行停止が多い国に注意ということです。

イタリアは・・・ビンゴ!

なので、ストが予定されていないかあらかじめ調べることがまず大事。
それに加えて、ストが突発的に起きても運行を保証する列車がないか。

幸いなことにEURO STARは、ストが起きても一応運行、
さらに、通常、あまり遅延はないようようです。

(2)希望する列車のチケットを確保すること


EURO STARは全席指定で、発車数時間前までしかチケットを売っていません。

マイナーなロケーションでの開催だと、参加者のほとんどが同じ列車を希望します。
そうすると・・・SOLD OUTになってしまいます。

やはり、窓口で並んで売り切れや時間切れを避けるために、
あらかじめ、日本でネットから購入しておいた方が安全です。

イタリア鉄道

カード先払いなので、後から旅費申請する際に楽ですしね。

2007121317.jpg



(3)希望する列車に正しく乗ること


列車を間違えたら洒落になりません。

予定は未定のお国柄。信じられるのは電光掲示板だけです。

2007121311.jpg


しかしです・・・ギリギリまで掲示されないことが多いんです。

オイラの乗る列車は9:42だったのですが、
10分前になっても、まだ掲示されず。

2007121312.jpg


8分前になってやって掲示が出たので、
この後、荷物を持ってダッシュです。

2007121313.jpg


後は列車の外観を知っている方が安心ですね。

EURO STARは↓のような落書き列車ではなく

2007121307_20071215234940.jpg


↓のようなタイプです。

2007121309.jpg


2等の8号車とか、ちゃんと入口に書いてあるので安心です。

2007121310.jpg


この事前チケットを印刷して持っていれば、何も言わず、列車に乗ってしまい、
チケットチェックに来たときに見せるだけで済みます。

ちなみに・・・定刻より1分半遅れでの出発。
うん。イタリアの列車としては凄い正確さですな。

2007121314.jpg


(4)盗難対策について

やはり盗難に注意です。

オイラは2等車でしたが、かなり神経を使いました。

でも、1等車にしたから大丈夫というのは間違いです。
知人は1等車で被害にあいました。

列車に乗る際に、そのクラスに?な子供たちがいたらしく、
気づいたときにバックを開けられて財布を取られたそうです。

バックには必ず小さな鍵を掛けておきましょう。

またスーツケースなど大きな荷物ですが、
このように入口の小さな空間に数個しか置くスペースがありません。

早めに乗って、ココに置けたとしても、
駅に着くたびに、誰かに持っていかないか凄く心配です。

2007121319.jpg


席に置いておけば良いと思うかもしれませんが、
向かい合わせシートで、かつ、固定テーブルがあるので無理。
通路も狭いので置いて荷物は置けません。

2007121318.jpg


よって、棚の上に置くしかないのです。

今回、機内持込可能なサイズの荷物だったので、
なんとかギリギリ入りましたが、もう少し小さく軽い方がベター。
腰を痛めてしまったら、旅なんてできませんから。

2007121320.jpg


実は、このTUMIのバッグ、電車ではOKでしたが、機内持込に失敗。

サイズはOKだったのですが、TUMIは本体が重すぎるのです。
荷物もそれほど入れていなかったのですが、
機内持込可能重量をオーバーしてしまいました。

そのため、早速帰国後、↓のモンベル製のクアトロパック35を買いました。



ナイロン製の方が押しつぶせるので、電車の旅にも向いているかもしれません。
背負いもついているので、階段や雪道でも困らないし。

ところで、シートですが、少し配列が日本と異なります。

↓のように、連番でも横に並ばないのです。

2007121315.jpg


2007121316.jpg


↓のような独立シートを確保できると、
荷物置き場も近く、ちょっとリラックスして電車に乗っていられるかもしれません。

2007121321.jpg


2007121322.jpg


次回は・・・バス編かな。

その3:ローマのテルミニ駅でさまよう

2007年12月13日 23:55

さて、テルミニ駅です。

駅でさまよっていると、スリに狙われそうで怖いです。
でも、わからないので、仕方がない・・・。

2007121306.jpg


まず、できるだけ費用を抑えるために、
スーパーマーケットを見つけることが重要です。

実はテルミニ駅の地下1階にありました。
列車に乗る際、飲食物はこちらで購入するとよろしいかと。
水も安かったし、お土産もここで買いました。

2007121308.jpg


また、地下には珈琲ショップもあります。
地上のファーストフード店より落ち着いているので、
