スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第34話:ボスラ遺跡

2005年12月22日 23:15

トイレ休憩。どこに行っても・・・チップボーイが来ます。
掃除もしてないトイレにチップはあげないよ~ん。

2005081801.jpg


ボスラに到着。ため池を眺めながら進んでいきます。

2005081802.jpg


先には、要塞(シタデル)がありました。

2005081809.jpg


要塞の内部は、ローマ劇場があります。
世界遺産に登録されたほど、保存状態が良い円形劇場です。

ただ・・・さすがに飽きてきました。

2005081803.jpg


この劇場にある壁画です。なかなか可愛らしい図柄です。

2005081804.jpg


劇場の舞台に降りるため、内部を下っていくと・・・
おぉ、光線が良い感じに。パシャ♪

2005081805.jpg


舞台側から劇場を観客席を観ると音響システムが。

2005081806.jpg


その1(壁の穴)

2005081807.jpg


その2(床の穴)

2005081808.jpg


音を上手に集音し、反射させる仕組みとなっているのですね。


ボスラ遺跡はこれで観光終了。この後、ヨルダンへ入国。




さて、本日をもちまして、2005年の日記は終了でございます。
ご愛読&コメント、ありがとうございました。

それでは、皆様、良いお年を。

しかし、寒いのぉ。明日は新幹線での移動できるかなぁ。
スポンサーサイト

書いてみただけ~。

2005年12月21日 19:58

1:許せない。訴えてやる!

2005年に通った英会話教室。

最初の先生は熱心で良い先生だった。
しかし、彼女はブルガリアに帰国。

後任の先生は・・・やる気なし。
名古屋嫌いで自分の考えを押し付ける。

さらに・・・遅刻常習犯。

オイラ・・・時間にルーズな人は・・・

嫌いじゃ~!

※恩師は除く(汗)

ということで、残念だけど昨日で辞めました。
来年は別の場所へ学びに行こう。

もちろん、訴えないけど。



2:先日苦しんだアレ。

あの結果がきました。ワクワク、ドキドキ。

オープン♪

異常ありません

えっ・・・一言だけ?

辛い思いをして得られた情報は・・・それだけ?
レントゲンのコピーはないの?
調査書に「胃下垂かも?」って尋ねた回答は?

患者(候補)の気持ち、わかっていないなぁ。



3:ダイニングにて

昨夜は食後、母とダイニングで年賀状を仕上げていた。

そんなとき・・・

30代独身男性がここまで増えたのはなぜか?
結婚できないのか、それともする気がないのか。

そう。「ガイアの夜明け」が放送されたのだ。

オイラ。。。

結婚・・・してない

する気・・・ある

相手・・・いない

出会い・・・ない

・・・

母がこっちをじ~と観ている・・・

うすらのばぼーん!

べーしっ君になってしもうた。

ハニワよりましか。



4:わかる~?

昨夜、「わかったつもり 読解力がつかない本当の原因」を読んだ。



予想どおりの展開だった。

ボチボチ面白かった。

ただ、この本を読んだだけでは読解力は上がりません。
そのことを、この著者も暗に主張しているんですねぇ。

スキーマがないと「わかる」ことは難しい。

うん、知識・経験がないと、わかるようにならんのだす。

人生、豊かに生きよう!

さて、今夜のアクアダンス45はクリスマスバージョンらしい。

いったい、どんな風になるんだろう。

第33話:レバノンでワイン

2005年12月20日 21:10

今回でレバノン編も終わりです。

出国前に、クサラの町へ立ち寄りました。
レバノンは世界で最古のワイン産地の1つ。

なので、目的は、ワイン工場。
創業1857年のCAVES DE KSARA。

この工場は、長い間、教会でワインを製造していたのが、
1974年に前法王ヨハネ・パウロ2世によって
教会でのワイン製造が禁止されてしまい、
民間会社に買い取られて製造を続けているそうです。

