スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから1年

2006年05月31日 17:37

1年前、オイラは大きな決断をしました。

そう・・・別れることにしたのです。

脂肪とね!

昨年5/30の健康診断では、体重 61.4kg でした。

必死にジムへ通った結果・・・

そして、1年後の体重測定 58.8kg。

運動を始めて、2.6kgだけ軽くなったわけです。

・・・あれ?

12月に56.9kgまで落ちたのに~。

55kgまで落とせると思ったのに~。

体調を崩したので、マシントレーニングを止め、
水中ウォーキングとアクアダンスに絞ったのが失敗か。

ちくしょうめ!

まだまだ鍛錬が足りんのか。

仕方がない。

今週からジムとプール、1日交代でのトレーニングに変更。

夏までに・・・なんとかするであります。
スポンサーサイト

第14話:カイディン帝廟(1)

2006年05月28日 16:25

フエ駅からバスで移動していくと

結婚式!

おめでとさ~ん。

日本でも結婚式、自宅でやればいいのにね~。

20060325019.jpg


さて、カイディン帝廟に到着。

うっ。眠いのに・・・ダルイのに・・・
階段がたくさんありそうな予感。

20060325007.jpg


おっ、すぐに建物が見えた。セーフ。

20060325008.jpg


中央に八角堂があります。

20060325010.jpg


左右に西洋風の塔と色々な石像が。

20060325009.jpg


さて、もう少し上らなくっちゃ。

ん? なんか光ってる。

20060325011.jpg


おぉ・・・モノアイ3つ。

ジェットストリームアタック♪

20060325020.jpg


ふ~、汁だく・・・でなくて、汗だく。

振り返ると、うん、いい感じ~。

20060325012.jpg

第13話:電車でGO!

2006年05月27日 09:55

さぁ、もう深夜です。

今回は夜行列車でフエに移動します。

海外での寝台車は、サンジェイらとのインド横断以来。

さて、どんな寝台なんだろう・・・。

20060325001.jpg


おぉ、狭いけど、一応個室ね。

えっ? オイラは上段なの。不便なり~。

まぁ、いいや。眠いから寝る。

うぅ・・・肩が。やっぱり狭いよ~。

20060325002.jpg


・・・

ガタッン!

地震のような揺れが頻繁に起こり目が覚めます。

線路のせいか、運転のせいか、何が原因なのかなぁ。

む~・・・ぐぅ~。

あっ、朝です・・・

このようにベッド上段からだと景色も見えないんです。

ちっ。

20060325005.jpg


仕方がないので廊下でボ~としてます。

20060325003.jpg


昼前にはフエに到着。

急いで荷物を降ろさないとね。

JTBツアー参加者では若い部類に入るオイラ、
こういう状況では、こきつかわれます(爆)

肩がいた~い。

20060325004.jpg


駅からはさっさと離れて、フエの世界遺産へレッツゴー♪

20060325006.jpg

第12話:首都ハノイ(3)

2006年05月24日 21:48

さて、公園ブラブラも終え、ついに時間になりました。

実は、この水上人形劇までの時間つぶしだったのです。

2006032417.jpg


なかに入ると・・・小さなお池が。

2006032418.jpg


楽団が演奏を始めます。

2006032419.jpg


数分間ごとの民話や伝説など全17話の人形劇です。

2006032420.jpg


龍が花火を出したり、なんだかんだと・・・

よくわからん(汗)

2006032421.jpg


エンディングでは隠れて操作していた人形劇団の方も登場。

2006032422.jpg


期待しすぎてはダメですが、それなりに楽しめます。

前席がビデオ撮影野郎でなければ・・・

前が見えん!

ジャック!

24ばりに後ろから首絞めしたいところを我慢。

ということで、少しご機嫌ナナメなオイラ、
夕飯を食べてから、ハノイ駅に行きました。

さぁ、ここで日本語が達者なこのガイドさんとはお別れです。

2006032423.jpg

第11話:首都ハノイ(2)

2006年05月23日 20:30

ハノイの道路を渡るのは、マジで・・・

危険!

原チャリ爆走軍団ばかりです。

しかし、慌てて渡ると、かえって轢かれますので、
堂々と、ゆったり、そして、速やかに渡らねばなりませぬ。

2006032413.jpg


そんな道路を渡り、ホアンキエム(還剣)湖に到着。

橋を渡って中央の島に行けるみたい。

2006032414.jpg


よっしゃ~。渡るぞな。

ん? 何かチケットを売ってます。

でも、周りの現地人、そのまま渡っていきます。

オイラも何も言われません。

なんなんだろ~くん。

2006032416.jpg


しかし、渡った先の島にトラップが!

