スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13話:ケロアン観光(1)

2007年03月30日 22:42

さて、ケロアンに到着。

明日の観光予定の場所を先に行くことに。

アグラブ朝の貯水池だそうです。

20070305037.jpg


またカメラ代に1ディナールだって。

でも、ケロアンは1回払えば、他の施設もOKだって。

ということで、屋上に上がって、左を見て・・・

20070305038.jpg


右を見ます。うん。大きな貯水池。

修復された姿とは言え、たいしたもんです。

でも、上から見ただけでおしまい。

なんじゃ、そりゃ。

20070305039.jpg


次はシディ・サハブ霊廟。

20070305040.jpg


ここはモハメッドの同志が眠る場所。

20070305041.jpg


非常に色彩的に美しい霊廟です。

見てもらった方が話が早いので写真を数枚。

20070305042.jpg


20070305043.jpg


20070305044.jpg


20070305045.jpg


美しい建物ですが、旅行記としてのコメントは難しいね。

次回は、スークです。
スポンサーサイト

第12話:ケロアンへ移動(2)

2007年03月29日 21:43

まだまだ走ります。

チュニジアではroundaboutの中心に
モニュメントが配置されていることが多かったです。

で、このモニュメント、何の類の車両だろう?

20070305032.jpg


あるところには巨大なダムが。

全然、水なんてないじゃん・・・と思ったら

20070305031.jpg


水があるところにはあるんですな。

20070305036.jpg


自動水撒き装置も稼動しています。

20070305033.jpg


そんな景色の中に・・・

コウノトリ?

20070305035.jpg


もちろん・・・停車してくれません。

なんとか綺麗に撮れた1枚です。

クチバシが赤いので、ニホンコウノトリでなく、
シュバシコウでしょうね。

これが赤ちゃんを運んでくるんですな。

20070305034.jpg

第11話:ケロアンへ移動(1)

2007年03月28日 23:37

今夜はご機嫌です(笑)

地球ドラマチック「ロボ・ネッシー浮上せよ」が面白かった。
来週から2週の「失われた古代都市」も楽しみなり。

花粉症も少し落ち着き、体調も良くなってきたので、
その後、久しぶりにジムに行ったのであります。

水中ウォーキング(45分)とアクアダンス(45分)

みっちり90分運動してきましたが、
いや~、気持ちよかった。
いろいろとひっかかっていた問題の解決策も思いついたし。

やっぱり、何かを邪魔されずに考える時間って大事なのだ。




ということで、今回はバスからの風景です。

これは乾燥させているのでしょうか?
なんか中途半端ですな。

20070305024.jpg


動物たちに阻まれて立ち往生。

20070305025.jpg


それでも、可愛らしいのです。

20070305026.jpg


こちらの建物はレンガを積むだけ。
あとは白く塗っておしまい。

地震があったら大変です。

20070305027.jpg


こちらに来てから、子供の手を引くお母さんは初めて見た。

20070305028.jpg


駐車場で動物が食事中。

不思議な風景なんですが、違和感を感じないんです。

20070305029.jpg


1本道のアップダウンが続きます。

20070305030.jpg


次回も風景が続きます。

第10話:世界遺産ドゥッガの遺跡

2007年03月27日 21:50

それでは観光をはじめましょう。

20070305009.jpg


まずは男女共用のおトイレ。

20070305010.jpg


ここに座って用を足します。

足元を流れる水をすくってお尻を洗ったそうです。

20070305011.jpg


次はトリフォリウム(クローバー)の家。

20070305012.jpg


ここはローマ時代の売春宿です。

20070305013.jpg


ということで、少し離れた所に男性のシンボルマークで、

「お店はアッチ」と残されていました。

20070305014.jpg


床にはモザイク画が結構残っていますが、
乾燥しているので色がわかりづらいです。

水をかけて撮影した方が良かったことに後から気づきました。

20070305021.jpg


いや~、景色がいいなぁ。

20070305015.jpg


お天気が良すぎて、ロバにとっては暑いようです。

20070305016.jpg


結構、建物がしっかり残っているんです。

20070305022.jpg


このとおり、石畳の道もしっかり。

20070305023.jpg


さて、あちらに神殿が見えます。

20070305017.jpg


ユピテル(ジュピター)、ユノー(ジュノー)、ミネルヴァの
3神を祭る神殿です。

コリント式の円柱がしっかりと残っています。

20070305020.jpg


薄く見えますが、実際の厚さはどのくらいなんだろう?

