スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語でクッキング♪

2006年09月30日 23:19

ペルー日記、これからがメインなんですが、ちょっと中断。

あははは。忙しくて画像整理が進まないのです。




とはいえ、ちょっとした息抜きも大事。

ということで、午前中は書類作成を休んで、

次の国際会議に向けて英語慣れの日にしました。

お題は・・・

英語でクッキング♪

英会話喫茶のイベントです。

「アーモンド生地のしっとりケーキとプレーンスコーン」

参加者は女性4名とオイラ1名。

パン教室にも通うオイラ、何も気にしなかったけど、
女性陣は男性がいたことに驚いたみたい。

ふ~ん、そうなん?
オイラ、そんなこと気にしないけど。

しかし、作業が始まるともう必死です。

肝心の英語を聞き取る余裕が・・・ない。

つまんでまぶすとか、英語でそんな表現を突然聞いても
身体も頭もついていけません。

えっ? えっ? 次、なにすんの?

そんな感じ。

ニュータイプへの道は・・・はるか彼方。

と、かなり苦労しましたが・・・なんとか、焼けました。

200609301.jpg


さらに、ここに砂糖をまぶすと・・・

わ~お。

うまそ~!

200609302.jpg


残り時間でサクサクッとスコーンを焼きました。

200609303.jpg


さて、ティータイム。

肝心のお味は・・・

ボロボロっと崩れるけど・・・

めっちゃ・・・

まいう~!

今日のレシピはGoodです。

やっぱり焼きたては、美味しいよね。

こういう旨さは、自分で作らねば味わえないのである。

さて、そして・・・夜。

冷めたらどうでしょうか・・・

おぅ・・・うま~い。

ブラボー オレサマ!

あぁ、誰かに食べさせてあげたいな~。

でも、誰もいないから、一人でもぐもぐ。




さて、今日、やったことを記録しておかないといけないな。

また、やり直す可能性もあるし。

USB Drive

USBキーやUSB接続したハードディスクなど、
PCに各種デバイスを接続していると・・・混乱します。

これ、どっちのデバイス?

ということで、それを解消する方法があることを知った。

そこで、下記URLから「USBDrive」というソフトを入手
http://www5f.biglobe.ne.jp/~sekine/

うむ。これはナイス。

HDD、SD、MemoryStick、CF、MP3などもあるのでオススメ。




pLaTeX

科学研究費補助金の申請書作成時期です。
いやはや、この作成が大変労力を必要とするんですな。

特にワードの書式がヘボヘボで大変苦労するのであるが、
今年は科研費LaTeXが復活。

http://osksn2.hep.sci.osaka-u.ac.jp/~taku/kakenhiLaTeX/

ば、ばんざ~い!

ということで、さっそくダウンロードしてコンパイル。

・・・あれっ・・・ひっかかる。

な、なぜなぜ、ほわ~い?

現在のTeX環境は乙部さんの下記書籍で構築したのだが・・・

pLATEX 2ε for Windows another manual(vol.1 〔1999〕)

きっと・・・このTeXカーネルが古いからだろうね。

仕方がない・・・ちょっとリスキーだけど、
角籐版TeXで再構築してみませう。

今はTeXインストーラ3で簡単にできるようになったしね。

でも、乙部さんのgui_shellと秀丸マクロのセットって結構好き。
この環境を角籐版TeXで生かすことはできないのかな?

googleで探すと・・・情報あるじゃん。ナ~イス♪

http://www.nde.civil.tohoku.ac.jp/tex/tex2/verup_new.html
http://www.phys.sci.ehime-u.ac.jp/cosmolab/tex/texnote.html

ということで、オイラの環境のもとで手順を整理。

1.GostscriptやGhostViewなど、関連ファイルをアンインストール

2.下記のGUISHELL関連3ファイルを他ディレクトリに移動
guishell.cfg, guishell.exe, guishell.pdf

3.ptex該当ディレクトリをまるごと削除

4.角籐版TeXの簡単インストーラの入手
下記サイトからTeXインストーラ3をダウンロード
http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~abenori/mycreate/index.html

5:インストール
下記サイトの内容をみながら行うとわかりやすい
http://www.klavis.info/texinstnew.html

6:TeXをインストールしたディレクトリに
他のディレクトリに移動しておいたGUISHELLを再移動

7:dviout設定
・dvioutに結び付けられている拡張子dviを持つ
アイコンのプロパティからプログラムを新しいdviout.exeに再設定

・環境変数のPATHにdvioutへのパスを通す

・dvioutのOption-Setup Parameter-Graphicsにおいて
GIFをBMP(full color)などに設定してカラー表示できるようにする

さて、コンパイルをしてみよう・・・

大成功♪

カラー表示化させると、本文の一部のフォント表示が
強調されておかしな感じがするけど、まぁ、あとまわし。

GUIShellと秀丸エディタのマクロを残しておけば、
Vistaに移行しても・・・きっと大丈夫。

これで、申請書の仕上げが楽になったので、
もう少し中身を詰めて仕上げなくちゃ。




住宅地図

ゼンリンの住宅地図がダウンロードできる!

http://www.nifty.com/zenrin/

もちろん有料ですけれど、カラー版もあるし、
数ページのために1万5千円払うよりありがたい。

後はA3出力できるカラーレーザープリンターを買わねば。




この後、ウイルスバスターのラインセンスを1つに整理。

その他もいろいろやって、今日はもうお疲れ状態。

母も疲れて夕食を作るのがしんどそう。

ということで、今夜も外食。
博多一風堂の名古屋・本町通り店へ。

やっぱり、オイラは餃子が好きさ。
ドラフードNo.1も納得?