見事に兄ちゃんに捕まりました。

むぅ、チケットを出せと言っているみたい。

※オイラ、ベトナム語はわかりません。

え~、まわりの人、誰も買ってないじゃん。

何を言ってるのか、わかんないし~。

うにゃ~?

2006032415.jpg


そんなオイラたちを見て、
「もういい、行け。」という感じになりました。

添乗員も一緒になんだったのかな~と不思議なひと時。

さて、この島はゴックソン島と言うそうです。

ドラゴンボール 全曲集

あぁ、孫悟空。全曲集なんてあるんだ。

・・・という話ではなくて。

1/100MG ゴック

これはゴック。最近ガンプラを作ってないな。

1/100 MG アッガイ

オイラ、アッガイが作りたいや。

・・・少し疲れているみたいです。

さて、島内には「玉山祠」という建物がありました。

ここで少しのんびりしてから、集合場所へ帰りました。

現地ガイドさんに聞いてみたところ・・・

「外国人は有料なんです。」

あちゃ~、そうだったの(汗)

第10話:首都ハノイ(1)

2006年05月22日 22:41

バッチャン村を去り、到着した場所は首都ハノイです。

昼飯も終えて、腹ごなしに観光へ。

ホー・チ・ミン廟ですが、
オイラだったら、死後に遺体観光されるなんてやだな~。

で、この場所、北京の天安門広場にそっくり。


パクッたね(笑)


2006032409.jpg


次は延祐寺内の楼閣を観に行きました。

ハス池に1本脚で立つ「一柱寺」

コンクリートの階段がなければ、もっと美しいのですが。

2006032410.jpg


さらに「文廟」へ。

2006032411.jpg


ここでは孔子をまつっています。

2006032412.jpg


科挙の試験合格者の名前を刻んだ碑文が、
いろんな亀さんの上にあったのが面白かったです。

第9話:バッチャン村

2006年05月21日 22:41

ハロン湾を出発したオイラ。

バスから見える景色は・・・

日本の田舎+中国的なお墓など。

あとは水牛かな。

2006032401.jpg


次の目的地は・・・

バッチャン村

・・・なにそれ?

ベタに「おばあちゃん」ばかりの村?

と本気で思ったオイラ。

あっ、着きました。

2006032402.jpg


ベトナムで代表的な陶器が、
この村でつくるバッチャン焼なんだって。

まぁ、良い陶土があったから栄えたんだと思うけど、
とりすぎちゃって、今は他所から陶土は仕入れているらしい。

2006032403.jpg


そこで、工房見学に。

2006032404.jpg


まずはブツを量産化します。

2006032405.jpg


乾燥後、装飾して仕上げます。

2006032406.jpg


あとは焼成するなり。

2006032407.jpg


出来上がった商品陳列を見ましたが、オイラ好みでない。

購入せず、村の中をブラブラしてました。

さて、村を出る前に牛車に乗るということでした。

2006032408.jpg


しかし・・・村道を10分程度で往復するだけ。

つ、つまら~ん!

田んぼの中を歩いた方が雰囲気出るのに~。

イマイチな旅になりそうな気配が(汗)

アクアシェイプ45

2006年05月18日 22:50

2~3月にジムにあまり行けなかった影響が出ているのか。

待ち時間が発生するマシントレーニングをやめて、
水中ウォーキング&アクアダンスに絞ったのが失敗か。

リバウンドという状態ではないのですが・・・

体重が・・・(汗)

まずい。少し負荷を増やさないと。

そこで、今週から寝る前の愛馬Jobaくん15分復活(笑)
24 シーズン2を観ながら乗っています。うぃんうぃん。

しかし、これでは・・・

不十分!

そこで、アクアプログラムで一番負荷が高いプログラム。

「アクアシェイプ45」に初参加。

すると、こんなグローブを配布されました。

TROPS アクアフィットネスグローブ

アクアエクササイズ・アクアウォーキングに最適なシューズ。TROPS(トロップス)アクアフィット...