20070305018.jpg


ローマ遺跡なので、当然、劇場もあります。

20070305019.jpg


ということで、チュニジアにおいて、規模、保存状態では、
最良の状態の遺跡の1つでした。

第9話:ドゥッガへ

2007年03月26日 22:47

今日は回転寿司ネタのつもりで夕食したのですが、
イマイチだったので中止して、旅行記を続けます。




といっても、車窓からの景色のみです。

20070305005.jpg


このあたりは南スペインのアンダルシア地方みたいな景色。

20070305006.jpg


向こうの方に柱が見えてきました。

あれが目的地のドゥッガです。

20070305007.jpg


あれ? 

電線が切れており、鳥が巣を作っていました。

20070305008.jpg


ということで、次回はローマ・ビザンテイン複合遺跡です。

さて、auの機種選定を進めなくちゃ。

第8話:2日目~3日目

2007年03月25日 21:22

昼食では疲れてたのでビールを飲む気はなかったのですが、
同じツアーの方がグラスに少し注いでくれました。

20070304031.jpg


銘柄は「セルティア」というチュニジアのビールでした。

20070304032.jpg


前菜で野菜をとった後・・・

20070304033.jpg


大マグロの**と聞いていたのですが・・・

どこが?

添乗員が勘違いしていたようです。

20070304034.jpg


さて、デザートにほとんどこれが出てきます。

今回の旅で、この系統のデザートは
ナイフで切って食べた方が楽だと実感しました。

20070304035.jpg


ランチ後、2時すぎにはホテルへ直行です。

さらに、曜日の関係で周辺のお店もすぐ閉まっちゃうらしい。
だったら、もっとゆっくり世界遺産を観光させてくれぃ。

20070304036.jpg


と、文句を言いながらも、お部屋に入ります。

部屋はチュニジアらしく青で統一。

20070304037.jpg


シャワーを浴びて、持参した研究書籍を読んでました。

夜と朝はホテルで食事なので写真カット。

さて、翌日からバスでチュニジアの周遊観光です。

実は深夜に洗濯をしたのですが乾きませんでした。
仕方がないので洗濯ネットに入れてバス内に持ち込みます。

20070305001.jpg


景色を見ていると・・・

20070305002.jpg


ピンク色っぽいですね。

20070305003.jpg


この大群はもちろん・・・

フラミンゴ!

20070305004.jpg


いつものツアーなら「バスを停めて5分ほど撮影しましょう」
と、添乗員が気を利かせてくれるのですが・・・素通り。

これが今回の最終観光地の世界遺産で、
参加者全員のガッカリ感を増幅させる伏線になります。

ということで、今回のツアーでフラミンゴを撮影できたのは、
望遠ズームのデジタル一眼レフだったオイラだけでした。

肉眼で見えればいいという人もいるけど、
バスから遠いので、こんな風に肉眼では見えないんです。

いや~、もったいないよね~。

第7話:シディ・ブ・サイド

2007年03月24日 09:12

次年度の研究や講義関連の準備に追われています。

今日は卒業式と謝恩会。

いや~もう春ですな。

昨夜、職場の歓送会の後、鶴舞公園を通ったのですが、
大勢の方が寒い中、花見宴会をしていました。

あれ? 桜って咲いてたっけ?

まぁ、いいや。オイラにゃ関係ない。

そうそう、先週、最新カーナビデータに書き換えました。

HCE-R004

メーカーにHDDを外して送って書き換える仕組みです。
結構面倒ですが、1年前の2006年3月データになりました。

これで、ナビ頼りでも新しい高速道路が利用できます。

花粉は嫌だけど、ドライブはしたいからね~。

ということで・・・本日は・・・

タイヤ入替日!

スタッドレスタイヤとも、しばらくお別れ。

次は、どこの温泉に行こうかな~。




ということで、今日はドライブをしたくなる景色。

シディ・ブ・サイド。

チュニジアで最も美しいと言われている町だそうです。

20070304027.jpg


真っ白な壁にチュニジアンブルー。

天気もいいので、とってもビューティフル♪

20070304021.jpg


行き先は、世界で最古のカフェ「カフェ・デ・ナット」。

20070304022.jpg


階段を登った後、後ろを見てみると・・・

ん~、思ったより景色イマイチでござ~る。

20070304023.jpg


中に入ると・・・真っ暗。

室外の陽と室内の陰、地中海地方の特徴ですな。

20070304024.jpg


そこで、フラッシュを使って撮影です。

赤と緑の柱が・・・床屋っぽいです。

20070304025.jpg


さて、お茶を飲みましょう。

ただいま準備中。

20070304026.jpg


それではいただきましょう。

20070304028.jpg


ここはゴザの上に座って飲むスタイルです。

ごくごく・・・うっげ。

あま~いミントティーでした。

20070304029.jpg


この後、昼食ということで、すぐに移動。

ここでの自由時間もほとんどなし。

む~む~む~、初日から不満いっぱい。

第6話:カルタゴ

2007年03月22日 20:45

ただいま黄金伝説を見ていて・・・

のび太くんのパパ、設定その1では・・・

なんと・・・

36歳!