2005081745.jpg


工場の前にあるブドウ畑です。

Cabernet Sauvignon(カベルネ・ソーヴィニヨン)ということは、
これは赤ワイン用のブドウですね。

レバノンは1918年にオスマントルコから独立後、
1920年から1946年まで、フランスの委託統治領だったので、
フランスワインの影響を受けているのでしょう・・・きっと。

オイラ、基本的にアルコールは飲まないから、
詳しいことは、ワイン好きなマイミクな方に聞きましょう。

2005081752.jpg


あまり時間がないので、サクッと受付を済ませ・・・

2005081746.jpg


さっそく、ワイン貯蔵庫へ入りましょう。

2005081747.jpg


なんと、内部には・・・

全長2kmにもおよぶ洞窟

だって、「CAVES DE KSARA」だもの。

なんと、この洞窟がワインの貯蔵庫で樽がゴロゴロ。

2005081748.jpg


レバノンワインは日本でも安く売っているみたいなので、
重いし、割れるから、お土産には買いません。

2005081749.jpg


そう、目的は試飲でござる。
マネジャーのお姉さんが次々に持ってきます。

2005081750.jpg


老若男女・・・

飲んだら陽気にハッピー♪

2005081751.jpg


さて、ワイナリーを出発。

途中で親子観覧車を発見。色合いが面白いですね。

2005081753.jpg


国境を越えてレバノンからいったんシリアのダマスカスに戻ります。

1時間ぐらい、この国境で待たされました。
退屈だったので、禁止されていますが隠し撮り。

2005081754.jpg


次回は、シリアでの最後の観光。
世界遺産「ボスラ遺跡」編です。

ダイエット&筋トレ:ステージ2の結果

2005年12月18日 16:00

ステージ2は、12/23を最終日として計画していましたが、
本日、ジムで1,050円の体組成評価システム:B-FORMERを受けたので、
このデータでステージ2終了とします。

まずはステージ1の復習から。



ステージ1

水中ウォーキングを毎日60分としたトレーニング

食事は、デスクワークのみの日だけカロリーメイトにした。

開始日:2005年6月1日~終了予定日:10月31日
実際の達成日:7月17日

1:目標体重:58kg台
  61.4kg → 58.5kg

2:目標体脂肪:18%台
  22.0% → 18.5%

BMI:22.69 → 21.62



夏のステージ1は光速エスパー状態で達成したので、
秋のステージ2はちょっとキツイ目標にしました。
まず、今日のB-FORMERの結果だけ先にお見せしましょう。



B-FORMER

あなたの体型
標準健康タイプ

見た目は標準的な好ましい体型で、体脂肪量も適度な健康的なタイプ。
しかし油断は禁物です。これ以上体脂肪量を増やさないように、
定期的に軽い運動を取り入れましょう。

基礎代謝
標準的なタイプ

内臓脂肪レベル
レベル7→特に問題はなさそうです。現在の体型を維持しましょう

筋肉バランス

左右の筋肉バランスは良好。この状態を維持しましょう。



さて、B-FORMERのコメント結果からすると、
かなり良い状態のように感じられますが、
データとしては、どうなのでしょうか・・・

それでは、発表します。



ステージ2

月・水・土
・水中ウォーキング30分
・水中ダンス45分

火・日
・エアロバイク60分
・マシントレーニング45分

食事療法:なし

開始日:2005年7月18日~終了予定日:12月23日
測定日:12月18日

1:目標体重:56kg台
  58.5kg → 

56.9kg クリア!

2:目標体脂肪:16%台
  18.5% → 

20.7% 失敗!



体重は昼食後すぐに測定したので、実際はもう少し軽いです。

また、体脂肪は、我が家で測ると18.5%程度と変化なしで、
計測器によって測定値が大きく違います。
どちらにしろ、目標とはかけ離れているのは事実ですけどね。

よって、ステージ2は、

半分だけクリアー♪

なかなかブラピのような肉体にはなれませんな。
ハッハッハ。

カウンセリングで言われたことは、

1:筋トレを増やして基礎代謝量を+50kcal
2:運動後、タンパク質を補給しましょう

そこで、マシントレーニングでは、
8回で限界になるウエイトで、
1セット10回を3セットすることになりました。



ステージ3(開始予定)

開始日:2006年1月1日~終了予定日:2006年3月31日

1:目標体重:54kg台

2:目標体脂肪:18%台 (B-FORMERにて)



とはいえ、少しは新しいことをしないと・・・

つまら~ん!