200609304.jpg


おかんは、かため白。

200609306.jpg


オイラは、かため赤。

200609305.jpg


足りなかったから、バリカタ追加。

200609307.jpg


あぁ、今夜は食べ過ぎた。ばふ。
スポンサーサイト

第6話:るぱ~ん参上

2006年09月29日 21:35

お題は・・・

金!

ほら、町にいる人も背中にお金マーク。

みんな・・・お金大好き。

s2006082648.jpg


なんてね~。これは路上の両替商らしいです。

やはり、ハイパーインフレを体験した国は違います。

そんな景色を見ながらやってきた場所。

その名も・・・

黄金博物館

s2006082654.jpg


さっそく中に入っていきましょう。

s2006082649.jpg


1階は武器博物館でしたが、ほとんど素通り。

地下がプレインカやインカ時代の金・銀・銅・宝石入りの装飾品やミイラなどなど。

表の顔は実業家、裏の顔は武器商人?として
大儲けして集めた個人コレクションだそうです。

しか~し、カメラ撮影禁止。

あら~、残念。

s2006082650.jpg


仕方がないので、お店のショーウインドで我慢。

s2006082652.jpg


さすがにお土産に買う気にはなりませんでした。

s2006082653.jpg


こちらは、最高の獣毛繊維の1つとして、
有名なアルパカを使った服のお店。

う~ん・・・これ、オイラには重いわ。

s2006082651.jpg


黄金を見ても、お腹はふくれません。

やっぱり、オイラは食事の方がいいなり。

第5話:恋人たちの公園

2006年09月26日 20:55

さて、ミラフローレスの海岸公園です。

s2006082641.jpg


来たことがある気がする・・・

dejavu?

うん、バルセロナのグエル公園に似てる気がする。

s2006082647.jpg


で、ここの名物?のラブラブ・モニュメント。

s2006082642.jpg


濃厚なおっさん・・・

身体が柔らか~い!

オイラ、試したけど・・・そんな姿勢できんぜ。

s2006082643.jpg


海側は、こんな風景。

上昇気流があり、パラグライダーをしている人もいました。

s2006082644.jpg


そんなとき、こんな車がやってきました。

s2006082646.jpg


そうです。新婚さん、いらっしゃ~い。

結婚式で訪問すると幸せになれる・・・のでしょうか?

両隣の女性は、このあたりを巡回してた警備員。

s2006082645.jpg


カップルにお別れをして、次の観光スポットへ向かいます。




本日の日記

ウイルスバスター2007のダウンロードが開始。
クリックだけでアップデートできるようになりました。

http://www.trendmicro.co.jp/consumer/campaign/vb2007/index.asp

スパイバスターを統合、1ライセンスで3シートまで利用可能な新製品(プログラム本体のアップデー...

おぉ、どうやら一般向けのライセンスは、
1ライセンスで3台までインストールOKになったみたい。

ライセンス更新料は値上げしていたけど、
我が家で3台にインストールしているオイラには朗報。

研究室のPCにウイルスバスター2007のインストール後、
Windows UpdateやOffice Updateもかけてました。

しかし、不思議なことがある。
上記のUpdateが統合された・・・はずのMicrosoft Update。
これだとアップデートされないのが多いんだよねぇ。

さて、たまたま生協で売っていたので買った本。
「マンガで学ぶ理科系の留学英語術」

マンガで学ぶ理科系の留学英語術

研究者としての留学体験がないオイラにとって、
このマンガ、なかなか面白かったです。

さて、おなかが空いた。ラーメン食べてこよっと。

第4話:リマ市の車窓から

2006年09月25日 01:59

アルマス広場観光を終え、旧市街から新市街に向かいます。

ということで、今回は「リマ市の車窓」です。
移動中バスからの撮影なので、一部画像が乱れます(笑)

まず、サン・フランシスコ教会・修道院・・・たぶん。

素晴らしい正面装飾と鳩の大軍団です。
と、思っている間にバスはこの位置まで移動しちゃいます。
せめて30秒、写真撮影で停止しれくれればいいのに。

s2006082630.jpg


その中にいた人たち。この人たちは誰?

