スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴル編(第10話):家族

2007年08月31日 23:16

砂嵐が激しくなりつつあります。

mogole200702039.jpg


娘さん、砂嵐の中、ゲルの防衛に大活躍。

mogole200702040.jpg


父親はゲルの天井の通気口を閉めています。

しかし、ワンちゃんはおうちに入れてもらえません。

mogole200702041.jpg


オイラたちはバスの中に避難中だったのですが、
ガイドが馬乳酒を分けてもらってきてくれました。

たくさん飲むと、最初はお腹を壊しやすいので、
オイラは、ほ~んの一口だけいただきました。

ん・・・

ちと・・・

甘ずっぱい

そう・・・初恋の味です。

実は、カルピスのオリジナルがこのお酒です。

mogole200702042.jpg


この後、砂嵐が止み始めたのでキャンプに戻りました。

移動から1分程度で到着。めっちゃ近いや~ん(笑)
スポンサーサイト

モンゴル編(第9話):荒れ狂うスケジュール

2007年08月30日 21:42

ゴビからキャンプに戻ってきました。

お次は「ラクダ乗り」・・・のはずでした。
しかし、7頭いるはずのラクダが2頭しかいないとのこと。

急遽、「ラクダ乗り」から「民家訪問」に変更。

実は、今回のツアー、予定変更の嵐です。
アナウンスのたびに、観光先、レストラン、
どんどこスケジュールが変わって行きます。

今回の添乗員の方、頻繁に電話連絡で
交渉で苦労されていました。

事件は現場で起きているんだ!
そんな状況でした。

ということで、民家のそばに、バスから降りたのですが、
オイラを含む数名、天候が怪しいことに気づきます。

mogole200702031.jpg


でも、ガイドさんは何も言いません。大丈夫かな~。

民家では、お父さんとお嬢さんが案内をしてくれます。

最初に、馬の乳搾りの見学です。
まず、子供の馬がお母さん馬から乳をもらい始めます。

mogole200702032.jpg


ある程度、飲んだところで・・・
子供を引き離し、横取りスタート(笑)

mogole200702033.jpg


こうして採れた馬の乳は、馬乳酒の原料となります。

mogole200702034.jpg


さて、料理はどこで作るかというと、
さすがにゲルの中ではなく、外で作るようですね。

mogole200702035.jpg


ゲルにはパラボラアンテナも装備しています。

でも、使い方が違う気がするのはオイラだけ?

mogole200702036.jpg


中は、オイラたちのゲルとはだいぶ様子が異なりますが、
とても綺麗にされてます。

大学に行かれたお嬢さんの写真なども飾ってあり、
幸せな家庭なんだなぁと、ほのぼのくん状態です。

mogole200702038.jpg


しかし、外は・・・ちょっと危険な状態になってきました。

今頃、ガイド君、天候が悪くなってきたことに気づきました。

mogole200702037.jpg


さぁ、ワンちゃん、君はそこで寝ていて大丈夫なのか?

つづく

モンゴル編(第8話):ゴビ

2007年08月29日 21:34

行き先はゴビでした。

我々はゴビ砂漠という名称で覚えていますが、

実際には、砂漠というより乾燥地帯で草がポツポツあります。

風紋が見られる砂丘地帯は、ごくわずからしいです。

正直、砂漠には飽きてるので、ノンビリしてたのですが・・・

mogole200702029.jpg


そんな中、我々は・・・恐るべき生命体に出会ったのである。

そう、光学迷彩装備の最強ぶたい。

ぶ~。

mogole200702030.jpg


さすがに驚きました。

豚って、砂漠でも生きていけるのか?

でも、飼い主らしき人が一緒でした(笑)

モンゴル編(第7話):お宿に到着

2007年08月28日 21:50

もういい加減、バスに飽き飽き。

と、ついに、看板が出てきました。

ここで、左折し奥の方にズンズンとバスが入っていきます。

mogole200702018.jpg


ふと気づいたら、そこは沢山のゲルがあるキャンプ。

mogole200702024.jpg


鍵をもらって、ゲルを探します。

あっ、ここがオイラの宿泊するゲルだ。

mogole200702025.jpg


といっても3名用なので、他の男性2名の方と相部屋です

mogole200702026.jpg


あぁ、くたびれたなり。

ベッドに横になって見上げると、ゲルの天井です。

ん~・・・傘みたい。

mogole200702027.jpg


ふと、中から外を見ると、とっても眩し~い。

mogole200702028.jpg


でも、のんびりする間もなく次のスケジュールが・・・

また・・・バスです。

モンゴル編(第6話):紳士淑女はお断り?