ということで、買っちゃいました。

α-リボ酸

詳細は↓をクリックすると閲覧できます。

★ポイント5倍★モバイル限定!12月19日9:59までウィークエンドポイントアップ祭♪モバイルで...

1日2カプセルということで、60カプセル入ってますから、
2006年の1月はコレで実験しようかな。

でも、薬の効果は期待してません。

あくまでネタ(笑)

今夜の予定

2005年12月17日 16:18

アクアダンスをやっていると困ることがあります。

トランクスタイプの普通の水着は、
踊っているとポケットに空気が入って激しい動きが難しいです。

なので、もっとフィットした水着を買ってこないとなぁ。
そう思いながら、ただいま、ジムから帰ってきました。

うん、今夜はスポーツオーソリティで水着を買おう。
ついでに、ジム用のバッグも買ってこよう。

・・・そういや、最近、仕事漬けで映画を観てません。

最後にみたのが、「チョコレート工場の秘密」か・・・

せっかく三好まで行くのだから、映画も観てこようかな。
ケチンボ・オイラは、いつも1,000円レイトショー。

TVCMで観た映画にしようかとMOVIX三好のサイトをチェック・・・

あれっ、始まったばかりなのに・・・もう終わっちゃうの?

この映画は、よほど人気がないのか・・・

そのお題は

ザスーラ

子供向けで、ボチボチという話も聞きますが、
英語リスニングのリハビリにはちょうど良いでしょう(汗)

オイラ、ボードゲーム好きだし。

でも、開始時間22:20は、さすがに遅すぎだぞ。

まぁ、デートじゃないので、関係ないけどさぁ。
22:00でまわりの店が閉まっちゃうから、待つ場所が少ないぞぃ。

でも、一番心配なのは、帰りに・・・

雪が降りませんように

とりあえず、今から仮眠しておくなり。

第32話:バールベック遺跡

2005年12月15日 21:35

ローマ帝国が200年以上かけて建設した聖地バールベック(Baalbek)へ。

でも、オイラの気になっているものは・・・

でっけぇ~!

道路沿いに、巨大スイカが売ってる店がたくさん。

2005081725.jpg


さて、バールベック神殿につきました。

内戦のため、長い間、外国人観光客が立ち入り禁止だったそうです。

2005081726.jpg


もともとはこんな配置だったようです。
中東最大規模と言われるだけのことはあります。

2005081727.jpg


順番にまわっていきましょう。

2005081728.jpg


おぉ、こんなにしっかり残っているんだ。

2005081730.jpg


腰壁をみると、こんな状態のものがありました。

Before

2005081731.jpg


最後までやり遂げましょうね。

After

2005081732.jpg


ジュピター神殿に残る6本の大列柱。凄まじい大きさ。

もともとは、これが54本。
アテネのパルテノン神殿を越える巨大な神殿だったそうです。

この巨石、どうやって上に積んだのかなぁ?

ルーク、フォースを使え。

2005081744.jpg


ライオンくん。ガオ~。

2005081733.jpg


ほぼ全貌を留めているバッカス神殿。

2005081734.jpg


ちょっと中に入ってみましょう。

2005081736.jpg


おぉ、広いなぁ。

2005081737.jpg


さて、ちょっと上の方をみてみましょう。

2005081735.jpg


穴があいてます。

2005081738.jpg


これが落ちてきたのね。恐ろし~い。

2005081739.jpg


犯人はお前か!?