なるほど。結構、負荷がかかります。

・・・いっちょ、自分専用を買うか。

でも、同じ製品だとパクったと思われちゃうね。

違う製品を探してみると・・・あった。

AquaSphere アクアフィットネスグローブ

【AquaSphere】フィットネスグローブアクアフィットネスグローブ【楽天シニア市場】

でも、サイズがあわないとな~。

ジム内のショップを確認してから考えようっと。

あとは・・・食事療法か(汗)

第8話:世界遺産ハロン湾(3)

2006年05月17日 19:35

ハロン湾の奇岩が多い箇所が近づいてきました。

v20060323040.jpg


これは「闘鶏岩」。ファイト♪

v20060323041.jpg


ゴリラの横顔だって。

v20060323042.jpg


さて、カットバ島に上陸。

鍾乳洞「ティエンクン洞」の見学です。

v20060323044.jpg


結構、派手なことをしています。

オイラ、こういう悪趣味なライトアップは嫌い。

v20060323043.jpg



鍾乳洞から出ると、可愛らしいカニたちが。

v20060323045.jpg


あれ? 片手だけが大きいな。

シオマネキの一種でしょうか。

v20060323046.jpg



本日の観光も終わり、ホテルに着きました。

結構、立派なホテルです。

v20060323049.jpg


あいかわらず、一人ではもったいない部屋です。

v20060323047.jpg


窓から見ると、建造中の橋が。

せっかくハロン湾に宿泊するのにイマイチ。

v20060323048.jpg


正直に言うと、ハロン湾はオイラ好みではなく、
まったくトキメキませんでした。

飛行機で上から見れたら違ったかも・・・

ということで、今日は気合の入っていないblogでした(汗)

次回は、陶磁器の里:バッチャン村編です。

冷蔵庫

2006年05月15日 22:57

ナベさんからコメントをいただいたので、
住宅設備に関するネタもたまに書いていきます。

とりあえず第1回は・・・

冷蔵庫

冷蔵庫の目的は、「食材を腐らせずに保存」すること。

よって、我が家で最大の冷蔵庫、それは・・・

コンビニ!

はっはっは。いや、マジで。

まぁ、キッチン最大の電化製品が冷蔵庫ですから、
この選択でどんなキッチンにしたいか決まります。




・鍋ごと料理をしまえる大型の冷蔵庫

・十分な冷凍庫

・キッチン通路が狭くても良い両面開き

・デッドゾーンが少ない170cm程度の高さ

・ソリッド感が強いシンプルなデザイン




残念ながら、省エネの国産機種には該当なしでした。

そのときし、某店で展示品に一目惚れ。らぶり~。

GE560AS


GE冷蔵庫「GE560ALA(ステンレス)」ロングハンドル 【でんき0515】

両面開き、H172cm、冷蔵室361L+冷凍室119L

画像は標準仕様のステンレスですが、
シルバーグレー特注コーティング仕様でした。

展示処分価格でお値打ちゲット♪

しかし・・・1つ想定外・・・

それは・・・

重量156kg!

重さと大きさが制約事項となってしまいました。

はっはっは。まぁ、いっか。

なので、現在、倉庫で待機中です。

今後、この冷蔵庫にマッチしたキッチン設計を進めます。

暖かい場所はゴッキーが好む場所になるので、冷蔵庫周辺は直射日光の当たらない空気の流れが良い広々とした空間を用意しましょう。そもそも、冷蔵庫は熱交換器だからね~。

そうそう、ツルツルなステンレスをゴッキーは嫌うらしい。誰か、台所の床面をステンレスにして試してちょ(笑)

あっ、冷蔵庫のコンセントは、冷蔵庫上端よりちょっと上に配置しておこうね。火事になっちゃうから。

次は何を選定すべきか。む~ん。

第7話:世界遺産ハロン湾(2)

2006年05月14日 21:43

今日は5月の第2日曜日。そう、母の日です。

母の日だからというわけではないですが、
日ごろの感謝の気持ちを口に出して言う良い機会です。

みなさん、心を込めて伝えましょう。

母さん、いつもありがとう!