きっとモデルさんです。めちゃめちゃ美人でした。

ピンボケが惜しい(笑)

s2006082631.jpg


まだ、頭も身体も時差ボケでバス内を飛び回る気力なし。

旧市街の細い路地の古い建築をボ~と見るだけで、
移動中はあまり撮影できません。

さて、信号待ち時に定番の物売りやパフォーマーが来ます。
でも、この国は売っている品物が他国より豊富に感じます。

さらに・・・買っているドライバーも多いのが驚き!

s2006082632.jpg


こちら、日本人向けの観光ルート?旧日本大使公邸。

現在、日本大使館占拠事件となった建物はすでになく

不動産売り出し中(笑)

高価なエリアで、かつ、広大な土地。
そう簡単には売れないようですね。

当時、この1ブロック内の警備は凄かったとのこと。
でも、2ブロック先からは普通の生活だったそうです。

s2006082635.jpg


そして、こちらが新日本大使公邸です。
めちゃ金のかかった建物ですな。

s2006082637.jpg


2重の城壁が備え付けられており、要塞化されています。

ガイドが言うには、城壁間にピラニアがいるとか・・・

おぃ、そんなのありえ~ん(笑)

でも、番犬が飼われているんだろうな。

s2006082636.jpg


30分ほどで、新市街ミラフローレス地区に。

海辺の公園なんですが、芝生の模様わかるかな?

ちょっとわかりづらいですが・・・ナスカの地上絵のコピー。

s2006082638.jpg


ということで、次回はバスから降りて観光です。




ところで、この旅行の際、成田で買った本がコレ。



宿泊初日の夜から読み始めたのですが・・・

どうしたら・・・この内容で編集者のOKが出せたのか?

例題の説明文、論旨の展開など、もうボロボロ。

これが「本屋のオススメ」書籍とは・・・

思わずベッドの上から床にたたきつけました。

少し立ち読みしてから本は買わないといけないね~。

第3話:朝が来た

2006年09月24日 08:52

目が覚めたので外をチラリ。う~ん、少し薄暗いなぁ。

s2006082610.jpg


機内でのトイレ待ちを減らすため、
機内食はほとんど食べないオイラ。
機内食の匂いも苦手なんですけどね。

ということで、さすがにかなり腹ペコさん。
良いホテルでは朝飯をしっかり食べませう。

s2006082611.jpg


食後の運動をかねて目の前のグラフ広場に散歩へ。

昨夜撮影した最高裁判所、
日中は重々しい雰囲気を感じる建物です。

s2006082614.jpg


で、くるっと振り返ると宿泊ホテル。
SFチックだった内側に比べて、外観は普通。

s2006082612.jpg


しかし、天気が良くな~い。

s2006082613.jpg


それでは、観光へ出かけますかね。
バスで移動したのはアルマス広場。

堂々としたペルーで最古のカテドラルが。

s2006082624.jpg


近づいてみませう。

s2006082618.jpg


もっと近づいてみませう。

クルック~♪

s2006082619.jpg


さて、ここで後ろをみてみましょう。

すると、真正面。

s2006082620.jpg


左ナナメへ(←)

s2006082629.jpg


さらに左へ(←)

s2006082621.jpg


全部、見事なオレンジや~♪

このように色彩が統一された区画なんですね。

そうそう、リマのこの旧市街は・・・

世界遺産♪

再び、後ろを見ます。今度は北を向くことに。

右を見ると、山の上には十字架らしきものが。
きっと、これはサン・クリストバルの丘でしょう。

s2006082622.jpg


視線を左(←)へずらします。

さらに道路の向こうに何かあります。

s2006082617.jpg


近づいて柵から覗くと・・・

TV取材陣らしき人たちがいっぱい。

s2006082627.jpg


ん? ズームイン。派手やな~。

s2006082626.jpg


ここは以前、フジモリさんがいたところ。
つまり、大統領府なのです。

2006年6月からアラン・ガルシア大統領がいる・・・はず。

なので、警備も厳しいのでござる。

s2006082625.jpg







今日の日記

少し時間がとれたので、「旅のハプニングから思考力をつける!」を読んだ。旅行記としては楽しめるけど、タイトルと中身マッピングせんやん。イマイチな本やな~と思っていたら・・・

著者が・・・樋口裕一くん。

くそ~、↓の本とまた同じようなことしてやがる。
http://hamachan.blog7.fc2.com/category7-6.html

やっぱりオイラ、この著者、信用できんわ。



その後、口直し?に「海外旅行の裏ワザ本」を読みました。

「おぉ、いいね、この技」次回から採用!
そんなのがいくつかあったので500円の価値ありあ~り。

こっちは、オススメ!



続編「海外旅行の裏ワザ・隠しワザ〈2〉この秘訣だけは知りなさい―もっと快適!大満足!の超実用本 (文庫) 」も出ているようです。なぜか画像がないけど(笑)

後で本屋でみてこよう。



それでは、ただいまから朝の草刈をしてきやす。

第2話:ペルー到着

2006年09月23日 02:29

我が家~セントレア~成田での待機で10時間
成田からアトランタまで12.5時間
アトランタで待機の1時間
アトランタからペルーのリマまで6.5時間
最後にホテルまでの移動で1時間

と、1日半を費やして、やっと到着!