のんびり休むにはこちらの方が良いですわ。

さて、テルミニ駅から空港へのチケットの入手をしようと思い、
空港から降りた場所に向かいました。

青いブースのおっちゃんに聞いてみたけど、
「邪魔だ」という扱いをされて、何も教えてくれない。

ぶ~。

2007121305.jpg


仕方がなく、空港と同様にタバコ店で売っていると思って探したのですが、
見つかりませんでした。

仕方がなく、チケット売り場に並んで買ったんです。
イタリア、待ち時間、結構長いんですわ。

2007121301.jpg


これが切符。

2ヶ月有効みたいなので、早めに買っておけば安心かと。

2007121302.jpg


ということで、空港へ戻るときも、列車乗り場にあるコレで押印。

これをやっておかないと、罰金取られちゃうかもしれないので忘れないように。

2007121303.jpg


また、変な押印状態なんだけどさ。

2007121304.jpg

その2:お宿は大事

2007年12月11日 23:21

予算を抑えないとあっというまにお財布、火ダルマ状態です。
そこで、航空運賃の次に効いてくるのが宿泊コストを下げねばなりません。

とはいえ、あまり安宿に泊まると、変な虫に食われるとか、
安全性が低いとか、いろいろ問題があります。

そこで、HotelClubやオクトパスでそこそこのホテルを選ぶか、
B&Bやペンション系のアットホームなお宿で探します。

ただ、疲れて一人で移動するので、駅から近いこと。
まだ、可能ならば、スタッフに日本人がいると助かります。

ローマでは日本人Tomokoさんの経営するペンション
ペンショーネ アカデミアをネットで予約しておきました。

テルミニ駅から徒歩数分と近く、お値段もかなり抑えられます。
もう真っ暗なので、本当に近いのが助かります。

一番お値打ちな一人用の部屋を頼んでいたのですが、
向こうのご都合で、価格据置で二人部屋に泊めさせてもらえました。

KES20070910010.jpg


長期滞在の場合、料理や洗濯もできるので、オススメです。

KES20070910014.jpg


そして、大変ありがたいのが、Tomokoさん、
ご主人とレストランを経営されていることなんです。

イースター島へ行く途中のあの悪夢でオイラは懲りました。
一人旅で、メシが確保できない状態は辛いのだ。

KES20070910008.jpg


正直、イタリア語わからないし、もうグッタリしているときは、
日本語メニューがあるのが、凄く助かります。

KES20070910009.jpg


といっても、バテバテなので、食べ慣れた料理しか注文しません。

KES20070910011.jpg


KES20070910012.jpg


宿泊客にはハウスワインがサービスされるので、
それを飲んで、もうネムネム。

でも、最後に、おやつを食べて・・・あとは寝るだけ。

KES20070910013.jpg

その1:空港からローマ市内

2007年12月10日 23:50

そういや、秋のイタリア、全然書いてなかった。

少しだけ整理しておきます。

旅行記じゃありません。単なるメモです。

ここはパリ。パンダはいても、フライト情報の掲示が少なく非常にわかりづらい。

今後、乗り換えでも、出来る限りパスしたい空港です。

KES20070910001.jpg


で、ローマの空港に着きました。

何もなく荷物を受け取り、何もなく外に出てしまいました。

あれ? 入国審査は? 税関は? 荷物チェックは?

一瞬、凄く冷や汗が・・・

EU圏からの入国の場合、そういうのがないみたい。

こういうとき、一人旅は心臓に悪いです。

さて、この後、ローマ行きの電車に乗らねばなりません。

ホームへは誘導があり、一見、わかりやすいんです。

途中、2階に上がる箇所がトラップゾーン。

グルッとUターンしてエスカレータとかなりトリッキー。

ここの誘導がもの凄くわかりづらいので要注意。

オイラ、気づかずにまっすぐ行っちゃいまして・・・

うげ。ここはどこ?

その後、さまようヨロイ。

で、なんとかホームに到着。

KES20070910003.jpg


チケット売り場はかなりの列。

でも、隣のタバコ屋でチケットを売っているので、こちらで買った方が早い。

この情報はイタリア留学絵日記から。

大変参考になりました。

KES20070910002.jpg


買ったチケットはここに差し込んでおかねばなりませぬ。

問題は・・・壊れているマシンが多いこと。

差し込んでも動作せず。

KES20070910004.jpg


何台か試している途中、壊れていると思って抜いたら・・・動き出しやがる。

おかげで二重スタンプに。

KES20070910005.jpg


列車がやってきました。

えっと。どちらのホームから乗るのでしょうか?