というわけで、母と焼酎お湯割りを1杯飲んで、
頭がボ~としてますが、旅行記を先に進めましょう。

ハロン湾観光クルーズ、出航するとさっそく接近。

果物売りです。う~ん、いらないよ~。

v20060323028.jpg


小さなゴツゴツとした島々が外海からの波を打ち消し、
静かな海面を作り出しています。

v20060323031.jpg


「海の桂林」と呼ばれているそうですが、
行ったことがないのでよくわかりません。

きっと、こんな感じの岩山がそびえたっているのでしょう。

v20060323030.jpg


ハロン湾は

「ハ」=降りる
「ロン」=龍

ということで、龍が舞い降りている風景なのです。

なので、ボードにも龍がいるのですな。

Go! Go! Dragons!

v20060323032.jpg


昼食タイム。

魚、海老、カニなどが少しずつ出てきます。

ここで養殖している名物だそうですが・・・ちとドロ臭い。

v20060323029.jpg


食事が終わるとさっそく商売タイム。

後ろで指示しているのはおかんでしょう。

う~む、母は強し(笑)

v20060323033.jpg



奇岩が密集しているところへ進入します。

v20060323035.jpg


船首で日本語が上手なガイドさん(男性)と
二人でのんびりと雑談をしていました。

そんなとき、「あちらをごらんください」

v20060323036.jpg


「ハロン犬(ワン)です」

・・・笑うべきところか?

オイラ、駄洒落は苦手なのだ。

v20060323037.jpg


水上生活している人が多いですね。

v20060323038.jpg


小船が近づいてきました。

「子供を育てるんだから、金をよこしな!」

そんな強気の・・・

Give me money!

v20060323039.jpg


ほよよ~、母って、つお~い。

母の日特集おしま~い。

プロジェクトF 準備開始

2006年05月13日 12:57

もう5月も中旬。夏・秋も仕事の予定が・・・

特に9月の3連休に秋季大会というのはヒドイ。
平日に開催してくれよ~(泣)

そろそろ、プロジェクトFの実施日を決めないとマズイ。

富士

そうです。登るのです。

もう「日本人なのに登ってないの?」なんて言わせません!

まずはアイテム揃えに、好日山荘 名古屋栄店にお買い物へ。




靴:
THE NORTH FACE:W PINYON XCR MID(WOMEN'S)

ノースフェイストレッキングシューズW PINYON XCR MID NFW70603-SA  

本格登山ではないので、軽量なトレッキングシューズを選択。
足のサイズが24.5cmなので女性用モデルに(汗)




ザック:
OSPREY アトモス50(ジェットストリームグレー)

背面がメッシュで軽量なOSPREYを選択しました。

送料無料!!■オスプレー[OSPREY]バッグ・ザック・デイパック|アトモス50

ちょっとプロジェクトFにはサイズが大きすぎるかも。
普段、使っているデイパックで登るかもしれません。

これは、次の海外旅行用に使うのが主目的ですから。




このとき、履いていた靴底が磨り減っていたので、
ウォーキングシューズも買ってしまいました。

ミズノ フリーウォーク OD100αGTX 5KF-412
ミズノ フリーウォーク OD100αGTX 5KF-412

その場で履き替えて、自宅まで歩いて帰ってきました。

あとは、カッコイイ防塵マスク、レインスーツ、一脚杖かな。

一緒に登山する気がある方、まずは下記のサイトをチェック♪

あっぱれ富士登頂

なお、Ericへ。 こちらをみてね。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/fujisan/fuji-english.html

第6話:世界遺産ハロン湾(1)

2006年05月11日 22:02

ハイフォンからハロン湾のバイチャイに移動してきました。

ここは1994年に世界遺産に登録された場所です。

残念なことに、天候がイマイチ。

v20060323025.jpg


仕方がない。それでもハロン湾クルーズに出発です。

切符を渡してゲートを通過します。

v20060323026.jpg


この船で行くらしい。

ランチは船内で海鮮料理だって。

v20060323027.jpg


どんな世界遺産が待ち受けているのでしょうか?

第5話:ハイフォン市内(4)

2006年05月10日 23:15

市場を満喫したオイラ、次はハイフォン駅に立ち寄りました。

なんともいやはや・・・

派手!

v20060323021.jpg


駅から観光バスに戻るときに青空床屋を発見。

こんな床屋さんがたくさんありましたが、
雨が降ってきたらどうするんだろねぇ。

v20060323022.jpg


宿泊したホテルでトイレ休憩後、ハイフォンを去ります。
ホテルの向かいにある高級電気店をチラッと見物。

電気店のガードマンは凛々しい女性でした。

v20060323024.jpg


トルコ同様、男性より女性ががんばって働くお国かも。

さて、その店の前を異様なベンツが通っていきます。

結婚式なんだってさ。

v20060323023.jpg


ということで、次回は世界遺産見物であ~る。

第4話:ハイフォン市内(3)

2006年05月09日 22:50

市場の前のメイン道路。

籠が置いてありました。

v20060323017.jpg


それも、た~くさん、置いてあります。

なんだろ~く~ん?

v20060323015.jpg


う、動いてる?

v20060323014.jpg


あ・・・鶏だ。

v20060323016.jpg


いただき~。売買成立。

v20060323019.jpg


川は静かに流れていく・・・モルダウ?