イースター島に行ったときよりも感じたこと。

地球の裏側は遠い!

さて、ホテルに入ると・・・いきなり正面にカジノ!
ホテル名が「SHERATON LIMA HOTEL & CASINO 」ですからね。
ギャンブラーの血が騒ぎます。

パワフルづも~!


・・・嘘ぴょん。オイラ、ギャンブル嫌い。

撮影していたら黒服のガードマンが出てきて
こっちを撮影するなと睨まれました。

s20060825004.jpg


とほほ。気分一新。

部屋の鍵をもらうまでに、ホテル前の最高裁判所を撮影。

s20060825005.jpg


今回は荷物を減らしたかったので、
CANON Kiss デジタルNだけで、小型デジカメは持参せず。

≪在庫あり即納≫キャノン デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss デジタル N ボディ ブラック

レンズは標準ズームで広角から望遠までカバーできる
SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DG1本にしました。

シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC キヤノン(送料・代引き手数料無料、クレジット可)

でもね、これ、USMでないので動作がもっさり、
さらに手ぶれ防止機能がないタイプ。

でも、両者の機能を持つレンズが存在しないのです。
近いものとして、ちょっと広角が弱いですけど、
CANON純正のEF28-300mm F3.5-5.6L IS USMがあります。

一眼レフカメラ用 交換レンズキヤノン EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM

でも、このレンズ、25万円近い高価格レンズで、
さらに、めちゃ大きいので買う気にはなれません。

ツアーなので、きっちり固定撮影をする時間がなく、
移動中に夜間撮影したものはダメダメ状態。
そこんとこ・・・よろしく(笑)

さて、鍵も受け取ったので、
部屋のあるフロアまでエレベータで上がりました。

ど~んと吹き抜けになっています。
ちょっとSFチックな感じです。

s20060825006.jpg


上を見上げると・・・高いなぁ。

s20060825007.jpg


さて、お部屋はいかが?

おぉ、なかなか良いではありませんか。

電灯スイッチは1つずつ本体を操作しないといけないので、
ちょっと設備としては古臭いですけどね。

s20060825008.jpg


さて、TVでもつけるか。

ポチっ・・・「君の手で切り裂いて~」

ん? 日本語? 

s20060825009.jpg


な、なぜ、鋼の錬金術師が。それも日本語で放送?

実はANIMAXがやっていて、その中のカラオケだったようです。
アニメ自体はスペイン語吹き替えでやっていました。

次回からリマ市内観光スタート♪




今日の日記

やっとBMW新3シリーズのクーペ(E92)が発売。

http://www.bmw.co.jp/jp/ja/index_narrowband.html

でもね・・・335i(車両本体701万円)だけしかない。
オプション、ナビ、エアロ、諸費用で900万円コース(汗)

BMW JAPANの過去の導入パターンでは、
クーペは一番上と一番下のグレードしか導入されないの。
ということで・・・330iは導入されないかも。

特に335iだけでへこんでいる理由は↓サイトから入手した
英語版3シリーズクーペのカタログ(PDF)を見たから。

http://www.bmw.com/com/en/index_highend.html

xDrive(4駆)オプションがあるのは325i, 330i, 330dだけ。

なんで、335iに設定がないの~? ショック。

第1話:ペルーって・・・遠いのよ

2006年09月22日 00:01

記念すべき「30ヶ国目」訪問の旅。

ペルー旅行記 開始!

最初に、ワールドマップを書き換えます。

20060922worldmap.jpg


あまり・・・赤くなってないね~。

さて、セントレアから出発の前に・・・

これ・・・な~んだ?

正解は今日の日記の最後に。

s20060825001.jpg


さて、日本からペルーへの直行便は現在ありませんので、
アメリカ合衆国を経由することになります。

トランジットを含めた入国に厳しいアメリカ合衆国。
入国審査時に荷物の鍵を開けておかないと壊されます。

しかし、今回、ペルーに入るまで荷物を受け取れません。
つまり・・・セントレアで預けるときから鍵がかけられない。

オイラのスーツケースは超軽量のリモワ社のサルサ。
全体をジッパーでぐるりと止めて閉めるタイプ。

RIMOWA Salsa Plus871.77 AllradTrolley(4輪)

ジッパーが動いてしまうこともあり、
鍵をかけないと強度的に不安。

ということで、TSA認可の南京錠をハンズで買ってきました。

【メール便OK】ACTUS 検査の有無が一目でわかる TSAサインロック 3連 ブラック【旅行用品・キー...

これは開けられた場合、色が緑から赤に変わる優れもの。

結論から言うと・・・

往復とも緑のまま!