2007年08月27日 22:37

バスからの車窓・・・ほとんど変化なし。

こういう旅は珍しいです。

mogole200702019.jpg


たまに町がありますが、通過するのが大変です。
なぜなら、町の周囲に堤防らしきものがあるんです。

もともと道なき道を来ているので、
通れる箇所を探して、あちこちバスもウロウロ。

mogole200702015.jpg


川がほとんど存在しないため木が少ないのかもしれません。
たまに遭遇したと思うと、川の始まりか、終わりなのか。

なんにしろ貴重な水に、動物たちが集まっています。

mogole200702017.jpg


ということで、お待たせのおトイレタイム。
当然、バス内にはそんな設備はありません。
また、草原にドライブインなんて洒落た建物もありません。

ということで、太古の生活に戻りましょう。
男性はバス前方、女性はバス後方。

耐えられない紳士淑女はモンゴル旅行はお断り。

mogole200702021.jpg


草むらがあれば隠れられると思う方もいるかもしれません。
でも、そんな背が高い草は、めったにありません。

それに、そういう場所は危険なんですねぇ。

こちらは、実は、翌日になってガイドから説明があった草。

触れると・・・

電気ショック!


↓こんな通達も出ているぐらいです。
モンゴル:毒草ハルガイに注意

mogole200703023.jpg


実は、往路では皆、大丈夫だったようですが、
復路で、女性数名が触れてしまい、苦しんでおられました。

さらにセミの羽をなくし尻に棘をつけたような虫もいました。
挿された痛そうです・・・ということで、草むらは危険なり。

mogole200702020.jpg


やっとお昼です。といっても場所を借りるだけ。

mogole200702022.jpg


バスに積載されていた弁当が分配されました。
う~ん、フライドポテト大好き。

mogole200702023.jpg


ということで、秘境の旅は、それなりの覚悟が必要です。

モンゴル編(第5話):大草原を行く

2007年08月26日 21:45

バスが少々古くても、アスファルト舗装道ならば、
それなりに快適な状態で移動できます。

しかし・・・世の中、始まりがあれば終わりがある。

ついに、舗装道路とお別れ。

なぜなら、道が終わっているのである。

※正確には、ここまで道が完成している。

mogole200702009.jpg


ここからは・・・

大草原に突入!

一応、道らしきものが出来た状態にはなっていますが・・・

mogole200702010.jpg


大草原なので、どこから動物がやってくるかわからない。

mogole200702014.jpg


さらに、路面はこんな感じで、アップダウンも激しく・・・

結果的に、砂煙を立てながら並走レース状態!

mogole200702011.jpg


まさに、BGMは・・・

セガ・ラリー!

セガ・ラリーチャンピオンシップ イグニッション セガ・ラリーチャンピオンシップ イグニッション
ゲーム・ミュージック、高尾直樹 他 (1995/07/19)
ユーメックス

この商品の詳細を見る


ランクルなどの4駈と違って横転しやすいバス、
運転手は相当慎重にルートを選んで走行するので大変です。

車内の揺れも激しく、撮影が難しい状況でしたが、
今回は手ブレ防止レンズ付きの一眼レフ。
比較的、まともに写っています。

まずは、モンゴルといえば、大草原に似合うこの建物。
日本では、ゲルとかパオとか混在して呼ばれています。

実は、モンゴル語では「ゲル」と言います。
パオは実は中国語で、中国内の内モンゴルでの呼び方です。

mogole200702012.jpg


こちらは、大型のゲルを作っている途中でしょうか?

mogole200702013.jpg


↓日本でも入手可能なので、欲しい人はどうぞ(笑)

モンゴル移動式住居:ゲル(約3.2m)