2005081740.jpg


さぁ、お昼を食べたレストランの景色から。

2005081741.jpg


瓦礫の山状態のヴィーナス神殿の向こうにレストランがあったのです。

2005081742.jpg


さて、食後、バスで移動です。

遺跡近くの石切り場へ。

これが石です。

ん? ただの長い石に見えます?

とんでもない!

2005081743.jpg


これは、幅4.5m、高さ4.3m、長さ21.2m・・・

重量1000t以上という巨大な石灰岩。
一説によると2000t。

・・・こんな重量物、今でも動かせないっちゅ~の!

フォースを使えって。

さて、この岩切場を守ろうとしたお爺さん、
長い間、キチガイ扱いされたようです。

自費で、ここを守っているそうで、
国から補助金が出ることを願っているということでした。

頑張れ、じぃちゃん。どんとこ~い!

大きな勘違い

2005年12月14日 23:13

昨日は、初体験イベント。

胃のX線撮影

つまり、バリウムを飲まねばならないのです。
激マズと聞いていたので、とっても心配だったのだ。

前日から水分を取らずに我慢。
しかし・・・、早朝、職場に行って机に向かったとき、

ごくん。

ん? オイラ、今、何をした?

あっ、机の上に置いておいたペットのお茶、1口飲んじゃった。
無意識って、怖いですねぇ。




明日に延期かなぁと、看護婦さんに伝えると、
1口なら大丈夫ですよと言われてセーフ。

さぁ、運命の時間です。渡されたバリウムを見て・・・

あら、白いのね。こんなに飲むの! うひょ~ん。

仕方がない。覚悟を決めて・・・
ごくごくごくごく。

クリア~♪

美味しくないけど、一気に飲めたぞぃ。
その後のお腹をガスで膨らますのも酸っぱいけどOK。

撮影も無事に終わって・・・ラリホー♪
さぁ、バリバリ、レポート採点して仕事を片づけよう!




この後、看護婦さんから笑顔でプレゼントをもらいました。

おろおろ、なんだろう・・・

下剤2錠!

ぐっ・・・バリウムが固まる前に排出しないといけないのね。

はっはっは。オイラ・・・大きな勘違いをしてました。
辛いのは、撮影してからだったのですね(汗)




ひたすら水を飲み続け、トイレに走ることを繰り返す。
この状況でのゼミ指導は辛かった。
職場のトイレにも、ウオッシュレットが欲しいです。

ということで、やっと復活しました。

苦しんだ分、明日の昼食は美味しいモノを食べないとね♪

肉をくえ~

2005年12月12日 19:05

東京では、昨年からジンギスカンがブームらしい。

な、なぜだ?

名古屋でも、北海道でも、何度もジンギスカンを食べたけど、
旨いと思ったことは一度もないんです。

なぜなら・・・オイラ、マトンの臭みが苦手なのです。

よって、トルコ旅行は毎食辛かった。
最後にイスタンブールに到着したとき、

マクドナルド万歳!

と思ったぐらい(爆)

しかし、噂では、羊肉が苦手な方も大丈夫らしい。

・・・オイラが今まで食べた羊肉はハズレだったのか?

調査すると・・・あっ・・・

ラムなのね!

子羊さんなら、大丈夫かも。

ということで、夕飯に「ジンギスカン金太郎」というお店へ。

新橋で地図の場所を探したのですが、アレ~、お店がない。
困ったなぁ・・・ウロウロ。

すると、少し離れた場所に・・・

さっぽろジンギスカン

金の羊

これ、くまぽんさんが行ったという店だなぁ。
美味しいって言ってたし、ここに入ってしまおう。

121001.jpg


予約をしていないので、テーブル席が空くまで15分待機

席について、メニューを見ると、「金太郎」・・・

なんだ、移転と店名変更だったのね(汗)