やっぱり全部を開けて検査なんて・・・できないよね。

なお、最近のサルサはTSAロック内蔵型が出ているので、
新しく買う方はこちらのタイプをオススメ。

【4輪】Salsa Plus 871.70 AllradTrolley(Black) TSAロックモデル

ということで、アトランタに到着。
荷物受取の場所には摩訶不思議な人形たちがいます。

s20060825003.jpg

さて、ここではそのまま乗り継ぎでリマへ向かいます。



では、クイズの答え。

正解は・・・セントレアにある男性用の小便器内の絵(笑)

この位置を狙って撃て!ということですね。
なかなかキュートだったので撮影してしまいました。

s20060825002.jpg

今年も秋に

2006年09月21日 13:12

秋ということで・・・

今年も・・・

桃太郎ぶどう!

”ぷりぷり”桃太郎ぶどう 1kg (愛媛・岡山産) 皮ごと食べれます!【送料無料】

↑今年はここが安いかな。1kg注文だ。

いや~、食べ物が美味しい季節って最高です。

もぐもぐ。

他には何を注文しようかなぁ。

鶏モモ肉のスパイスオーブン焼き

2006年09月20日 19:57

先日、千早でフラッとお昼ごはん。

洋食屋が新しくできていたのでフラッと入りました。

鶏モモ肉のスパイスオーブン焼きを注文。

お兄さん・・・お願いがあるんだけど・・・

チーズ少なめに!

はっはっは。

さて、サラダもぐもぐ。

200609201.jpg


スープを飲んで

200609202.jpg


来ました。

200609203.jpg


このライスを・・・

200609204.jpg


ぶち込め!

で、細かく切ってかき混ぜます。

200609205.jpg


できあっがり~♪

200609206.jpg


美味しいね~。

でも・・・コレ、以前、食べたことあるぞ。

マスターの顔も見覚えが・・・

な、なんと、一社のシェ・マーボの2号店。

↓一社のお店
http://www.ctv.co.jp/ps/2004/1107/02.html

↓今回の2号店
http://www.ctv.co.jp/ps/2006/0625/01.html

そうだったんだ。

10年ぐらい行ってないからわかんなかった。

近くに美味しい店が増えるのは嬉し~い♪

目次

2006年09月19日 17:34

スコットランド旅行記のカテゴリー目次です。

↓から「第1話:エジンバラ」にジャンプして、
「前のページへ」をクリックすれば連続して読めます。

http://hamachan.blog7.fc2.com/category25-8.html

だ、だまされた!

2006年09月19日 16:40

日曜に本屋で紀伊国屋(博多)で本を数冊購入。

小銭で払って財布を軽くしよ。はい、丁度ね。

「・・・あの、お客様・・・」

はい?

「これ・・・何ですか?」

え・・・?

お金だけど・・・

200609191.jpg


200609192.jpg


んん!? なにか・・・違和感。

200609193.jpg


200609194.jpg


な、なんじゃこりゃ~!

1円硬貨もどきが1枚。

レジのお嬢さん、君、よく気づいたねぇ。
いや~・・・素晴らしい。

どうやら、中国の1角硬貨らしい。

しかし、なぜオイラの財布に?
さては、誰かオイラにおつりとして渡したなぁ!

・・・誰かに騙されちった。しくしく。

まぁ、紀伊国屋を騙すことにならなかったので良かったよ。
レジのお嬢さん、気づいてくれてありがとう。

ちなみに1角=1/10元なので1.5円ぐらい?
貨幣価値からすると・・・得をしたのか?

これから・・・おつりを受け取るときは注意すべし。




ところで、先日、6シリーズが愛車の隣に。
黒メタのせいでしょうか、意外に小さく感じました。

200609195.jpg


200609196.jpg


一度、試乗してみようかな~。

第8話:ミッション完遂

2006年09月16日 07:13

第6回の金髪の美少女エージェント。

彼女の腕に抱かれていた物体!

これがターゲットだったのだ!

scot08-11.jpg


てくてくてく。

今日も良い天気。

愛しい家族のために頑張ろう♪

scot08-02.jpg


風も良好。

今日も元気だ、バリバリ♪

行くぜ、野郎ども!

scot08-03.jpg


あっ、わん、つ~、すり~!

とりゃ~!!

テイクオ~フ♪

scot08-04.jpg


・・・

捕れませんでした。

おっかぁ、ごめん。

scot08-07.jpg


草でも加えて帰ろうかな・・・

ぶるぶる・・・きっと殺される。

もう一度行こ。

scot08-05.jpg


やった!

大漁だ。おっかぁ~。

おとんはやったぞぉ。

気持ちいいなぁ。

scot08-09.jpg


ばたばたばた。

ホバリングでタッチダウン。

うひょひょひょひょ。

scot08-06.jpg


どうだ♪

君たちも頑張りたまえ。

うははははは。

scot08-08.jpg


てくてくてく。

道を空けたまえ。

かぁちゃ~ん、帰ったぞぉ!

scot08-10.jpg


空飛ぶペンギン?