哀愁漂う一枚。

v20060323020.jpg


・・・ん?

アヒルも?

プリンちゃん、まだ見つからないかなぁ。心配。

v20060323018.jpg

第3話:ハイフォン市内(2)

2006年05月08日 23:42

さて、タムバック市場へ突入します。

v20060323006.jpg


しかし、肝心の市場内の写真はありませ~ん(笑)

生地や衣料品の店がほとんどでつまんない。

散歩が楽しいのは・・・こういった路地!

v20060323013.jpg


ほらほら、肉が放置状態で売られています。

v20060323011.jpg


ドカ~ンと可愛らしいサイズのパイナップル山積み。

v20060323009.jpg


切ってから売るのかなぁ?

v20060323008.jpg


ここで売っているのは・・・

豆腐とアゲ!

v20060323010.jpg


野菜もたっぷり。

v20060323012.jpg


かわいい魚屋さん・・・ってか。

v20060323007.jpg


さて、気づいたでしょうか?

軍曹、アオザイ女性が・・・ほとんどいないであります。

ピカイチと・・・

2006年05月07日 22:06

お腹がすいたので、母と中華料理を食べに行くことに。
味仙は味が落ちているので、今回は、ピカイチへ。

まずは手羽先。

本来は1皿3つですが、4つに追加してもらいました。

2006050701.jpg


焼酎のお湯割りにしようと思ったが
「ライム生茶」に興味がワクワク。

ということで、注文したら・・・ただの冷たいドリンク。

2006050702.jpg


青菜炒めはSサイズに。

2006050703.jpg


餃子は、まぁ・・・普通。

2006050704.jpg


酢豚もSサイズ。

人参ではなくてトマトが入っているのは珍しいかと。

2006050705.jpg


最後にニンニク炒飯。

2006050706.jpg


ピカイチは二人だとSサイズを注文できるので、
そこそこリーズナブルに済むのはありがたい。

ということで、大型連休も終わり。

むぅ~。なんか・・・寂し~い。

ということで、急遽、トイザラスでお買い物。

【DS】楽引辞典 

NDS 旅の指さし会話帳DS アメリカ

【新品】NDS 旅の指さし会話帳DS DSシリーズ ドイツ

というソフトを買ってきました。
少しだけ使ってみましたが、後日、じっくりと試します。

昨夜、ベッドで寝ながら始めたのはこちら。

スライムもりもりドラゴンクエスト2 大戦車としっぽ団

久しぶりのドラクエシリーズ。

うけけけ。楽しい~♪

しかし・・・朝にはエンディング到達(汗)

エンディング以降も少し展開がありますが・・・

これ以上、時間を使うつもりなし。

データ消去!

1晩だけですが、休日らしい時間を楽しみました。

GEOに中古で売ってこなくっちゃ。

第2話:ハイフォン市内(1)

2006年05月06日 08:36

さて、ハイフォンの説明を少しだけ。

首都ハノイから東に100kmのベトナム第3の都市。
・・・にゃごやみたい。

ここはフランス植民地時代の建物が数多く残っている町。
Yさんにはホーチミンよりハイフォンを推奨っス(笑)

では、観光前スタート。

最初に、宿泊したハーバービューホテルの外観をパシャ。

v20060323001.jpg


こんな車が良く似合う高級ホテルでした。

v20060323002.jpg


最初の観光スポットが「ハイフォン市立博物館」

外観はフランス統治時代のエッセンスですが・・・

v20060323003.jpg


展示品はハイフォンの歴史に関する写真など。
それも・・・説明文に英語なし。

わ、わからん・・・つまら~ん(汗)

早々に庭へ脱出すると放置状態の展示物が。

これはMiG-15ではなく・・・Mig17だよね。

v20060323004.jpg


ふ~、やっと集合時間。

川を横目にタムバック市場へ向かいます。

わくわく。

v20060323005.jpg

第1話:ベトナムへ

2006年05月04日 22:17

花粉から逃げるために3月末の逃避行。

中東・南米の後なので、さすがに長距離は・・・

えら~い!