肉は1人前700円。人数分、自動的にオーダーされるそうです。
野菜セットを追加しました。

スライスされた冷凍マトン肉とは違って、肉らしい姿です。

121002.jpg


生で食べても良いとのこと。
オッサン3名、レア状態で・・・くえ~、くえ~。

ん。臭みはあまりないし、これは大丈夫。

121003.jpg


肉を数回追加、アルコールも2杯ほど飲んで満腹。
焼肉としては、1人当たり3,500円でリーズナブルでした。

K先生は、最初、「新橋は遠いよ」と文句を言ってましたが、
食事中に、「ここはアタリ」と言ってくれたので一安心。

個人的には、もう少しインパクトのあるタレの方がいいかなぁ。

食べ過ぎで苦しかったので、新幹線に乗るため、
東京駅まで徒歩で移動しました。

いろいろとライトアップされていたので1枚撮影。

121004.jpg


さて、明朝は、人生初体験イベントが待っています。

すっげ~ドキドキ。あ~・・・憂鬱。

週末の読書

2005年12月11日 12:13

最近、おとぼけな「食事」「旅行記」日記ばかり書いているので、
たまには、違うことでも書きましょうか。

GREEには真剣なことを書いたので、
このblogには読書日記を書いておこう。




『ザ・キャッシュマシーン』

金曜の夜、東京駅構内で購入後、新幹線内で読破した書籍です。
TOC(制約理論)を営業業務に適用する啓蒙本です。

TOCの書籍はかなり読んでいることと、制御系の研究者としては、
当たり前の発想なので、新しい知見は得られなかったのですが、
少しだけ、興味をひいた箇所がありました。

それは、以下の点に、触れたことにあります。

「市場に制約条件が移った場合」

企業内スループットのボトルネックが市場ニーズが上回る状況でしょうが、
問題提起だけで具体的な例やソリューションが記されていません。

果たして、著者はどんな状況をイメージしたのでしょうか。

S1:まだ製品を必要とする人は潜在的には存在する
S2:本当に必要とする人には売り切ったので存在しない

対応として、すぐに思いついたのは以下4つ。

A1:ニーズに応じて製造量を下げる
A2:新製品の開発
A3:需要を開拓する
A4:必要としない人に売りつける

我々の研究課題の1つと関連しそうです。
フフフ、TOC、今後の展開が楽しみです。

一般の方にも楽しめる小説本ですので、
お店を経営している方にはオススメします。






『英語で学ぶトヨタ生産方式』

先日まで、研究会のため、SCM関連の資料を訳していましたが、
予想以上に、初見の専門用語(英語)で苦しみました。

このときは、専門辞典や英辞郎が役立ちましたが、
もう少し自分の知識を補強する必要性を感じました。

そこで、有用そうな本を見つけたので読み始めました。
トヨタ生産方式で使われている言葉は、
一般の製造業の説明にも有用ですから。

で、当初、布団の中で読んでいたのですが、眠くて先に進みません(汗)
なので、まだ途中ですが、これは良書ですな。

ということで、これからジムのエアロバイク上で読破してきます。






『Head First デザインパターン』

そろそろ、プログラミングを再開できそうなので、
まず、頭をオブジェクト脳モードに切り替えないといけません。

とはいえ、おじゃるなオイラ、
ロジカルなプログラマー猿に急には戻れません。

そこで、今夜から、デザインパターンのリハビリ開始です。
まず、朝から本屋でどれを読もうか、ウロウロと探していました。

すると、アメリカで原書を買ったにも関わらず、
読みかけだった本の和訳が、やっと販売されました。

これ、オイラにぴったりな、ゆる~い本なんです。

昼食後、少し読んだのですが、和訳としては・・・(汗)
でも、理解できる程度に訳してありますし、
イラストでイメージ付けされる本ですし、大丈夫でしょう。

ということで、今夜から夜の読書はコレに決定。

第31話:ベイルート

2005年12月08日 22:01

ベイルートには不思議な川があります。その名も・・・

犬の川

・・・はぁ?

ナハルルカルブと言うらしいですが・・・

理由はわかりません。犬が水浴びしてたのか?