移動は約8時間、まだまだ長い道のりです。

モンゴル編(第4話):大草原へ

2007年08月25日 23:55

モンゴル=大草原というイメージです。

ここで、大草原の意味を考えねばなりません。

ヒントはこの画像。

mogole200702005.jpg


わかりましたでしょうか。

大草原とは・・・

木がない


ということなんですね。

なので、他所から持ってくることになります。

そのため、木材の多くは・・・

シベリア超特急 スーパー・コレクターズ・エディション シベリア超特急 スーパー・コレクターズ・エディション
サントラ、油井昌由樹 他 (2002/11/20)
Project-T

この商品の詳細を見る


シベリアから届くものが多いようです。

さて、ウランバートルからちょっと離れると
たくさんの家畜たちと出会うようになります。

mogole200702006.jpg


家畜を飼うためか、塀で囲まれている家が多いです。

材木は少ないのにね。

mogole200702007.jpg


道沿いのこのようなモノがよくあります。

巡礼のためでしょうか?

mogole200702008.jpg


さて、この後、モンゴルならではの体験に突入です。

モンゴル編(第3話):ウランバートル市内

2007年08月24日 23:14

さて、今回、宿泊した「ウランバートルホテル」には
司馬遼太郎氏が1973年のモンゴル紀行にて宿泊しています。

老舗ということで・・・古いんだ(笑)

mogole200702001.jpg


ロシアとの関連が深かった時代の名残の1つとして、
ホテル前の公園には、レーニン像がたっていました。

下から見上げる像というのは、ご本人はどうなんでしょうか?

オイラなら・・・鼻の穴が目立つからやだ。

mogole200702002.jpg


さて、時間になったので出発です。

ウランバートル、結構、都会なんです。

結構、車で混雑しており、高額車もたくさん走っています。

mogole200702003.jpg


で、車窓を楽しんでいたら・・・

あれ? 今の景色、何か違和感を感じた・・・

慌てて、写真を撮影したのでピンボケですが・・・

これ・・・


宮型霊柩車?


mogole200702004.jpg


ガイドに聞いたところ、火葬をする人も増えてきたそうです。

・・・って、違うよ。

葬式方法も興味はあるけど、今は霊柩車の話だって。

残念ながら、「わからない」との回答でした。

ということで、帰国後に調べたところ↓情報を発見。
モンゴル霊柩車寄贈

やはり、日本製の霊柩車だったんだ。

モンゴル編(第2話):ウランバートルへ

2007年08月23日 22:17

しばらく待たされましたが、結局、
前方大型スクリーン故障の復旧を諦めたようです。

映画を見えないのかと思ったら、
座席前の小型モニターは問題なし。
さらに、このJAL、オンデマンドシステム搭載。

前方大型スクリーンシステムが作動しないせいか、
席に座ったときから、映画を呼び出すことができました。

これまで、旅行にノイズキャンセリングヘッドフォンとして

QuietComfort2を持参しましたが、
今回、小型のQuietComfort3に変更しました。
このあたりは、また後日、レポートします。

最初に「スパイダーマン3」を観ましたが、
う~ん、おこちゃま向けの映画だな。つまらん。

次に選択したのが・・・





あはははははははは!

京都文化に対して失礼な気もする映画ですが・・・
娯楽映画として、大爆笑してしまいました。
オイラもお茶屋遊び、体験してみたいな~。

ただ、時間切れでウランバートルに到着してしまいました。
さすが直行便。わずか4時間弱で到着です。

帰りのフライトで、映画の続きを見ることにします。
オンデマンドシステム、早送りもできるから便利ね。

mogole200701007.jpg


さて、バスに乗りました。

ただいま何時? えっ?21時?

えらい、明るいなぁ。

mogole200701008.jpg


とはいえ、さすがにホテルに着いたら真っ暗。

町を散策する気力もないので、お部屋に行きます。

あれ? 挿すところがないぞ?

今回はタッチタイプのカードキーでした。

mogole200701009.jpg


いつものことですが・・・

一人なのに、この部屋、もったいないなぁ。

mogole200701010.jpg


ということで、翌日の準備をして、初日が終わりました。

就寝。

モンゴル編(第1話):モンゴル旅行開始

2007年08月22日 23:31

ワクワクドキドキの大温泉旅行を企画したのである
2007年5月17日のblog

しかし、一ヵ月後には黄色信号が・・・
2007年6月18日のblog

そして、最後の赤信号がファイヤー!
2007年7月19日のblog

ということで、残念ながら、大温泉ツアーは消滅。

それでも32ヶ国目としての訪問します。

蒼き狼の国、モンゴル

大草原で燃やせコスモ!