その名も「パフィン」

パフィーではない。

愛らしい奴らである。

scot08-01.jpg


ということで、スコットランド編は終了。

ペルー編はもう少し先にします。
まだ写真の整理ができてないのだ。

実はただいま出張中。現在、博多にいます。
学会なんですけど・・・台風で大雨。
100円ショップで傘を買わないと。

第7話:想定外

2006年09月15日 00:38

スタッファ島を離脱した我々を待っていたものは・・・

大荒れ!

うげぇ~。揺れる、突き上げる、飛ぶ。

scot07-01.jpg


しかし・・・船長は気にしない。

さすが、海の男である。

でも・・・

脚で操舵は止めてくれぃ!

お客が見ているんですよぉ。

scot07-02.jpg


ゲロゲ~ロの呪文を唱えることなく。
な、なんとか目的地へ到着。

scot07-03.jpg


このあたりは穏やかである。上陸作戦成功。

少し寒いが・・・良い天気♪

scot07-04.jpg


次回はスコットランド編の最終回!

第6話:スタッファ島

2006年09月14日 01:22

スタッファ島に上陸開始。

パッパラッパ~♪

ほら・・・柱状の奇岩、不思議な側面でしょ。

scot06-01.jpg


さぁ、ランチが俺を待っている。

scot06-02.jpg


メンデルスゾーン序曲「フィンガルの洞窟」で有名な洞窟へ。

むぅ。これは・・・凄い。

scot06-03.jpg


緊急指令:
『エージェントに接触し、ターゲットを確認せよ。』

エージェントは金髪の美少女であった。
無事にターゲット情報を入手。

scot06-04.jpg


はい、ここで確認です。

ターゲットはなんでしょう?

そんなとき、背後に敵意が!

オンドリャ~、メシよこせ。
メンドリャ~、メシよこせ。

ついてくるので、餌をやって脱出。

scot06-05.jpg


ミッション達成のために出航だ♪

しっぽを立てろぉ。

scot06-06.jpg


この後、想定外の事態に遭遇・・・。

つづく

第5話:マル島

2006年09月13日 00:00

マル島を目指し、海上を快適にフェリーは進んでいく。
右舷側の景色にドラキュラ城のような古城。

scot05-01.jpg


最後まで護衛をしてくれたカモメ団。
フェリーと共に行動することは、彼等にとって楽しいのだろうか。

scot05-02.jpg


ということで、マル島へ到着すると、
フェリー船首の車両用開口部が全開。

当初、我々も車を載せてくる予定だったのだが、
往復運賃が高いから中止したのである。

scot05-03.jpg


迎えに来た案内役について、島の反対側までランクルで移動。

島巡りツアー開始!

ひとりぼっちの犬。

かと思いきや、この後、ボートに飛び乗って去っていった。

scot05-04.jpg


我々もボートに乗船する。
フェリーと異なり、かなりボートは揺れる。

しばらくして、不思議な島が見えてきた。
何が不思議なのかは、この画像ではよくわからないね。

次回はこの島の紹介。

scot05-05.jpg


つづく



今月のパン

そうそう、日曜に、1年ぶりにパン教室に行った。

1:ナン

2006091201.jpg


2:チーズ&レーズン

2006091202.jpg


ちゃんと生地のこね方をオイラの手は覚えていてくれた(笑)

上の日記はフィルムカメラで撮影したのを後からスキャン、
パンはデジカメで撮影してそのまま加工

やっぱりデジタルそのままの処理する方が綺麗だねぇ。

第4話:フェリーでGo!

2006年09月12日 01:59

翌朝、スコティッシュ・ブレクファストを堪能後、
波止場近くの駐車場を確保にあたった。

scot04-01.jpg


当初、スーパーの駐車場に放置する予定であったが、
駐車場への進入ルートが見つからない。

ぐるぐるぐるぐる・・・

あっ・・・観光客用の無料駐車場を発見!
駐車した後、急いでスーパーTESCOで昼飯を購入。

scot04-02.jpg


清算後、ダッシュでフェリー乗り場に向かう道沿いに・・・
やられた。この海老入りサンド方が美味しそうじゃん。

scot04-03.jpg


悔やみながらフェリーに急ぐと・・・

長蛇の列!

うっ、出遅れたか。乗れるのかなぁ・・・

scot04-04.jpg


という心配は杞憂であった。
さすがにフェリーはでかいのである。

置いてきた車にトラブルが生じないことを祈りながら、
オーバンの港を離れる。

scot04-05.jpg


さて、一息つこう。
海風を感じながら日光浴を楽しむことに。
サングラスを持ってきて正解。

出航時から、頭上にカモメが数羽、護衛してくれている。

scot04-06.jpg


なかなか快適な時間であった。

つづく

第3話:港町オーバン

2006年09月11日 00:05

白い流星「メーメーアタック」を退け、
再び港町オーバンに向かって移動再開。

しかし・・・何かが足りない。
そう・・・BGMがなかったのである。

トイレ休憩をかねて、急遽、ドライブインに立ち寄り、
ビリージョエル・ベスト(カセット)を購入。
この車にはCDプレイヤーついてなかったのだ。

さっそく、スロットイン!
いいねぇ、ビリー。あんた最高だよ。
跳ね馬ドライブでないが、気分はアウトラン。

しかし・・・前方に激遅マシンが出現。
目的地が同じらしく・・・トレイン状態が続く。

くっ・・・制限速度まで出そうとしないくせに、
抜こうとすると速度を上げようとする。

scot03-01.jpg


ブチっ!