(名古屋弁:しんどい、疲れた、ダルい)

ということで、近場のベトナムでお茶を濁すことに。

セントレアに集合して、まずは朝食「海老穴子天丼」

v20060322001.jpg


集合時間になったので団体カウンターへ。

う~ん、オイラ以外は皆、年配の方々です。

・・・運命の出会いはありません(笑)

ということで、ホーチミンへレッツゴー♪

なんとベトナム航空は・・・

映画上映なし!

ちぇっ。楽しみにしてたのに。

v20060322002.jpg


ホーチミンに到着後、国内線でハイフォンへ。

さぁ、バスに乗って飛行機まで移動します。

v20060322005.jpg


うっ。古そうな機体。

v20060322006.jpg


うん、すぐにハイフォンに着きました。

ホテルに着いたら、チェックイン前にいきなり夕食。

ベトナム料理というより中華料理でした。

味はイマイチ。

v20060322003.jpg


さて、お部屋に移動します。

うん、そこそこ綺麗。

v20060322004.jpg


フルーツを頂いて、おやすみ~♪

v20060322007.jpg

多治見方面へドライブ

2006年05月03日 23:30

まず、鳩シリーズ(笑)

最初に、近所にいた普通の土鳩(どばと)を。
こちらは柄が・・・

ケバイ!

もし、住み着いたのが彼らなら追い払ったでしょう。

2006050301.jpg


そして、こちらが我が家の野鳩(のばと)。

野鳥だけあって・・・

シック♪

オイラは落ち着いている方が好きなのだ。

2006050103.jpg


さて、オイラにとってのGW初日。

先日の論文校正のお礼に、Ericを連れてドライブに。

忙しいので、複数の用件を同時に処理するため、
目的地は「多治見」に決定!

最初に、ベトナム旅行で知り合ったOさんへ
デジカメ画像データをCD-ROM2枚に焼いてお届けに。

Oさんの作品はリンク先。

http://www.itw.co.jp/minoyaki/room7/room7j_3.htm

せっかくなので、仕事場と窯も見学させてもらいました。
実はEricは元パン職人。窯には興味津々。

2006050303.jpg


内部は3段になっていました。
また、後日、遊びに行きたいと思います。

2006050304.jpg


ケーキ&紅茶をいただきながら、
近くの温泉場所を教えてもらいました。

ということで、可児市「天然温泉 三峰(みつみね)」です。
http://www.mitsumine-onsen.com/

2006050302.jpg


温泉を満喫した後、荻原さんと共に第二の目的地へ。
そこは、美濃陶芸協会ギャラリー。
http://www.mino-tougeikyoukai.org/gallery.html

陶芸家のAさんから展覧会のお知らせをいただいたのです。
Aさんとのお付き合いは5年ほど前に、
オイラ専用茶碗を作っていただいたのがキッカケでした。

わがままなオイラの注文は・・・

「手にフィットして、お茶漬けが美味しいやつ!」

愛用しています。ご飯が旨いなり~。

Aさんの作品もリンクしておきます。
http://www.mino-tougeikyoukai.org/work-12.html

さて、Ericを豊田まで送らなくっちゃ。

ん? 我がカーナビに・・・東海環状道がな~い。

データ更新より、次のカーナビに買い換えです。

VGA表示+道路重視モードなどを待ち続けていたのですが、
パイオニアのサイバーナビの新型で実装されます。
OEM機種NHDP-W56Sがついに掲載されたので、
本家からもまもなく販売でしょう。
http://toyota.jp/dop/navi/lineup/nhdp-w56s/index.html

ということで、疲れたので、夕食は外食。

オイラが好きなアスパラの揚げ物で満足。

2006050305.jpg

新しい仲間

2006年05月01日 22:04

最近、我が家にある生命体が住み着いた。

それは・・・



1号です。

2006050102.jpg


うむ。1号だけを見てもよくわかりませんな。

それでは、次。

2号。

2006050103.jpg


この模様・・・土鳩ではない。

そう。

野鳩!

だよね。

彼らが我が家にいついた理由。

2006050104.jpg


まぁ、家賃は見逃してやろう。

ということで、今日も1日しっかり働いた。

疲れたし、花粉症で辛いので今日はジムはお休み。

昨夜、買ったケーキを食べて・・・

2006050101.jpg


もぐもぐ。うむ。満足でござる。

今夜はベッドの上で論文を読んで寝るなり。

おやすみ。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。