ということで、まず地図を更新しておきましょう。

訪問前

mogole200701001.gif


訪問後

mogole200701002.gif


ボチボチと色を塗れました。万歳。

チンギスハンもこんな風に地図を見てたのでしょうか?

なお、モンゴル入国にはビザが必要ですが、
「在名古屋モンゴル国名誉領事館」にて取得できます。




それでは、モンゴル旅行編スタート。

旅立つ前に、美味しい食事を取らねばなりません。
いつ事故にあってもおかしくないからねぇ。

今回は店頭のアイドルにひかれて決定です。

いらっしゃ~い♪

mogole200701004.jpg


そう、今回は「天むす」にしました。

さて、↓にて「赤だしが飲みたい」と書いたのですが・・・
http://hamachan.blog7.fc2.com/blog-date-20070728.html

あれ? セントレア店では選べるの?

mogole200701006.jpg


ちょっとバラバラでしたが、まぁ、満足。

mogole200701003.jpg


あ~あ~あ~。本日は快晴なり。

mogole200701005.jpg


ピンポ~ン

機内エンターテーメントシステムの故障により、
モンゴル行きの搭乗開始時刻が少し遅れます・・・

ありゃりゃ、いきなりトラブルですかぁ(汗)

おいしいカステラ食べたいな~

2007年08月19日 23:32

無性にカステラが食べたいオイラであります。

徒歩圏内「いろは本店」がおいしいという情報を
sakaeさんのblogにて知りました。

「ちくさ正文館」にて本を買いに行く予定だったので、
そのまま書籍購入後、てくてく、お店に向かいました。

しかし・・・荷物をもって徒歩で移動は暑いのなんの。
本屋立寄りは・・・帰り道にすべきであった。反省。

20070819iroha01.jpg


さて、買ってきたのはご自宅用半分パック。

20070819iroha02.jpg


さっそく、家族で4等分しました。

20070819iroha04.jpg


うぬ。カステラにはザラメ糖だよね。

20070819iroha03.jpg


牛乳を飲みながら、美味しくいただきました。

食べた後、母と姉に値段当てクイズ。
1,000円と850円という回答でした。

実際は500円なので、美味しく、お値打ちという評価に。
きっと、また近いうちに買いに立ち寄ることでしょう。

ところで、オイラ、カステラを作ったことはありません。
なので、製法を↓の砂屋のサイトで見ていました。
http://www.castella.co.jp/castella/castell3.shtml

え~、思ったこと・・・それは・・・

出来立てホカホカを食べた~い!

むむむ、長崎までカステラ工場の見学に行くか(笑)