我が愛車なら一気に追い抜けるのであるが、
この非力なマシンでは・・・無理でござる。
視界の良い下り坂を待って、なんとか抜き去り解決。

数時間後、無事にオーバンに到着。
ふと見ると、ここはオーバンの駅の横である。
・・・なんだ電車でも来れたのね。

scot03-02.jpg


潮風とカモメと船。これぞ港町。

scot03-03.jpg


ここでは一泊することにしているので、早速・・・

スコッチ工場潜入!

製造工程をじっくり見学し、
試飲スコッチを一気にストレートで飲み干した。
酔った勢いに任せ、土産用ミニボトルスコッチを大量購入。

scot03-04.jpg


疲れとアルコールでヘロヘロなので宿屋に向かった。
この日はB&B Kathmore Guest Houseを利用した。
日本人の客は珍しい様子である。
ちなみに、オイラの姉さんです。

scot03-05.jpg


我々の部屋は二階。上りきったところで振り返る。

scot03-06.jpg


姉夫婦に用意された部屋は・・・
トイレの中はブルー、部屋はピンク。

scot03-07.jpg


私の部屋は1人用で狭かったので撮影せず。
壁の色は白であった。

港町ならば海辺のレストランに行かねば。
しかし・・・料理メニューの英語は難しい。
電子辞書をもっていたが・・・よくわからん。

値段を見て、適当に頼んだところ・・・
旨い、確かに旨い。

しかし・・・量が多いのだ。
さすがに同じ魚をまるごと2匹もいらんぜよ。

scot03-08.jpg


つづく

第2話:オーバンへ

2006年09月10日 01:39

2日間に渡るエジンバラ滞在で体調を整えて、
海を渡るために港町オーバンへの移動作戦を開始。

天候も引き続き良好である。

必要な機器ATを受け取るために、秘密結社○eartを訪れるため、
丘を越え、川を渡り、やっとのことで到着した。

しかし・・・

部屋が暗い・・・

なんと・・・

閉鎖中!?

scot02-01.jpg


敵襲を受けたのか・・・

俺のATはどうなっているのだ?

ん? 移転案内が貼られているではないか。

おぉ、比較的近い場所のようだ。助かった。ふぅ。

scot02-02.jpg


秘密基地を無事に辿り着いた私は無事ATを確保した。

MondeoがFocusに変わっていたが仕方あるまい。
非力ではあるが、3名乗車できれば良いこととしよう。

私の到着から2分後に来たエージェントもATを望んだようだが、
受付員に30分以上は待って欲しいと言われていた。

この国では30分待ち=数時間待ち。
ボンドくん、危機一髪、大幅にスケジュールが狂うところであった。

その後、車の状態をチェック。
ミラーやステアリングのチルトなどを調整、
地図を確認してドライブスタート。

scot02-03.jpg


スコットランドは日本と同じ右側通行&右ハンドル仕様。
基本的に交通規則も同じであり、通常走行に問題はない。

と・・・しばらくして気づいた。
移動タクシー代はレシート引換で返却と記載されていた。
しかし・・・受け取っていないではないか!

すでにレシートを渡した以上、
知らぬ存ぜぬで通されるに違いない。
くっ。私としたことが・・・

scot02-04.jpg


runaboutと呼ばれるルート変更では何度か過ちをしたが、
すぐに慣れて快適な移動をしていた。

そんな中、突然・・・

白い流星による敵襲!

scot02-05.jpg


な、なにが起きている?

うぉ!

これが伝説の・・・

メーメーアタックか!

道路を堂々と横切る羊たち。

scot02-06.jpg


唖然と羊の群れが移動し終わるのを待つ我々。
そのとき、振り返ると・・・

警告システムが存在!

羊に注意!

まさに「そこにある危機」である。

scot02-07.jpg


ここは落石注意といった愚かな警告がある国とは違うようだ。

警告は信じるべし。

特に・・・スピード注意とかね。

つづく



今日の不思議く~ん日記

ジムで一汗流してから職場で仕事をしようと歩いて出かけた。

その途中、赤信号のため歩道に立って待っていたら、
横の道から自転車でやって来たオバハンがナナメ前で停止。
「あなたがいると曲がれないからどいて!」と言われた。

・・・はぁ?