うわぁ・・・ショック~。




まぁ、いいや。旅行記の続き。

カルタゴは海軍王国。

ため池みたいなこの場所に200隻を超える軍艦が。

こういう場所にはイメージ図を置いて欲しいですなぁ。

20070304012.jpg


現地でこういうのと見比べられる方が興味を持てるよね。

20070304018.jpg


次はアントニウスの共同浴場。

20070304013.jpg


こっちはイメージ図がありました。

想像力が乏しいオイラには、こういうモノが必要です。

20070304019.jpg


ほえほえ。

20070304014.jpg


でも、一番興味をもったのはこれ。

のび太の恐竜のたまご・・・嘘ぴょん。

大砲の玉ですな。

20070304020.jpg


円形闘技場に行って・・・

20070304015.jpg


野外劇場にも。

20070304016.jpg


この後、ビュルサの丘にあるカルタゴ美術館へ。

お隣にはサン・ルイ教会がありました。

ここが上に示したカルタゴ全景の中心部です。

20070304017.jpg


飛行機で移動してすぐだったので、ちと疲れました。

みんな、オイラに元気をわけてくれ~。

元気玉!


20070304006.jpg


旅行前日に横浜で友人から2枚いただいた元気サブレ。

おいしゅうございました。

↓楽天で売ってました。有名みたいね。

第5話:トフェの墓

2007年03月21日 17:52

入場料を取られる最初の観光スポットが「トフェの墓」

20070304007.jpg


入場料はツアー代金に含まれてます。

しかし、別途、各自で写真代を支払わねばなりません。

全部で30ドルしか現地通貨に両替しなかったので、
1箇所ごとに1ディナールを消費するのはかなり痛い。

とりあえず、入口の横で1枚パチリ。

う~ん、空が青いね。

20070304008.jpg


さて、ローマに滅ぼされる前のカルタゴでは、
幼児の首を切り、火の中へ投げ入れて神様に捧げる
生贄の習慣があったらしい。

なので、このように小さなお墓がいっぱい。

20070304009.jpg


フェニキア人の信仰したタニト神が彫られています。

20070304010.jpg


タニト神のイメージはこんな感じ。

パワーポイントでサクッと書いただけですが、
お墓のどの部分かはわかるよね。

20070304011.jpg


説明もあまりなく、あっという間に移動するそうです。

えぇ?


確かにお墓しかないけどさ・・・もう少しじっくり見せてよ。
1ディナール払ったんだし。

ローマに征服される前のカルタゴの数少ない旧跡なんだよ。

実は今回のチュニジア旅行、万事がこの調子。
肝心の観光の時間が短く、説明もほとんどされません。

今回の会社が主催するツアーは今後パスします(汗)

第4話:実は・・・

2007年03月20日 21:00

さて、前回の日記のネタはこれでした。

これはチェニス市内にあるホテルなんです。

20070304002.jpg


で、このホテルは↓のおうちのモデルと言われています。



う~ん、リアルな画像がないからレゴ版で。
雰囲気だけでもわかるかな。

そう、ジャワのサンドクローラーのデザインでした。



ということで、スターウォーズの惑星タトゥーウィンの撮影は、
チュニジアで行われました。

南にTataouine(タタウィン)という地名もあります。

スターウォーズ30周年万歳!