伝統工芸:豆腐すくい製作

2007年08月18日 21:53

日本人としても、エンジニア教育に関与する立場としても、
伝統工芸に触れることは、価値ある体験だと思います。
技術・技能伝承の現場の悩みもヒアリングできますしね。

そこで、今回は「豆腐すくい」の製作体験に出かけました。

場所は京都の金網細工の「金網つじ」。
店主の辻賢一さんから直接ご指導を賜りました。

2007081801.jpg


商品の陳列棚の隣の部屋が工房です。

2007081811.jpg


さて、こちらが販売されている製品です。

商品は10本組ですが、体験で製作する豆腐すくいは、
難易度を下げた8本組のモノとなります。

このような六角形が整然と並んだハニカム構造が理想です。

手先が不器用なオイラ、どこまで近づけるか不安ですが、
To Beモデルをイメージして作業することが重要です。

2007081813.jpg


机上に垂直に立てられた作業台に対して、
真向かいになるよう座ります。

2本の針金をねじってキッチリ結合させ、
それを120度に開くことを繰り返して製作します。

そのために、適切な針金のもち方とねじりを
作業台の左側でしばらく練習をします。

2007081802.jpg


ある程度慣れたところで、本番に入ります。

最初の針金を取り付けたところです。

2007081803.jpg


4本目までは辻さんがお手本をみせてくれました。

その動作を横で見ながら、同様に手を動かして、
イメージトレーニングを行います。

2007081804.jpg


さて、ここからは実際にオイラが作業開始。

最初に組んだ5本目と6本目の結合に注目。

一番最初に行った箇所で、ここが大きく乱れています。
この歪みが他の箇所に伝播してしまっています。

2007081805.jpg


その後、ちょっとコツがつかめてきました。

自分なりにリカバリーしようと努力した結果がこの状態。

2007081806.jpg


組み終わったので、辻さんに微調整していただきます。

2007081807.jpg


その後、フレームに綺麗にとりつけていただきました。

2007081808.jpg


ということで・・・

豆腐すくい完成!


2007081809.jpg


後日、比較するための対象として、
もう少し意匠的な製品を1つ購入いたしました。
密度の高い幾何学模様が美しいですね。

自分で製作を体験し、素晴らしい製品と比較することで、
技術・技能や製品の素晴らしさを感じる知覚が身につきます。

ということで・・・自分の出来栄えをみるとへこみます(笑)

2007081810.jpg


せっかく訪問したので、以前から欲しかった
セラミック付き焼き網(小)を1つ購入しました。

トーストや餅が美味しく焼けることでしょう。

2007081812.jpg


製作体験後、製品や技術の特徴の説明
技術・技能伝承の問題やその取り組みの状況、
金網細工の作品を見せていただくなど勉強になりました。

お忙しい中、時間を割いていただき、
辻さん、本当にありがとうございました。

作ってみたい方は↓から製作体験の申し込みができます。
http://www.kanaamitsuji.com/tenpo/index.html

鬼まん

2007年08月17日 14:54

本日早朝、無事に帰国いたしまして・・・

暑いんじゃ~!

で、エアコンをかけると・・・

寒いんじゃ~!

なかなか、快適な生活空間にはなりませぬ。

ということで、写真の整理を始めました。
モンゴル旅行記、来週からボチボチ開始する予定です。
早くまとめないと忘れちゃうからね。




今日は出国前に買ったお供えを紹介します。

名古屋名物「鬼まんじゅう」、略して「鬼まん」です。
我が家で「鬼まん」と言えば覚王山の梅花堂さん。
おばあちゃん、これが大好きだったんですわ。

理由は知りませんが、旧店舗から新店舗になった際、
場所が道路の反対側になり、少し末盛よりに移動しました。

オープンだった旧店舗の雰囲気が好きだったのですが、
エアコンも効かないし、こういう近代化?も仕方ないね。

2007081701.jpg


出国前日で仕事や家の手伝いで忙しく、
買いに行くのが昼過ぎになってしまいました。

モンゴル旅行の荷物の準備も
当日の朝に詰め込むぐらいの余裕しかなかったのです。

鬼まん、すぐに売り切れちゃうので心配だったのですが、
6個セットが3つほど残っていたのでギリギリセーフ。
1つ120円でセット720円。相変わらずお値打ちです。

2007081702.jpg


「鬼まん」の原材料はこのようにとってもシンプル。

2007081703.jpg


ほどよい甘さのさつま芋&モッチリ感を味わえます。

名古屋にお寄りの際は、是非、おひとつどうぞ。

書いていたらお腹がすいてきたなぁ。

美味しいカステラを食べたくなってきた(汗)

もも・・・好きです(3)

2007年08月12日 23:43

あまりに暑いので、カキ氷を食べたくなったでござ~る。

2007081201.jpg


13時だったので、列は少しだけ。
本を読んで10分ほど待ちました。

さすが、岡田さん。なかなか面白い分析でした。

「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書 61) 「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書 61)
岡田 斗司夫 (2007/06)
筑摩書房

この商品の詳細を見る


さて、至福のひと時。

注文したのは、もちろんピーチ。

氷を食べてフルーツを感じるというのは凄いねぇ。

あぁ、まさしく桃だよ。おいし~い。

これが500円で食べれるのだから嬉しいでござる。

フラッシュありで撮影すると、氷らしくなります。

2007081202.jpg


フラッシュなしで撮影すると、あま~い感じに。

2007081203.jpg


どっちの方がカキ氷らしい写真でしょうか?