仕方がなく、どいてやったが・・・

そりゃ、ハンドルに日傘をとりつけてバランスを崩し、
つま先しか地面に届かないサドル高さにした自転車では、
低速で方向制御はできんだろうよ。

それを貴方がそこにいると曲がれないだと。
こういう生命体を・・・オバタリアン(死語?)というのか。
あ、ありえん。

どうしたら、こういった生命体になれるのか。
まったく・・・不思議く~ん。

さらに、その移動経路にあるカーディーラーに入った。

ある車とリースの資料をお願いしたら小さいパンフのみ。
もっと詳しい資料がないか尋ねたら・・・

「ご希望の車は1年半後にマイナーチェンジをします。」

はぁ。

「なので、今は国内に車がもうありません。」

えっ?

「次の入荷は1年半以後になります。」

はぁ~?

ポルシェさん・・・1年半も売れる車で商売する気ないの?
オイラには・・・不思議く~ん。

その後、ジムへ行き、昼から仕事開始。
夕方まで新カリ講義の準備を黙々と行っていました。
講義スライド、テキスト、演習設備4台セットアップ完了。

思っていたより早く準備ができました。
これは嬉しい・・・不思議く~ん。

お祝いに、帰りにケーズ電気で
メモリ1Gとデータ専用内蔵HDD160Gを追加して、
ただいまフォーマット中。

朝になったら科研費申請書類の案を作成すべし。

あっ、フォーマット終わったから、日記おしまい。

第1話:エジンバラ

2006年09月09日 09:35

ただいま飽和中でありやす。

国際会議発表資料、実験用テキスト、科研費申請書、
投稿論文、プログラムのコーディングなどの業務に加え、
決算報告書提出、ジャングル化した家の草刈などなど・・・

お、終わりがみえ~ん。

というこの状況、ペルー旅行の写真整理をする余力がない。

どうしようか・・・

ということで、過去にWebサイト上に構築した
昔の旅行記をblog化しておきます。

ということで・・・一週間ぐらい・・・

スコットランド編でござ~る!

過去にオイラのWebサイトで見た人は同じネタでごめん。



2001年春、私にミッションが与えられた・・・

空を飛ぶペンギンと遭遇せよ

むぅ・・・過去にないミッションである。

本ミッションのため、秘密結社○eartATを発注した。

過去、このATの現地確保は極めて困難であった。
しかし、ITにより事前確保ができる時代となっていた。
テクノロジーの進歩というものはありがたい。ふっ。

私は関西空港からスキポール空港へKLMにて旅立った。
機内では「タイタンズを忘れない」「ショコラ」が上映。
ふむ、なかなか良い映画であった。

スキーポール空港で乗り換え、
エジンバラでまず体調を整えることにした。

ここが今回の潜伏場所。ホテルではなく、賃貸住宅である。
数日間、ここに滞在して情報収集をする必要がある。

scot01-01.jpg


鍵を開けようとしたとき、入口の横で視線を感じた。

な、なにものだ!

scot01-02.jpg


猫であった。スパイキャットではないようだ。
見知らぬ者が窓の前にいたので凝視していたらしい。

出窓に猫専用枕とは贅沢なものだ。

荷物をしまった後、偵察をかねて、
さっそく丘の上にあるエジンバラ城へ向かった。

scot01-03.jpg


エジンバラ城から眺めた町並みの景色である。
この町でこんなに良い天気は珍しいそうだ。

この時期、日本は猛暑であるが、ここは涼しく快適である。

scot01-04.jpg


町を歩いているとスコットランドらしい衣装を来た少女達と出会った。

scot01-05.jpg


最初の夕食はpubでとることにした。
日本では、パブ=いかがわしい店という雰囲気であるが、
本来、pub=public houseの略称である。
単に食事を取れる酒場=居酒屋である。

scot01-06.jpg


この日は伝統料理のハギスを味わうことに。

う・・・

残念だが、私の口には合わない食事であった。
マトンは苦手だということを実感する。

こうしてスコットランドの初日を終えた私であった。

デジタル放送

2006年09月08日 08:14

現在、我が家はケーブルTV。
実はディスカバリーチャンネルなど
専門チャンネル録画が困難なのである。

また、チューナーが1つしかないから、
録画していても、誰かがTVを見始めたらアウト。

ということで、WOWWOWに変えようかと思っていたところ、
録画機能付セットトップボックスの発売ニュースを聞きました。

む~。いつ導入されるのか、首を長くして待ってたところ・・・

キター♪

やっと10月1日から対応するようです。

http://www.starcat.co.jp/information/dejiroku/

ということで、我が家もついにデジタル放送へ対応することに。
でも・・・TV本体はしばらく従来のブラウン管。

部屋は十二分に広いし、モニターだけ薄くしても、
セットトップ分のスペースは必要じゃん。

ハイビジョン放送自体も少ないで慌てる必要なしと判断。

有言実行

2006年09月04日 21:34

んと・・・ただいまでござ~る。

↓の日記に対して

http://hamachan.blog7.fc2.com/blog-entry-3.html

有言実行

オイラ、約束はちゃんと守る人なのだ。

なんて誠実な男ざましょ。

お腹が減ったからラーメンと餃子を食べてきや~す。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。