ということで、今回はジェダイへの修行が目的でした。

えっ? もう年をとりすぎているって・・・ぐすん。

まぁ、いいや。

最初はザクーアンのローマ水道橋へ。

20070304003.jpg


さすが、ローマ。どこに行っても同じです。

・・・もはやローマ遺跡では感激できないオイラ。

サクッと飛ばします。

こちらはチュニス市内で建築中の橋脚。

20070304004.jpg


ところで、ここはどこだっけ。

20070304005.jpg


ちゃんと確認しろってさ。

第3話:チュニジアへ行った理由

2007年03月19日 21:27

今回、なぜチュニジアへ旅立ったのか。

修行に出かけたのです。

ということで、空港から市内に関連施設を発見。

バスの中から撮影しておきました。

20070304001.jpg


この逆台形の船みたいな建物がポイントです。

20070304002.jpg


さて、これで何かわかったら・・・あなた・・オタクです。

第2話:ない、ない、ない。色々ない。

2007年03月18日 14:29

今回のカタール航空です。
評価が高いエアラインです。
たしかに、シートは少し広め。

その影響かエコノミーは最後部にしかトイレが「ない」。

さらに、食事サービスをしている時間は
通路が狭いので、トイレに前の方の人間はいけ「ない」。

これはひどい設計。
お腹が弱いオイラには致命的。

映画はオンデマンド。機材は結構、新しいのね。

でも、コントローラの操作体系。
上下左右、割り当てめちゃくだし、
日本に乗り入れしておきながら、
日本語吹替or字幕の映画が今回一本も「ない」。

う~む。カタール、イマイチじゃん。

20070303011.jpg


経由地はカタールのドーハです。

「ドーハの悲劇」な場所らしいですが、
スポーツ観戦には興味がないのでどうでもいい。

水だけ買って、時間つぶし。

20070303012.jpg


さて、チュニス行きの機体に乗ります。
バスで飛行機まで移動して、さっさとおやすみ。

ぐ~。





起きました。

どのくらい飛んだかな?

あれ・・・まだ地上じゃん。

隣にいた同じツアーの男性に聞きました。

えっ? 同じく、同じツアーのご婦人のパスポートが・・・

ない~?

お客の一人が搭乗でのパスポート&搭乗券チェック後、
パスポートが行方不明で大騒ぎ。

そのため、飛んでいないらしい。

日本人以外、理由がわからんまま、待たされてます。

大使館送りかねぇ。

でも、日本は出国済み。目的地のチュニジアは未入国。
ここは単なる乗り継ぎ地のカタール。
添乗員は1名。さて、どうなるんだ?

ターミナルという映画を思い出しました。

20070303013.jpg


だいぶ時間がたった後、警備の方が入ってきました。

考えられるのは、バスの中で盗まれたか、落としたか。
でも、あまり考えられない。

調査のため、その方が呼び出され飛行機の前の方に移動。

すると、お隣に座っていた友人の方が・・・

「**さ~ん、席の上に落ちてたわよ~」

・・・おぃ。

これだけフライトを遅らせても、
自分で立ってお尻の下すら調べなかったんかい!

でも、見つかってよかったね。

ということで、1名途中脱落することなく、
皆で無事にチュニスに到着できました。

いや~、90分ほど到着が遅れたので、
すっかり朝日がでてくる時間帯に。

20070303014.jpg


ということで、初日からチュニス観光です。

20070303016.jpg


いろんな意味で、すでにぐったりです。

第1話:チュニジア旅行開始

2007年03月17日 11:15

今日は温泉に行こうと思ったのですが、
昨夜、愛車のバッテリーがあがっていてエンジンが・・・

今日は目がとっても痒いし、風邪気味なので外出中止。

バッテリー充電は、日曜の夜にすることにして、
今日は日記を書いてから、資料を読むことにします。




この日、新横浜にいました。

20070303001.jpg


というのは・・・羽田集合のツアーだったから、
東京よりも便がいいと判断。

バスで羽田へ向かいます。

20070303002.jpg


実は生まれて初めて羽田空港内に来ました。

記念にソフトクリームを食べます。

20070303003.jpg


次にお昼を食べましょう。

20070303004.jpg


むむ・・・あんまり美味しくない。

20070303005.jpg


食べたら眠くなってきました。

せっかくなのでラウンジで一眠り。

20070303006.jpg


さて、搭乗の時間が近づいてきました。

実はこのツアー羽田集合、関空出国なんです。

にゃごや在住のオイラ、関空合流を希望したのですが、
羽田で合流しないとダメだって。

お金がもったいな~い。

20070303007.jpg


関空までは全日空の機体です。

機内で期間限定メニューがありました。

でこぽん。

20070303008.jpg


当然、こんな感じです。

20070303009.jpg


関空に到着。

なんと出発時間が10分早まっています。

珍しい。

さて、ツアーは25名と結構な人数です。

添乗員から乗り継ぎ以後の発券手続きに時間がかかるので、
先に荷物検査と出国手続きに行くよう指示がありました。

20070303010.jpg


ほいほい。

この後、荷物検査の列に並ぶために移動していたとき
グランドクルーの女性とすれ違う際に

えっ?