さて、明日から、しばらくblogはお休みします。

実は、今日のblogはタイマー投稿です。
今頃、オイラ、避暑のため、モンゴルに到着してる頃です。

帰国次第、blogはモンゴル旅行記になります。

ティラミスと北極グマ

2007年08月11日 23:55

甘いものシリーズ継続中です。

sakaeさんのblogを見て、買い物ついでにハーゲンダッツへティラミスを食べに。

2007081101.jpg


いつでも、どこでも、黙々と食べてくるのであります。

モンゴルにも、アイスはあるのかな~。

ティラミス満喫後、お目当ての北極グマを探しにトップカメラへ。

発見しました。「北極グマワッペン」



実はプライマスAWについているワッペンです。



これは、ロープロ40周年記念モデルで限定販売されているナップで、
「ホッキョクグマ生態保護キャンペーン」に協力しているのです。
http://www.polarbearsinternational.org/

バックの下側がカメラ用のスペースになっていて、
横のジッパを開けるとカメラだけ取り出すことができます。

オイラが買ったのは黒だけど、
同じタイプの青の詳細が↓画像でわかると思います。



気になったら、早く買ったほうがいいかもね。

↓デジカメWATCHに紹介記事があります。
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/item/2007/07/10/6602.html

甘味処:あんみつ みはし

2007年08月10日 20:35

珈琲シリーズがいつの間にか甘いものシリーズに。

さて、休日に上野に行くと、たくさん歩きます。
美術館、博物館、みんな広いですから。

その結果・・・冷たいものが食べたくな~る。
で・・・立ち寄る場所。

あんみつ みはし

2007080501.jpg


定番の白玉クリームあんみつ。

この日はクリーム、崩れすぎて美しくな~い。

2007080502.jpg


しかし、夏なのに・・・海も花火も見てない。

線香花火を買ってきて、庭で楽しむかなぁ。

もも・・・好きです(2)

2007年08月09日 23:37

ひかり号さんのblogで教えてもらったキハチアイス

栄に立ち寄った際、三越地下を探索して発見。

この場所、知らないと気づかんね~。

ということで・・・

桃+濃厚牛乳

2007080901.jpg


ん~、もも、美味しいや。

でも、まわりからジロジロ見られてました。

男一人、幸せそうにアイス食べてるって珍しいですか?

もも・・・好きです(1)