この川はベイルートのすぐ郊外、交通量が多い場所にあります。

2005081721.jpg


2005081724.jpg


歴史上、重要な碑文が19ほどあるそうです。

古代エジプトのラムセス2世がこの地での武勲を岩に刻んだ後、
いろいろな征服者たちが碑文を残していったようです。

・・・でも、オイラには読めない文字が多いのだ。

ということで、オイラの・・・

わかんね~?

というお悩み具合をご一緒に(笑)

2005081722.jpg


2005081723.jpg


2005081717.jpg


2005081718.jpg


2005081719.jpg


こういうときは英語を見ると、ホッとします。あははは。

2005081720.jpg


そうそう、北海道にも「犬の川」があるそうです。

アイヌ語では「セタルペシュベナイ」というらしいですが、
これが略されて「セタナイ」

現在は・・・

せたな町

語源って・・・よくわからんねぇ(汗)

次回の旅行記は、中東屈指のローマ遺跡 世界遺産バールベックです。

第3回 にゃご・めるぐ~♪

2005年12月06日 21:57

BMW仲間からは・・

ひつま武士

と呼ばれるアレの発祥店「いば昇」でオフ会を開催しました。

※1:決して、「暇つぶし」ではございません。
※2:「櫃まぶし」という登録商標は「あつた蓬莱軒」が抑えています。

にゃごやは、「味噌煮込みうどん」も「カレーうどん」も、
本家や元祖がたくさんある街でござる。

ということで、今回のオフは4名で開催。

いば昇のポイント・・・人数分まとめて・・・

お櫃でくるのだ!

これが4人前です。

2005120601.jpg


さらに、アップでどうぞ!

2005120602.jpg


ただ、食べたらすぐにテーブルを空けてと言われました。
やたら慌ただしい店になっていました。

昔は、もう少し余韻を楽しめる店だったのだけど・・・

贅沢した分、

昨夜の夕食は、マクドナルド。
チーズハンバーガーセット(チーズ抜き)で

250円

うん、ひつまぶしの1/10で済んだ(汗)

第30話:ベイルート観光

2005年12月06日 21:34

さて、ベイルートの旧市街を観光しました。

最初に、湾岸通りで「鳩の岩」を見に行きました。
市内一の観光名所ということですが・・・

鳩サブレー形かと思ったら、ただの岩。

渡り鳩がいるとか、伝書鳩レースがあったとか・・・
どれが本当かわからないけど、鳩もいないじゃん!

2005081708.jpg


そんなプンプンしているオイラの後ろを
変わったパンをパン売りが売りにやってきました。

ちょっと食べてみたかったんだけど。

2005081709.jpg


ハリーリ元首相の追悼会場で、ご冥福をお祈りしてきました。

2005081710.jpg


旧市街に行くと、足跡が・・・

ハリーリ元首相が死の直前に散歩したコースだそうです。

2005081711.jpg


こちらの国々のレストランにはキュートな人形が多いです。

2005081712.jpg


街中には、マシンガンを装備した兵士だらけです。

2005081714.jpg


ベイルートでは、街中を掘れば遺跡が出てくるようです。
ここは、ローマ浴場の遺跡。
奇妙な床の配置は、熱湯によるサウナだったそうです。

2005081715.jpg



さて、ちょっと息抜きに。

扇風機は何台?

2005081716.jpg


しかし・・・この良好日記、いつ終わるんだろう(汗)

いつかは・・・国内編(高松)