と言われました。

にゃ? 関空に知り合いいないけど。

実は・・・彼女の心の声

「うげ!あのフライト、まだ並んでいる客がいるの!」

実は日本からも液体の機内持ち込み制限が厳しくなり、
荷物検査に時間がかかっているのです。

ということで、急遽、別ルートから荷物検査することに。

グランドクルーも大変あせっておられる様子。
「ちっ・・・」

気持ちはわかりますが、客の前で眉間にしわ寄せて
そんなことを言ってはいけません。
美人さん台無しです。

その後、カタール航空に乗りましたが、
発券手続きに時間がかかり、添乗員が乗ってきません。

ということで、遅れて出発。

なんかトラブルいっぱいな旅行になりそうな気配濃厚。

旅立ちのときが来た

2007年03月14日 22:35

さて、今日から待望の冒険談が始めよう。

そこは、ミドルイースト。

名将ハンニバルが活躍したチュニジア


























では・・・ない。

男には負けると分かっていても戦わなければならない時がある

貴重な時間を消耗するとわかっていても・・・

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
Nintendo Wii (2006/12/02)
任天堂

この商品の詳細を見る


まずはギルドで準備をせねば。

トラップ撃破には暗視ゴーグル相当のアイテムが有用だ。

Wii専用 コンポーネントAVケーブル Wii専用 コンポーネントAVケーブル
Nintendo Wii (2006/12/02)
任天堂

この商品の詳細を見る


これで数々の仕掛けもはっきり見えるだろう。

あとは弾薬の補給も怠ってはならない。

Maxell ニッケル水素充電池 急速充電器+単三形4本セット ACHR-3SD.MIX.4P Maxell ニッケル水素充電池 急速充電器+単三形4本セット ACHR-3SD.MIX.4P
()
日立マクセル

この商品の詳細を見る


4本あれば交互充電で十分リモコンも耐えられるだろう。

出撃だ!

ただいまなり~

2007年03月13日 18:08

たった今、花粉からの逃避行が終わってしまいました。

いや~、ドーハ経由のチュニジアも遠かった。

バテバテでござるよ。

帰国そうそう・・・ムズムズ。

くしゅん!

花粉というより・・・風邪かも。

今夜は美味しいものが食べるなり。

あっ、Wiiのセットアップしなくっちゃ。

例年のことだが

2007年03月03日 12:57

さて・・・

くしゅん!

・・・

かゆ~い!

・・・

だる~い!

痒いシーズンが本格的に到来。

いろいろ考え、アレルギーの調査をすることにしました。

餅は餅屋・・・医者を目指している従兄弟に聞いてみた。

「どこで調べるのがオススメ?」

「最寄の耳鼻科が便利だよ」

おぉ、総合病院に行かなくても調べられるのか!

それは盲点だった。ナイスアドバイス。

ということで、検査を受けて1週間。

どきどき。

20070227214321.jpg


春から6月まではどうしようもないね。

とりあえず、スギ花粉がない場所へ逃げるべし。にやり。

研究再開

2007年03月02日 09:50

組織としての様々なマネジメント業務と改革推進、
インフラ整備、学生さんの研究指導などなど

全て、一区切り(強引に)つけたので・・・

祝:自分の研究再開!

昨日、読んだ資料の中から2冊ほどあげてみましょう。

ということで、今使っているのはFC2 BLOG。

Amazonのアソシエイトプログラムとリンクしていたが、
どんな仕組みになっているのかは見ていなかった。

今日は代休なので、ちょっと確認してみた。
なるほど。トラッキングIDを設定すればいいのか。

早速、blog設定で挿入する仕組みを使ってみました。




Excelで学ぶテキストマイニング入門 Excelで学ぶテキストマイニング入門
林 俊克 (2002/10)
オーム社

この商品の詳細を見る


結論から言いましょう。

ほぼ既知の内容でした。

つまり・・・

購入して大正解!

「えっ?」って思うかもしれませんが。

全内容-ほとんど理解している = 知らないことがあった

購入時に期待していた情報はありませんでしたが、
それでも、今使っている形態素解析システム茶筅と
エクセルのリンクで使えるテクニックを1つ発見。

ふむふむ。




DB (ディービー) マガジン 2007年 04月号 [雑誌] DB (ディービー) マガジン 2007年 04月号 [雑誌]
(2007/02/24)
翔泳社

この商品の詳細を見る


こちらは雑誌です。

目的はXML DBの現状調査とDB9の連載記事です。

う~む、そこに問題があるか。

どうやって、アレをクリアするか手法を考えないと。

日々、情報収集していないと、
何が実装時にネックになるかわかりません。




今日からは分厚い洋書を読みます。

Batch Control Systems: Design, Application, And Implementation Batch Control Systems: Design, Application, And Implementation
William M. Hawkins、Thomas G. Fisher 他 (2006/05/15)
Instrumentation Systems &

この商品の詳細を見る


うぷぷ。やっぱり研究って楽しいな♪


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。