2007年08月08日 23:10

あぁ、もう嫌。

こんな状態が続くと、精神的にまいってしまいます。

既におかしくなってしまっている気もするこの頃。

美味しく甘いものでリカバリーしないとピンチです。

ということで、もも、ラブリー♪

2007080801.jpg


でも、ただの桃ではありません。

実はフルーツのさっぱりしたお菓子。

まるごとピーチ


む~む~む~。

幸せなひと時でした。

2007080802.jpg


ん~と、↓のお店で売ってます。
http://www.buromori.com/main-new.html

アヒルのめろんちゃんにもう会えないのが寂しい・・・。

まるごとピーチ、期間限定品なので食べたい人はお早めに。

オイラも、もう1個、食べたいなり~。

太く長く重くなりました。

2007年08月07日 23:28

シグマのCANON EOS Kiss Degital N用の
手ぶれ防止付きズームレンズが到着しました。

これまで愛用の手ぶれ防止無しタイプと比較してみると、
カタログスペックで感じてた以上に大きいです。

2007080702.jpg


フィルター径が62mmから72mmになったので、
DHGスーパーレンズプロテクトを買ってきましたが、
径が大きくなると、価格も上がります・・・。

プロテクトフィルター1枚で売値5,000円オーバー。
仕方がなく買いましたが、ちょっと財政的に痛いです。

さらに、長さも重さもど~んと増えました。

同じ18mm~200mmズームでこんなに違います。
手ブレ防止の機構上、仕方ないのですけど・・・。

2007080701.jpg


ということで、数日前からテスト中。

手ブレ防止で良い風景が撮影できますように。

健康は足から

2007年08月06日 23:03

先日、姉を「日帰り温泉に行こう」と誘い、
途中で、ちょっと用があるからと靴屋に寄りました。
快足楽歩カンパニー (株)おさだ ウイズ店

2007080602.jpg


そこで、まずオイラ自身のMBT Sport Blackのソール修理。
このように修理してもらったのを引き取りました。

2007080601.jpg


その後、姉もマスターシューフィッターのおさださんに
足を見てもらって、靴をいくつか出してもらいました。

通勤に優しい靴を選んだらと言って決まった後、
「じゃ、それ、オイラからの転職祝いね」とプレゼント。

32,000円がピヨピヨピヨと飛んでいきましたが、
姉は喜んでくれました。通勤でガンガン使ってね。

さらに、オイラも2足ほど靴を新調しました。



(1)職場用のサンダル

修理した靴同様、MBTのサンダルです。

\28,350円とサンダルとしては結構なお値段ですが、
健康維持を考えれば安いものです。
2007080604.jpg


(2)スーツ用の靴

出張で結構歩くときのための靴です。なかなか快適。
2007080603.jpg





そうそう、お腹まわりに効果的な歩行を教えてもらいました。

「トロッティング」しながら、左右の肩を交互に上下。

これは・・・

効くぅ!

なかなか激しいです。お試しアレ。

ナスカ展

2007年08月05日 22:16

今日は・・・いろいろあって・・・

まだ・・・書けません・・・

ということで、それはまた後日。

まったく関係ないネタを書いておきます。




ナスカの地上絵は現地でなんとか観光できましたが・・・



↓それ以外、ナスカ文化の観光ってなかった。
http://hamachan.blog7.fc2.com/category24-67.html

なので、↓を楽しみにしてたのですが・・・
世界遺産 ナスカ展

あれ?

名古屋・・・来ないの?

あら~。

9月末までにまた京都に行かないといけません。

喫茶:平岡珈琲店(大阪)

2007年08月04日 13:46

オイラ、ぷらっと立ち寄るお店があります。

それは・・・大阪の平岡珈琲店
http://www.hiraoka-coffee.com/

スタコラサッサ~。

2007080301.jpg


店内は、昔ながらの珈琲店。

まったりしてて、いい感じ。

壁面を使った写真展もやってるので、
珈琲を飲みながら、のほほんと鑑賞できます。

2007080302.jpg


でも、一番の楽しみは・・・

親父さんの作る・・・

激旨ドーナツ!


2007080303.jpg


こんな風に1つずつ作ってくれます。

2007080304.jpg


そして、出来立てホヤホヤを提供してくれます。

2007080305.jpg


甘さ控えめで、ホクホク。

もう、オイラ・・・

幸せ満喫♪

2007080306.jpg


日曜・祭日はお休みなので、土曜にしか行けないのだ。

2007080307.jpg


自分でもドーナツ、作ってみようかなぁ。

喫茶:イノダコーヒ(京都)

2007年08月02日 22:16

京都で朝から、しっかり朝食をとりたい場合・・・

定番なのが、イノダコーヒの「京の朝食」セット。

http://www.inoda-coffee.co.jp/

ここが本店です。なかなか渋い建物です。

2007080201.jpg


なぜ、コーヒーでなく、コーヒなのか?
なぜ、コーヒの基本がミルクと砂糖入りなのか?

考えてみると、不思議ちゃんなお店ですが、
そういう時代だったのでしょう。

なんにしろ、のんびり朝食とコーヒを飲める
オイラ、結構好きな場所です。

2007080202.jpg


頻繁に使えるほど・・・安くないけどね(笑)

喫茶:PRONTO(プロント)

2007年08月01日 23:16

喫茶店ネタを数日書きます。
理由は先日TVで「一宮モーニング探検隊」を報道してたから。
http://www.ichinomiya-cci.or.jp/morning/

といっても、モーニングハンターになるわけではありません。
そもそも、モーニングという文化はローカルだしねぇ。



そこで、今日は関東圏でも通用する「プロント」さんです。

東京の喫茶店は、モーニングがないし、珈琲一杯も高い。
だから、朝、喫茶店に入ることを躊躇しちゃいます。
しかし、新宿でここを見つけてから一安心。

20070801.jpg


珈琲に、トースト、卵、サラダがついて・・・

Aセット380円!


これはお出かけ時の朝食として、ありがたい。

結構、全国展開してるみたいで、
名古屋にも伏見に1軒ありました。

http://www.pronto.co.jp/pronto/shop/

お出かけの際は、宿の近場にないかチェックするオイラです。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。