2005年12月04日 23:30

働きづめのオイラ、ちょっと休養をとりました。

「いつかは・・・」シリーズの1つとして、

高松に転勤となった友人T氏セレクションの

讃岐うどんの旅




1:池上

名物「瑠美子おばあちゃん」のいるお店から。

開始直後の9時50分ぐらいで、まだ空いてます。

113001.jpg


讃岐うどんの旅の始まりは「釜揚げ卵(かまたま)」です。

1玉70円と玉子30円、合わせて100円。

安くて、まいう~♪

113005.jpg





2:なかむら

二軒目、10時半ぐらい。まだ空いてます。

お客自身がネギを畑でとってくることで有名なお店だそうですが、
普通に店に置いてありました。

113006.jpg


ここは、単なる「かけうどん(小)」にしました。

ちゅるちゅるちゅるちゅるちゅ~るべ~。
美味しいのぉ。

113008.jpg


ヒョウ柄マットの上でゴハンを食べる中村家のワンちゃん。
とってもキュートでした。

113010.jpg





3:山越

三件目。11時ぐらい。さすがに混んできました。
しか~し、まだまだ元気なオイラ。

113012.jpg


次々にうどんをお客さんに渡していきます。
処理が早くて、写真ではこんな感じに。。

113013.jpg


元祖「かけたま」です。
この店はちょっと半熟っぽくてマイルド♪

うん、ここも、旨いのぉ。

113014.jpg





4:宮武

4軒目は「どっちの料理ショー」に出演した親父さんの店。
12時ちょっと前。さすがに苦しくて顔がひきつってます。

113015.jpg


ここでは、元祖「ひやひや」を。麺がよじれて・・・か、固い。
最後にひやひやは失敗だったかも。苦しい・・・もぐもぐ。

うぅ、5軒目は無理。オイラ、限界なり。

113017.jpg





5:食後の運動

ということで、食後の運動をせねばなりませぬ。

お伊勢さんと並び、日本人として行かねばならぬ場所へ。

武勇伝!武勇伝!ぶゆうでんでんででんでん!

こんぴら参りにレッツゴー!

113018.jpg


ここで半分ぐらい。既にT氏はバテバテ。

113019.jpg


金比羅宮の本宮まで来ました。
荘厳で美しい建物です。たまらん。

113021.jpg


讃岐富士が見えます。

もっと上にある奥社まで行きたかったのですが、
T氏がギブアップ状態だったので、降りることにしました。

フフフ、オイラ、運動を続けている効果が出ています。
これなら、半年後のプロジェクトF、十分実現可能かも。

113020.jpg


こんぴら狗物語「走れゴン」のゴン。
デザイナーは元祖へたうまの湯村輝彦氏だそうです。

う~ん、とぼけた顔をしています。

113023.jpg


さて、無事に降りてきました。

最後は、もちろん、ことひら温泉で一服♪
四国最大級の観光旅館、琴参閣にて温泉へ。

113024.jpg


お風呂の模様は↓で見えます。
http://www.town.kotohira.kagawa.jp/onsen/kotosan/kotosan-p1.html

う~ん、久々にのんびり休めました。
T氏、案内、ありがとさ~ん。

スープ炒飯

2005年12月03日 09:00

ひさびさのグルメネタでござる。

有楽町JRガード横の純廣東料理「慶楽」に行ってきました。

1202soup1.pg.jpg


むろん、目的は・・・

元祖スープ炒飯(上湯炒飯)

関東圏の方からすると・・・ネタが古いかもしれませんが、

にゃごやには、スープ炒飯が評判な店は無いのだ。

楽しみに待ってたら・・・なかなか出てこない。

お腹が減ったナリ。

しかし、出てきて・・・ビックリ。

で・・・でか!

さすがに、こんなには食べられないよぉ・・・

でも、美味しそうでござる。

1202soup2.pg.jpg



あ・・・

あっつ~い!

チョッピリ猫舌なオイラ、火傷をしながら・・・

そして、咳き込んで、鼻水が・・・

でも・・・う・・・

旨い!

うん。サッパリしたオイラ好みの味。

にゃごや人が好きな海老も入ってるし(笑)

1202soup3.pg.jpg


結局、完食しちゃいました(汗)

家で作る際は、炒飯の味付けを薄めに作れば良い塩梅かと。

ただ・・・

お値段1,000円(税込)は、昼食には贅沢すぎ。

ボンビーなオイラの適正なランチ予算は1食500円。

よって、オイラの評価としては「★★+」。

量が半分で500円だったら、「★★★」でござる。

なので、二人で取り分けると丁度良いのかも。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。