ボタンを押さないとドアがあきません。

ポチッ。ポチッ。押してもあかないやんか!

周りも同じことをしています。

しばらくしたら、ボタンが効いて開きました。

う~ん、しばらく待たねばならないようです。

KES20070910006.jpg


うっ、狭い。

小さな荷物でないと、電車での旅は厳しい。

KES20070910007.jpg


さて、ローマのテルミニ駅に到着できるか不安です。

なぜなら、既に夜遅く。

外は真っ暗。

車内放送はない。

ただ、この特急はテルミニ駅が終着駅のはず。

その情報を信じて、ただひたすらドキドキくんです。

・・・ということで、無事にテルミに駅に着きました。

とりあえず、第一関門クリア。

ワイントン

2007年12月09日 22:52

なんか身体がダルイのだ。ちょっと風邪気味なのね。

ふと、TVをつけると・・・

たむらけんじの焼肉店でのギャル曽根のバトル。

あぁ、オイラ、焼肉たべた~い。

思いついたら、すたこらさっさ~。

2007120906.jpg


今回は牛がメインではありません。

↓がターゲットです。

2007120905.jpg


この豚の絵、ヤッ○ーマンあたりの雰囲気。

2007120909.jpg


肝心の肉ですが、思っていたより厚みがありました。

2007120907.jpg


ということで、サクサク焼いちゃいます。

2007120908.jpg


味付けは、塩コショウでさらりと。

メタボが怖いので・・・↓を買っちゃいました。

まだ箱から出してないけど。

Wiiフィット(「バランスWiiボード」同梱) Wiiフィット(「バランスWiiボード」同梱)
Nintendo Wii (2007/12/01)
任天堂

この商品の詳細を見る

12月のパン

2007年12月08日 23:50

12月のパン教室。

こちらはバターたっぷり。

こういうパン・・・好き。

2007120901.jpg


こちらはクリスマス仕様。

2007120902.jpg


お一人ひとつ。

当然、母にプレゼント。

2007120903.jpg


でも、母とオイラで半分ずつ、食べました。

2007120904.jpg


もぐもぐ。

これから忙しくなるので、しばらくパン教室はお休みです。

ぷらっと1986:ブータン王国

2007年12月07日 23:28

ぷらっと1986:ブータン王国旅行記のカテゴリー表紙です。

↓から「ブータン王国から始まった」にジャンプして、
「前のページへ」をクリックすれば連続して読めます。

http://hamachan.blog7.fc2.com/category31-2.html

HIS「世界はなんて1ダフォーキャンペーン」景品到着!

2007年12月06日 23:30

↓の日記に書いた「ビーチ支店賞」景品が到着しました。

http://hamachan.blog7.fc2.com/blog-date-20071015.html

正確に言えば「届いていたことを知った」が正解ですが(汗)
いつ来てたんだろうねぇ。

で、ホノルル・クッキー・カンパニー製のクッキーです。

2007120601.jpg


箱に結構ギッシリ入っています。

2007120602.jpg


全部で8種類。

パイナップルの形がちょっとキュート。

2007120603.jpg


もぐもぐ。

なかなかダイエットできませぬ。

おつきさま

2007年12月03日 23:33

月を見て過ごしたい。

悲しさを、少しは和らげてくれるかもしれない。

しかし、窓を開けて寝るわけにもいかない。

風邪をひくような振る舞いをするほど愚か者にはなれん。

ゆえに、試しに1つ注文してみた。

LbTD月面図カレンダー 2008/LUNA-SELENOGRAPH CHART LbTD月面図カレンダー 2008/LUNA-SELENOGRAPH CHART
(2007/09/15)
野方電機工業

この商品の詳細を見る


これで少しは気が晴れるだろうか・・・。

逆に・・・凶暴な大猿になったりして・・・(汗)

もちもち

2007年12月02日 00:10

次々と決断を迫られる事態が続く。

正直、辛いことばかりである。

「等価交換の法則」が通用するのかすら自信がない。

せめて・・・

旨い餅が食べられる体制だけでも確保しよう。

母と二人分だから、一番小さいのでいいだろうな。

エムケー精工 餅つき機 KN-530



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。